映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

先週1位

星4つ
名探偵コナン ゼロの執行人

名探偵コナン ゼロの執行人

青山剛昌の大人気コミックを原作に、少年探偵・江戸川コナンの活躍を描く劇場版アニメシリーズ第22作。私立探偵であり、黒ずくめの組織のメンバーであり、公安警察官という3つの顔を持つ男、安室透が、サミットの開催が予定されている会場で起きた爆破事件の鍵を握る重要なキャラクターとして登場し、コナンと対決する。

2位の映画

初登場

星4つ
レディ・プレイヤー1

レディ・プレイヤー1

日本のアニメやゲームからの影響も感じさせるアーネスト・クラインのベストセラーを、スティーヴン・スピルバーグ監督が映画化したSFアドベンチャー。2045年の近未来を舞台に、何にでもなれるVRワールド“オアシス”によって人生を一変させていく少年の冒険が描かれる。「機動戦士ガンダム」や「ストリートファイター」のキャラクターなども登場する。

3位の映画

先週2位

星3つ
映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ?拉麺大乱?

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ ~拉麺大乱~

5歳の幼稚園児、しんのすけが巻き起こす騒動を描き、幅広い層から支持を受ける臼井儀人のコミックを基にした人気アニメの劇場版第26作。春日部にある中華街、アイヤータウンで人気のラーメンを食べた人が突如、凶暴化。カスカベ防衛隊がカンフーで立ち向かう。ももいろクローバーZが主題歌を担当するほか、ゲスト声優としても登場。

4

先週3位

星4つ
リメンバー・ミー

リメンバー・ミー

死者の国に迷い込んでしまった少年の冒険を描き、第90回アカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞の2冠に輝いたファンタジーアニメ。『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が、メキシコの祭礼“死者の日”をモチーフに、誰も見たことのない死者の国をカラフルな映像で作り出し、美しいメロディが物語を盛り上げる。

5

初登場

星4つ
いぬやしき

いぬやしき

テレビアニメ化もされた奥浩哉の人気コミックを木梨憲武主演で実写映画化したSFアクション。ある日、何者かによって人間を遥かに超越する力を手に入れた、定年間近のサラリーマンと高校生が、それぞれの思いを胸に対決する。主人公と対峙する高校生・獅子神役で佐藤健が自身初の悪役に挑戦。監督は『GANTZ』シリーズの佐藤信介。

6

先週5位

星4つ
ボス・ベイビー

ボス・ベイビー

『怪盗グルー』シリーズのユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などのドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだコミカルなアニメーション。ある日、7歳の少年ティムの元に弟としてやってきた、見た目は赤ちゃん、中身はおっさんという謎多き存在“ボス・ベイビー”が繰り広げる騒動が描かれる。

7

先週4位

星3つ
パシフィック・リム:アップライジング

パシフィック・リム:アップライジング

海底から現れたKAIJUと人型巨大兵器イェーガーとの戦いを描き、世界中で大ヒットを記録したSFアクションの続編。KAIJUとの死闘から数年が経ち、平穏を取り戻していたある日、進化したKAIJUが地上に出現。若きパイロットたちが新世代のイェーガーで戦う。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のジョン・ボイエガが主人公ジェイクを演じる。

8

先週6位

星4つ
ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

レトロなテレビゲーム「ジュマンジ」の世界に吸い込まれてしまった4人の高校生が、外見も性別も異なるキャラクターとなって冒険を繰り広げるアクション・アドベンチャー。気弱なゲームオタクの少年が変身する勇敢でムキムキな冒険家をドウェイン・ジョンソンが演じるなど、ユニークなキャラが巻き起こす騒動が描かれる。

9

先週8位

星4つ
グレイテスト・ショーマン

グレイテスト・ショーマン

19世紀なかばのアメリカでショービジネスの原点を築いた実在の興行師、P.T.バーナムをヒュー・ジャックマンが演じるミュージカル映画。他の人には真似のできない個性を持ったエンターテイナーを集めた型破りなショーで人々を驚かせたバーナムの半生が語られる。『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞主題歌賞を受賞したコンビが楽曲を手がける。

10

先週7位

星3つ
映画ドラえもん のび太の宝島

映画ドラえもん のび太の宝島

子供からお年寄りまで幅広い層から支持される国民的人気アニメ「ドラえもん」の劇場版第38作。プロデューサーとして『君の名は。』などを手がけた川村元気が脚本を担当し、大海原を舞台にドラえもんとのび太の友情や親子の絆が描かれる。海賊船の船長役を大泉洋、のび太らが出会う少年の母親役で長澤まさみが声優を務める。

『名探偵コナン』が2週連続首位!『レディ・プレイヤー1』が2位に初登場

今週の日本ランキングは、先週圧倒的な強さで1位スタートを切った『名探偵コナン ゼロの執行人』が土日2日間で動員62万人、興収8億2000万円をあげ、2週連続1位を獲得。4月22日までの累計では動員247万人、興収32億円を突破しており、ゴールデンウィークのさらなる高稼働が期待されている。スティーヴン・スピルバーグ監督のSFアドベンチャー『レディ・プレイヤー1』は、土日2日間で動員21万5000人、興収3億6800万円を売り上げて2位スタートとなった。劇場にはスピルバーグ世代ともいえる30代~50代に加えて10代、20代まで幅広い層を動員しており、口コミが後押しとなっているようだ。『いぬやしき』は土日2日間で動員9万1000人、興収1億2400万円をあげて5位に初登場した。人気SFコミックを木梨憲武、佐藤健の共演で実写映画化した本作は、不慮の事故から機械の体に生まれ変わったサラリーマンと、同じく機械の体を手にした高校生の壮絶な戦いを描く。『映画 聲の形』(17)のスタッフが再集結し制作されたアニメーション映画『リズと青い鳥』は、惜しくも11位スタートとなった。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る