TOP > 映画人気ランキング

1

初登場

星3つ
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編

累計発行部数1億部を突破した吾峠呼世晴の人気漫画を原作としたテレビアニメ「鬼滅の刃」の劇場版。主人公の竈門炭治郎と仲間たちが“無限列車”に乗り込むシーンで幕を下ろしたアニメ「竈門炭治郎 立志編」の最終話からつながる物語が展開する。鬼に変貌した妹の禰豆子を人間に戻すため“鬼殺隊”となった炭治郎が、数十名が行方不明になっているという無限列車を舞台に、過去最強の敵となる魘夢と死闘を繰り広げる。

2

初登場

星5つ
夜明けを信じて。

夜明けを信じて。

2018年公開の「さらば青春、されど青春」を、脚本・キャスト・撮影カット等を一新して赤羽博監督がセルフリメイク。公私ともに順風満帆な生活を送る大手商社マン・一条悟。だが彼は、自分の思想を世の中に説くという使命を、生涯をかけて果たそうとしていた。主人公・一条悟を本作が映画初主演となる田中宏明が演じ、ヒロイン役で「世界から希望が消えたなら。」の千眼美子が出演。

3

先週1位

星3つ
TENET テネット

TENET テネット

『ダークナイト』や『ダンケルク』で知られるクリストファー・ノーラン監督が、“時間逆行”をテーマに描いたタイムサスペンス。突如巨大なミッションを課せられた主人公が、世界の危機を救うべく任務遂行に挑んでいく。主演は『ブラック・クランズマン』のジョン・デヴィッド・ワシントン。共演は「トワイライト」シリーズのロバート・パディンソン、「GODZILLA ゴジラ」のアーロン・テイラー=ジョンソンら。

4

先週2位

星4つ
浅田家!

浅田家!

嵐の二宮和也と、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督がタッグを組んだ人間ドラマ。写真家の浅田政志による著書「浅田家」「アルバムのチカラ」をもとに、家族写真を撮ることに向き合い続けた主人公の成長を描く。主人公を温かく見守る両親を平田満と風吹ジュンが、兄を妻夫木聡が演じるほか、黒木華、菅田将暉、渡辺真起子、野波麻帆、北村有起哉ら実力派が脇を固める。

5

先週3位

星4つ
劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン

TVアニメ放送開始前に世界各国で第一話のプレミア上映が行われ注目を集めた、京都アニメーション制作による人気作の劇場版。愛を知らずに育った少女が、手紙の代筆業を通じてさまざまな愛のかたちを知っていく姿が描かれる。『劇場版 境界の彼方』2部作の石立太一が監督を務め、「進撃の巨人」シリーズの石川由依や『ルパン三世 THE FIRST』の浪川大輔らが出演。

6

初登場

星3つ
スパイの妻 劇場版

スパイの妻 劇場版

黒沢清が蒼井優主演で撮り上げたヒューマンサスペンス。1940年。満州で偶然、ある国家機密を知ってしまった優作は、正義のため事の顛末を世に知らしめようとする。一方、妻・聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、ただ愛する優作と共に生きることを心に誓うが……。共演は「ロマンスドール」に続き蒼井と夫婦を演じる高橋一生、「犬鳴村」の坂東龍汰、「凪待ち」の恒松祐里。

7

先週5位

星4つ
映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

映画クレヨンしんちゃん 激突!ラクガキングダムとほぼ四人の勇者

人気アニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版28作目。「ラブライブ!」や「宝石の国」などを手掛ける京極尚彦が監督を務め、『そこのみにて光輝く』の高田亮が自身初となるアニメ脚本を執筆する。子どもたちのラクガキをエネルギーに浮かぶ王国“ラクガキングダム”から、秘宝“ミラクルクレヨン”を授けられたしんのすけが、世界を救うべく立ち上がる。ラクガキングダムの姫の声をきゃりーぱみゅぱみゅが、同国防衛大臣の声を山田裕貴が演じる。

8

初登場

星4つ
みをつくし料理帖

みをつくし料理帖

『犬神家の一族』や『セーラー服と機関銃』など数多くのヒット作をプロデュースし、『天と地と』では自らメガホンをとった角川春樹が“生涯最後の監督作”と公言する人情物語。ドラマ「この世界の片隅に」の松本穂香主演で、料理人として働く女性の苦悩や試練、生き別れた幼なじみとの不変の友情を映しだす。主人公の幼なじみに扮する奈緒をはじめ、浅野温子、窪塚洋介、薬師丸ひろ子、石坂浩二ら豪華キャストがそろう。

9

先週4位

星3つ
望み

望み

「検察側の罪人」の雫井脩介の同名小説を堤幸彦が実写化したサスペンス。穏やかな生活を送っていた一家の日常が一変していく様を描く。ある日姿を消した息子に殺人容疑をかけられた家族は、マスコミや警察から追い詰められながらも息子を守ろうと立ち向かうが、しだいに家族内で衝突が生まれていく。父の一登役を堤真一、母の貴代美役を石田ゆり子が演じるほか、中学生の娘・雅役に清原果耶、キーマンとなる息子・規士を岡田健史が務める。

10

先週6位

星4つ
映画ドラえもん のび太の新恐竜

映画ドラえもん のび太の新恐竜

「ドラえもん」連載50周年記念作にして、長編映画シリーズ40作目。映画シリーズ第1作の『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは異なるストーリーで、のび太と恐竜の物語をオリジナルで描く。『映画ドラえもん のび太の宝島』の今井一暁監督と、脚本を務める川村元気が再タッグを組み、ゲスト声優として木村拓哉が参加、主題歌をMr.Childrenが担当する。

歴史的大記録を打ち立てた『鬼滅の刃』が首位スタート!『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』も好調キープ

季節の移ろいを感じさせる10月17・18日の週末映画動員ランキング。社会現象を巻き起こしている人気アニメの劇場版が前代未聞の大記録を打ち立てた。
初登場1位を飾ったのは、週刊少年ジャンプで連載され、昨年放送されたテレビアニメも高評価を獲得した『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。土日2日間で動員251万人、興収33億5400万円という歴史的大ヒットでスタートした。 全国403館(365館+IMAX上映館38館)で上映され、東京・新宿のTOHOシネマズ新宿での42回など、多くの劇場で早朝から深夜にかけて驚異的な上映スケジュールが組まれたことも話題となった本作。 公開初日の16日から動員91万人、興収12億6800万円というとんでもない数字を叩きだしており、これは平日における日本国内で公開された映画の動員&興収の歴代1位となる記録。 同じく土日の数字も歴代1位の記録で、3日間の累計では動員342万人、興収46億円を突破している。 WEBで行われた初日アンケートによると、本作の満足度は「非常に良かった」が84.6%、「良かった」が13.8%で、合わせて98.4%と圧倒的に高い満足度…


つづきを読む

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/24更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画人気ランキング

ムービーウォーカー 上へ戻る