映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

1位の映画

先週1位

星4つ
スター・ウォーズ/最後のジェダイ

スター・ウォーズ/最後のジェダイ

エピソード6『ジェダイの帰還』の30年後の世界を描いた『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の続編。最後のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーを巡り、帝国軍の残党、ファースト・オーダーと、彼らに立ち向かうレジスタンスたちとの戦いが繰り広げられる。『LOOPER ルーパー』のライアン・ジョンソンが監督を務める。

2位の映画

先週2位

星4つ
キングスマン:ゴールデン・サークル

キングスマン:ゴールデン・サークル

『キック・アス』の気鋭マシュー・ボーン監督による痛快スパイ・アクションの続編。世界的麻薬組織にアジトを破壊されたスパイ機関、キングスマンのエージェントが、アメリカ人スパイの協力を得て、巨悪に立ち向かっていく姿を描く。先端からナイフが飛び出る靴やライター型手榴弾など、スパイ映画ならではガジェットも多数登場する。

3位の映画

先週4位

星4つ
8年越しの花嫁 奇跡の実話

8年越しの花嫁 奇跡の実話

結婚式の直前に病に倒れて意識不明になった花嫁と、そんな彼女への愛を貫き8年間待ち続けた新郎との奇跡の実話を、佐藤健&土屋太鳳主演で映画化したラブストーリー。NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」の岡田惠和が脚本を、『64-ロクヨン-』の瀬々敬久が監督を手がけ、2人の恋愛と、ヒロインの両親との家族の物語を描き出す。

4

先週3位

星4つ
DESTINY 鎌倉ものがたり

DESTINY 鎌倉ものがたり

山崎貴監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズに引き続き、西岸良平の人気コミックを実写映画化したファンタジー。愛する妻の命を取り戻すため、たったひとりで黄泉の国へ向かったミステリー作家の冒険がVFXを駆使して描かれる。堺雅人が多趣味でユニークなミステリー作家を、その妻を高畑充希がキュートに演じる。

5

先週5位

星3つ
映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

映画 妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活

人気ゲームが原作のTVアニメの劇場版第4弾。舞台はこれまでの主人公ケータたちの世界から30年後。人の悪意に感染し増殖する妖怪ウイルスによって鬼王・羅仙が復活し、人間と妖怪の滅亡の危機を救うため、ケータの娘ナツメらが立ち向かう。キュートな風貌だった人気の妖怪ジバニャンらもより妖怪チックなビジュアルに変身。

6

初登場

星4つ
劇場版 マジンガーZ / INFINITY

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

不朽の名作ロボットアニメが、放送・連載開始45年、原作者・永井豪の画業50周年を記念して復活。主人公・兜甲児がマジンガーZに乗り込み、悪の科学者Dr.ヘルから人類の平和を守った戦いから10年。地中深くから発見された巨大遺跡インフィニティを巡る戦いに身を投じていくさまが描かれる。水木一郎がオープニングテーマを熱唱。

7

初登場

星3つ
ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!

リュック・ベッソンが製作・原案・脚本を手がけたド派手なアクション・アドベンチャー。湖の底に沈んでいるという3億ドルにも及ぶナチスの金塊の奪還に挑む、アメリカ海軍の特殊部隊、ネイビーシールズの荒くれ者たちの活躍を描く。『セッション』の鬼教師役でアカデミー賞助演男優賞に輝いたJ・K・シモンズが主人公らの鬼上司を演じる。

8

先週9位

星3つ
未成年だけどコドモじゃない

未成年だけどコドモじゃない

実写映画化された『今日、恋をはじめます』で知られる水波風南の人気コミックが原作の青春ラブ・コメディ。周囲に秘密の結婚生活を送る高校生カップルとヒロインに思いを寄せる幼なじみとの三角関係の行方が描かれる。平祐奈が世間知らずなお嬢様のヒロインを、憧れの先輩を中島健人、恋のライバルを知念侑李が演じる。

9

先週6位

星4つ
映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-

元中二病の少年と現役の中二病少女との恋を描いた人気アニメの劇場版。ヒロイン、六花をイタリアへ連れて行こうとする六花の姉から逃れるように日本中を旅する勇太と六花の愛の逃避行の行方がユニークにつづられる。テレビ版同様に京都アニメーションが製作を手がけ、「響け!ユーフォニアム」シリーズの石原立也が監督を務める。

10

先週7位

星3つ
オリエント急行殺人事件

オリエント急行殺人事件

“ミステリーの女王”と呼ばれるアガサ・クリスティーの人気小説をベースにしたサスペンス。寝台列車オリエント急行で起きた殺人事件を巡って、名探偵ポアロが事件解決に挑む姿を描く。シェイクスピアの戯曲から、『マイティ・ソー』などのSFまで幅広いジャンルを手がけるケネス・ブラナーが監督を務め、ポアロ役にも挑戦する。

『スター・ウォーズ』強し!5週連続で首位を獲得

今週の日本ランキングは『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が土日2日間で動員14万2000人、興収2億700万円を売り上げて5週連続の1位を達成、快進撃が止まらない。全世界興収は12億6500万ドルを超え、昨年の大ヒット作『美女と野獣』を抜き歴代10位に到達。また、日本での累計興収は65億円を突破した。2週目を迎えた『キングスマン:ゴールデン・サークル』は先週に引き続き2位をキープ。累計興収は間もなく10億円に届く勢いだ。3位の『8年越しの花嫁 奇跡の実話』は、先週の4位からワンランクアップする腰の強い興行を展開し、ロングヒットとなっている。初登場の『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』は土日2日間で動員5万4000人、興収8700万円を叩き出して6位のスタートとなった。日本のみならず海外でも大ヒットした永井豪原作のテレビアニメが映画として復活、悪の天才科学者Dr.ヘルとマジンガーZの新たな戦いを描く。『ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ!』は7位に初登場。『LUCY/ルーシー』などの監督で知られるリュック・ベッソンが製作、原案、脚本を務め、敵陣の湖底に沈むナチスの金塊を運び出そうとするアメリカ海軍の特殊部隊を描くアクション・アドベンチャーで、男性客を中心に好評を博している。

最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 映画ランキング > 日本映画興行成績ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る