TOP > 映画『望み』公開記念スペシャルサイト
映画『望み』公開記念スペシャルサイト「#それぞれの望み」 - MOVIE WALKER PRESS –
  • #それぞれの望み
    感想投稿キャンペーン

  • あわせて観たい!
    『望み』関連作品

映画『望み』感想投稿キャンペーン #それぞれの望み

「犯人でも息子に生きていてほしい」。「被害者でも息子の無実を信じたい」――。引き裂かれそうな家族の“望み”。堤真一×石田ゆり子×堤幸彦が贈るサスペンス・エンタテインメント『望み』を観て、感じたことを投稿しよう。抽選でプレゼントも当たるチャンス!
感想を投稿して応募する

みんなの #それぞれの望み

各界の著名人からも共感&感動の声!

前田敦子(女優)

世の中にある色々なまやかしに混乱する世界、なかなか見つからない真実。家族だからこその苦しみや望みに胸が締め付けられました。私も唯一の光を探し、一緒に追い求めていました

橋本じゅん(俳優)

観劇後、強烈に胸に迫ったのは、生身の役者の力でタイトルを表現し切ったという驚きでした。それは舞台を見終わったようにも思えました。真の意味で演者が物語を『生きた』からでしょう

のぶみ(絵本作家)

親が子どもを信じ抜く映画です
全ての子どもを持つ親に観てほしい
普段から一言でも多く自分の子どもと話したいと思いました

YOU(タレント)

その望みは あまりにも危うく とてつもなく しんどい。母の最後の言葉は ただただ生きる為の しかたがないような 望み そのものだろう

志茂田景樹(作家、よい子に読み聞かせ隊 隊長)

僕の心に眠る原罪がむくりと動き、ドカッと共感させられた。他人事ではなく我が家のことだ、というモードに知らず取り込まれたせいだ。この映画は黙って頂きだ!

窪塚洋介(俳優、アーティスト)

観終わった時にタイトルの意味が自分の中で変わっていることに気がついた。そうか、その意味は変わり続けていたのか

三浦瑠麗(国際政治学者)

これは人間であることをめぐる選択のドラマだ。息子のほんとうの声が聞こえるまで、親たちは苦しみぬく。その声が聞こえた時、わたしも涙が止まらなかった

ヒルクライム TOC(アーティスト)

集団心理、大衆心理が引き起こす恐怖、それに惑わされながらも抗おうとする家族の絆。同じことが起きた時に自分はどう在るべきか?そう問いかけられてるかのような映画でした

鈴木おさむ(放送作家)

この映画は観ながら選択を迫られる。自分の息子が・・・友達を殺した犯人か?友達に殺された被害者か?どちらかを選べと言われたら、どちらを選ぶのか?辛い、クルシイ、痛い・・・これを感じることに大きな意味があるのだろう

春名風花(女優)

家族にとって彼は「加害者・被害者」というアイコンではない。たった一人の家族で、愛していて、信じていて。重なる想いに胸が熱くなる。わたしはなにを望むだろう

Sano ibuki(シンガーソングライター)

大どんでん返しや予想外の結末を望んでしまうほど絶望的な二択の問いかけに心を揺さぶられ、当たり前でありふれた日常の幸福さを、儚さを再認識させられる作品でした

サヘル・ローズ(女優)

生きてて欲しいと望むべきか。被害者であって欲しいと望むのか。「加害者」という言葉の重みと深さを痛感した。最後までなにが正しい望みだったのか。息を呑んで祈った

古舘伊知郎(フリーアナウンサー)

家族とは演技しあう集団だ。この家の食堂の椅子には背もたれがない。それぞれの役柄に寄りかかれなくなった時の本音の嵐。ホームドラマの“甘栗むいちゃいました”

坂下千里子(タレント)

思春期の子どもの事は、親は知っているようで知らない。子どもを信じてる、でもぬぐいきれない疑いの心。親として息が出来なくなった。子供を信じ切れないのは、親失格なのか?

菊間千乃(弁護士)

どちらの望みが叶っても、事件前の平穏な日々には戻れない。誰も間違っていないのに、少しずつ生じていく歪み。登場人物全員に共感できるからこそ、胸が詰まる

もっと見る
閉じる

trailer

キャンペーン詳細

キャンペーン期間 2020年9月25日(金) 〜 10月30日(金) 23:59  
 
   プレゼント  
参加方法  
感想を投稿して応募する
『望み』作品情報はこちら
『望み』ムビチケ購入はこちら
©2020「望み」製作委員会

あわせて観たい!『望み』関連作品

家族×サスペンス映画

厄介で濃密な人間関係、“家族”。血のつながりを持たない疑似家族が辿る運命を描く『八日目の蝉』、『レッド・ファミリー』、『万引き家族』や、二つの家族の貧富の格差が災いをもたらす『パラサイト 半地下の家族』など、家族にはなにかと複雑な事情がつきまとう。笑いと涙にあふれた心温まる家族映画も数あれど、家族をテーマにした作品こそ“サスペンス映画”の真髄とも言えそう。
  • パラサイト 半地下の家族

    『パラサイト 半地下の家族』

    “半地下”で暮らす家族と、裕福な家族の出会いが悲劇を生む、ポン・ジュノ監督作。

  • 万引き家族

    『万引き家族』

    是枝裕和監督が血縁や善悪を超えた結びつきを描く。カンヌ国際映画祭で最高賞を受賞。

  • search/サーチ

    『search/サーチ』

    娘のSNSにアクセスする父親の姿を描き、すべてがPCの画面上で展開する異色作。

  • 渇き。

    『渇き。』

    役所広司と小松菜奈共演のミステリー。娘の裏の顔を知った父親が予期せぬ事態に陥る。

  • ゴーン・ガール

    『ゴーン・ガール』

    妻の失踪事件から夫婦の実情を暴く。デヴィッド・フィンチャーが手がけるスリラー。

  • レッド・ファミリー

    『レッド・ファミリー』

    キム・ギドク監督の社会派ドラマ。北朝鮮工作員による擬似家族に奇妙な絆が芽生える。

  • 八日目の蝉

    『八日目の蝉』

    誘拐犯の逃亡劇と誘拐された少女の成長を綴る。日本アカデミー賞で正賞10部門獲得。

  • 母なる証明

    『母なる証明』

    ポン・ジュノ監督がキム・ヘジャ主演で、子を想う母の狂おしいほどの愛情を映しだす。

堤幸彦 監督作品 ドラマもサスペンスも。ひと筋縄ではいかない堤ワールド!

2015年に“原発”という社会的なテーマをダイナミックに仕上げた『天空の蜂』、ラスト5分でラブストーリーがミステリーへと変貌する『イニシエーション・ラブ』という異なるテイストのエンタメ作品を発表。その手腕が評価され報知映画賞監督賞を受賞するなど、幅広いジャンルや要素を自由自在に操る、まさにオールラウンダーな堤監督の生みだす世界観に浸りたい。
  • 十二人の死にたい子どもたち

    『十二人の死にたい子どもたち』

    安楽死を求め廃病院に集まった少年少女の密室劇。冲方丁の原作をスリリングに映画化。

  • 人魚の眠る家

    『人魚の眠る家』

    東野圭吾の同名小説を篠原涼子主演で実写化。究極の選択を迫られる夫婦の苦悩を描く。

  • イニシエーション・ラブ

    『イニシエーション・ラブ』

    どんでん返しが衝撃的な乾くるみの恋愛小説が原作。松田翔太と前田敦子が恋人役に。

  • 天空の蜂

    『天空の蜂』

    原発テロの恐怖を描写。原発設計士役の本木雅弘をはじめ、江口洋介や綾野剛らが共演。

  • 劇場版 SPEC 天

    『劇場版 SPEC 天』

    戸田恵梨香と加瀬亮が出演するドラマの劇場版。特殊能力を持つ犯人たちを刑事が追う。

  • 明日の記憶

    『明日の記憶』

    渡辺謙と樋口可南子が病気と向き合う熟年夫婦を演じた、荻原浩原作による人間ドラマ。

堤真一 出演作品 涙腺を刺激する俳優・堤真一の過去作をイッキ見しよう

下町の頑固オヤジを好演した『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞助演男優賞を、気骨のある新聞記者に扮した『クライマーズ・ハイ』、腐敗した医療制度と戦い続ける天才外科医を演じた『孤高のメス』で同優秀主演男優賞を受賞。名実ともに日本映画界に欠かせない俳優の一人として、どんな役柄も巧みに演じ分けてきた堤による圧倒的な演技力を堪能しよう。
  • 一度死んでみた

    『一度死んでみた』

    幽霊になった父親を救うために娘が奮闘。堤と広瀬すずが親子役に挑戦したコメディ。

  • 決算!忠臣蔵

    『決算!忠臣蔵』

    予算内で仇討ちを成し遂げようと奔走する赤穂浪士の姿を活写する。全編関西弁の時代劇。

  • 泣くな赤鬼

    『泣くな赤鬼』

    堤が元熱血教師に扮し、余命わずかな元教え子と心を通わせていく様を描いた感動作。

  • 孤高のメス

    『孤高のメス』

    現代医療の問題点に切り込む医療ドラマ。緊張感のあるリアルな手術シーンに息をのむ。

  • クライマーズ・ハイ

    『クライマーズ・ハイ』

    横山秀夫の小説を基に、日航機墜落事故に翻弄された新聞社の内部事情をあぶりだす。

  • ALWAYS 三丁目の夕日

    『ALWAYS 三丁目の夕日』

    昭和の下町に暮らす人々の悲喜こもごも。忠実に再現された当時の街並みが見どころ。

石田ゆり子 出演作品 共感を呼ぶ女優・石田ゆり子の過去作をイッキ見しよう

その美しさと飾らない雰囲気で、男女問わず多くの支持を得る。『記憶にございません!』で持ち前のおっとりとしたイメージを生かしチャーミングな大統領夫人を演じたかと思えば、『マチネの終わりに』では流暢な英語とフランス語を披露し聡明なジャーナリストを体現。芯は強いが儚げで、無邪気さと大人の色気をあわせ持つ。石田から放たれる様々な魅力を受け取りたい。
  • マチネの終わりに

    『マチネの終わりに』

    石田と福山雅治が初共演。東京、パリ、ニューヨークが舞台の大人のラブストーリー。

  • 記憶にございません!

    『記憶にございません!』

    記憶喪失の総理大臣を主人公にしたドタバタ劇。三谷幸喜が監督と脚本を担当する。

  • 僕だけがいない街

    『僕だけがいない街』

    タイムリープ能力を持つ青年が未解決事件に挑む。アニメ&ドラマ化もされた漫画が原作。

  • 悼む人

    『悼む人』

    死を悼み旅する青年を追う。天童荒太の直木賞受賞作を堤幸彦監督が舞台に続き映画化。

『望み』関連ニュース

©2020「望み」製作委員会