TOP > 人物を探す > 中原功二

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1972年 まで合計13映画作品)

1972年

艶説 お富与三郎

  • 1972年7月27日(木)
  • 出演(海松杭の丑松 役)

お富と与三郎の愛憎劇を描く「与話情浮名横櫛」を元としたポルノ時代劇。監督は加藤彰。出演は続圭子、山科ゆり、五条博、木夏衛、中原功二、中平哲什ほか。

監督
加藤彰
出演キャスト
続圭子 五條博 榎木兵衛 中原功二
1964年

この道赤信号

  • 1964年5月16日(土)
  • 出演(トミー 役)

「のれんと花嫁」の柳沢類寿がシナリオを執筆「東京オリンピック音頭 恋愛特ダネ合戦」の近江俊郎が監督した風俗ドラマ。撮影もコンビの岩橋秀光。

監督
近江俊郎
出演キャスト
南原宏治 筑波久子 炎加世子 宮裕子

乾いた花

  • 1964年3月1日(日)
  • 出演(玉木 役)

石原慎太郎原作を「泥だらけの純情(1963)」の馬場当と「涙を、獅子のたて髪に」の監督篠田正浩が共同で脚色、篠田が監督したヤクザもの。撮影もコンビの小杉正雄。

監督
篠田正浩
出演キャスト
池部良 加賀まりこ 藤木孝 原知佐子
1961年

痛快太郎

  • 1961年1月28日(土)
  • 出演(忠治(労務者) 役)

「俺たちに太陽はない」の池田博が自らの脚本をもって監督するアクション・コメディ。撮影は「鑑賞用男性」の中島信雄。

監督
池田博
出演キャスト
柳永二郎 山下洵一郎 左卜全 牧紀子

斑女

  • 1961年3月1日(水)
  • 出演(木村新 役)

村松梢風の「塔」「斑女」「残光」の三編を、権藤利英が脚色し、「波の塔」の中村登が監督した、ナイトクラブのホステスを主人公にした女性編。撮影も「波の塔」の平瀬静雄。

監督
中村登
出演キャスト
山村聡 岡田茉莉子 ささきいさお 芳村真理
1960年

浮気のすすめ 女の裏窓

  • 1960年11月30日(水)
  • 出演(源太郎 役)

吉行淳之介のエッセイを、「銀嶺の王者」の椎名利夫が脚色し「暴れん坊三羽烏」の番匠義彰が監督した風俗喜劇。撮影は「続番頭はんと丁稚どん」の太田喜晴。

監督
番匠義彰
出演キャスト
伴淳三郎 山下洵一郎 岩下志麻 高峰三枝子

太陽が目にしみる(1960)

  • 1960年10月30日(日)
  • 出演(弟正行 役)

「しかも彼等は行く」のコンビ内藤保彦の脚本を、大野徹郎が監督した青春編。撮影は「銀嶺の王者」の生方敏夫。

監督
大野徹郎
出演キャスト
高千穂ひづる 中原功二 佐々木孝丸 三宅邦子

俺たちに太陽はない

  • 1960年9月29日(木)
  • 出演(丸山 役)

楠田匡介の『熔岩』を、「白い波涛」の池田忠雄と、池田博が脚色し、「外濠殺人事件」の池田博が監督した、非行少年を描くもの。撮影は「続次郎物語 若き日の怒り」の森田俊保。

監督
池田博
出演キャスト
山本豊三 市川春代 永井達郎 野々村潔

太陽の墓場

  • 1960年8月9日(火)
  • 出演(辰夫 役)

「青春残酷物語」の大島渚が、彼自身と助監督の石堂淑朗との共同オリジナル・シナリオを監督したもので、大阪のドヤ街を舞台にしたドラマ。撮影も「青春残酷物語」の川又昂。主演男女優に、炎加世子・佐々木功の新人が選ばれた。

監督
大島渚
出演キャスト
炎加世子 伴淳三郎 渡辺文雄 藤原釜足

はったり二挺拳銃

  • 1960年7月29日(金)
  • 出演(宏の仲間A 役)

伴淳の帰国第一回作品で、「お嬢さん三度笠」の小国英雄の脚本を「流転(1960)」の福田晴一が監督した喜劇。撮影も「流転(1960)」の片岡清。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 城山順子 浦辺粂子 三木のり平

中原功二の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 中原功二