『牙狼〜RED REQUIEM〜』の3D世界を体感せよ!!

テレビからスタートし、玩具、ゲーム、小説、パチンコ遊具台など様々な展開をし続けてきた『牙狼<GARO>』が、最先端3D技術を究極まで追求し、日本初の全編フルデジタル3D映画で完成。国内屈指のCGクリエイター陣が集結し独特な『牙狼<GARO>』の世界観を3Dで再構築している。原作・監督は、特撮界にて名を轟かすトップクリエイター雨宮慶太。またハリウッド仕込みのテクニックを持つ横山誠がアクション監督を務める。
『牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜』の3D世界を体感せよ!!

牙狼の3Dはここがスゴイ!3つのポイント!

牙狼<GARO>の3Dはここがスゴイ!3つのポイント!

1 2つのカメラを使用した全編フルデジタル3Dカメラでの撮影

2Dで撮影したものを3Dに変換するのではなく、全編フルデジタル3Dカメラでの撮影が行われた。人間の両目と同じように2つのカメラを使用し、視点がちょうど交わる点「スクリーン・ポイント」を境に、飛び出しや奥行きを調整しながら立体視を実現。 1 2つのカメラを使用した全編フルデジタル3Dカメラでの撮影 1 2つのカメラを使用した全編フルデジタル3Dカメラでの撮影 1 2つのカメラを使用した全編フルデジタル3Dカメラでの撮影

2 生身の質感にこだわったCG表現

2 生身の質感にこだわったCG表現 2 生身の質感にこだわったCG表現 2 生身の質感にこだわったCG表現 魔鏡ホラーが出てくるクライマックスシーンは2Dのノウハウがほとんど使えず、実写で撮った素材に合わせてCG環境を作った。役者の動きによってCGの動きがきまるため、生身の質感にこだわり、妥協しない3D表現を貫いている。

3 「見やすさ」にフォーカスした3D

牙狼〜RED REQUIEM〜の3Dはストーリーのみならず「見やすさ」にもフォーカス。人間の目に優しいかどうか専門スタッフが何度も調整し出来る限り目の負担の軽減に努めている。 3 「見やすさ」にフォーカスした3D 3 「見やすさ」にフォーカスした3D 3 「見やすさ」にフォーカスした3D

監督:雨宮慶太とアクション監督:横山誠が語る牙狼<GARO>の見どころは?

監督:雨宮慶太とアクション監督:横山誠が語る牙狼<GARO>の見どころは?
雨宮慶太監督 雨宮慶太監督:「テレビシリーズを見ていないと楽しめない 構造はやめようと思った」
出来上がっている関係のキャラがいっぱい出てくると、ファーストコンタクトのお客さんを締め出すことになる。「鋼牙」だけの話…鋼牙の旅で起きたエピソードにしようと。だからある意味、テレビ版のワンクール目のテイストに原点回帰。「また第一話が始まった」というニュアンスの映画ですね。
横山誠氏:「3Dになることで、生身のアクションのライブ感が すごく出た」 横山誠氏
制限はいっぱいありましたね。普通、撮影で殴るシーンは距離を取って殴るじゃないですか。でも立体で見たら殴ってないのがバレるんですよ。もっと近くで殴るか、本当に当てなきゃならない。だから、実際、だいぶ当てました(笑) カットも3Dだと立体感が命だから、長回しじゃないと活きない。すると役者たちが間違えないようにやらなきゃいけない。カメラも重くて振り回せない。つまり現場の精度を高めていくしかない。今回は3Dになることで、生身のアクションのライブ感がすごく出たと思います。

牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜を体感した人々の声!

「牙狼<GARO>〜RED REQUIEM〜」公開記念プレゼント !

DVD COMPLETE BOX 1名様

【商品名】『EMOTION the Best牙狼<GARO>TV-SERIES DVD COMPLETE BOX』¥15,750(税込)
※雨宮慶太描き下ろしBOX仕様
【発売日】2010年10月27日(水)
【発売・販売元】バンダイビジュアル
(C)2006雨宮慶太/Project GARO

>>応募はこちら

サイン入りプレスシート 5名様

小西遼生&松山メアリ
サイン入りプレスシート

>>応募はこちら

3D劇場作品公開記念 牙狼<GARO>TVシリーズBOX&スペシャル DVD 10.27 緊急リリース

『EMOTION the Best 牙狼<GARO>スペシャル 〜白夜の魔獣〜 長編版』も同時発売!

ストーリー
人間の邪心に憑依し、その生命を喰らい続ける最凶の魔獣・使徒ホラ−7体が復活、人間界へ降臨した。 魔獣を狩る使命を帯びた魔戒騎士・冴島鋼牙は、 "使徒ホラー"殲滅の旅に出る事となった。数日後、ホラーの気配を追って港町に辿り着いた鋼牙は、そこを管轄する魔戒法師のアカザ、その弟子のシグト、そして烈花と出会う。強大な敵に対し4人の協力が必至と思われたが、何故か烈花は「そのホラーは俺が倒す」と言い残し立ち去ってしまう…。
ストーリー
キャスト&スタッフ

出演:小西遼生 松山メアリ 斎藤洋介 倉貫匡弘 笠原紳司 江口ヒロミ 原紗央莉 時東ぁみ 影山ヒロノブ(声の出演) 津田寛治 中尾彬
原作・監督:雨宮慶太/エグゼクティヴ・プロデーサー:二宮清隆/脚本:江良至、雨宮慶太/設定:田口 恵/アクション監督:横山 誠/特別協力:サンセイアールアンドディ/技術協力:オムニバス・ジャパン/製作・制作:東北新社/