映画-Movie Walker > 映画ランキング > 全米映画興行成績ランキング

1位の映画

初登場

ハッピー・デス・デイ(原題)

2位の映画

先週1位

ブレードランナー 2049

ブレードランナー 2049

フィリップ・K・ディックの小説を元に、レプリカントと呼ばれる人造人間と彼らによる犯罪を追う捜査官の戦いを描いた傑作SFアクションの続編。前作から30年後となる2049年の世界を舞台にした物語がつづられる。ライアン・ゴズリングが主演を務め、前作で主人公を演じたハリソン・フォードも引き続き出演する。

3位の映画

初登場

ザ・フォーリナー(原題)

5

先週2位

ザ・マウンテン・ビトゥイーン・アス(原題)

6

先週6位

バリー・シール/アメリカをはめた男

バリー・シール/アメリカをはめた男

トム・クルーズが『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマン監督と再びタッグを組んだ実話アクション。大手航空会社のパイロットとして活躍した後、CIAの極秘密輸作戦のパイロットにスカウトされ、麻薬の密輸で莫大な財産を築いた男の生きざまを描く。トムが自ら飛行機の操縦桿を握るなど、スリリングなアクションにも挑戦している。

8

先週7位

星3つ
レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー

人気おもちゃ、レゴでできたキャラクターたちの活躍を描く人気テレビシリーズの劇場版。若きニンジャのロイドが師匠であるウー先生や仲間たちとともに、町の平和を脅かす闇の勢力からニンジャ・シティを守るために立ち上がる。ロイドと敵の親玉である父親との関係など、意外な物語が繰り広げられる。

9

先週4位

マイ・リトル・ポニー:ザ・ムービー(原題)

10

先週8位

ヴィクトリア&アブドゥル(原題)

『ハッピー・デス・デイ(原題)』が初登場1位を獲得!

今週の映画動員ランキングは『ハッピー・デス・デイ(原題)』が、約2,650万ドルの成績で初登場1位を獲得。主人公の女子大生が何度も殺されることを覚悟し、殺人鬼を追おうとするスリラー作品。先週首位を獲得した『ブレードランナー 2049』は2位。先週、約3150万ドルの成績をあげ首位を獲得した本作について、前作『ブレードランナー』(82)を超える出来だと絶賛する声も多く「人間を人間たらしめるものは何か」という哲学的で壮大なテーマを軸としているため、今後もじわじわと成績を伸ばしていくことが予想される。初登場3位を獲得した『ザ・フォーリナー(原題)』には、ジャッキー・チェンとピアース・ブロスナンが出演。本作でジャッキーは、テロによって最愛の娘を失い仇討ちを試みる男を演じ、犯人の手掛かりを握る政治家をピアース・ブロスナンが演じる。既存作品では、4位の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の累計興行収入は約3億500万ドルを突破しており、今週も根強い人気を誇っている。

ツイッターキャンペーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 全米映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る