映画-Movie Walker > 人物を探す > カール・ブラウン

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1936年 まで合計12映画作品)

1936年

星座を焚く

  • 1936年当年公開
  • 監督、脚色

「噫初恋」「拾万ドル玉手箱」の恋人チームであるエリック・リンデンとセシリア・パーカーが主演する映画で、チャールズ・M・シェルドン作の小説を、「駅馬車(1925)」を撮影し、「野性愛」を監督したカール・ブラウンが脚色監督したもの。助演者は「女学生大行進」のヘンリー・コルカー、「虚栄の市(1935)」のチャールズ・リッチマン、「美しき野獣」のハリー・ベレスフォード、「上海」のオリーヴ・テル等で、撮影には「水兵万歳」のハリー・ジャクソンが当たった。

監督
カール・ブラウン
出演キャスト
エリック・リンデン セシリア・パーカー ヘンリー・コルカー チャールズ・リッチマン
1933年

街の伊達男

  • 1933年当年公開
  • 脚色

「奥様御寵愛」「巴里の魔人」のジョン・ギルバートが「暗夜行路」のロバート・アームストロング、「犯罪都市(1931)」のメイ・クラークを相手に主演する映画で、ジョン・マクダーモット作の戯曲をカール・ブラウンとラルフ・フイールライトが脚色し、「怪物団」のトッド・ブラウニングが監督、「新世紀」のペヴァレル・マーレーが撮影した。助演者はミューリエル・カークランド、ヴィンス・バーネット等。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
ジョン・ギルバート ロバート・アームストロング メイ・クラーク ヴィンス・バーネット
1929年

薫る河風

  • 1929年当年公開
  • 原作

「虹晴」「炭鉱」と同じくレヂノールド・バーカー氏の監督作品で、「雀」「アリバイ」のガードナー・サヴァリン氏指揮のもとに「野生愛」のカール・ブラウン氏とレオナード・フィールヅ氏がストオリーを組立て、「ブロードウェイ(1929)」のエドワード・T・ロウ・ジュニア氏が脚色したもの。主役を演ずるのは「ショウボート」「ダニューブの漣」のジョーゼフ・シルドクラウト氏と「ブルドッグ・ドラモンド」のジョウン・ベネット嬢で、「ショウ・ボート(1929)」「ブロードウェイ(1929)」のオーティス・ハーラン氏、アレック・ビー・フランシス氏、カーメリタ・ジェラティ嬢が出演している。キャメラは「うわさ」「ショウボート」のギルバート・ウォーレントン氏が担任。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ジョゼフ・シルドクラウト ジョーン・ベネット アレック・B・フランシス オーティス・ハーラン
1927年

野性愛

  • 1927年当年公開
  • 監督、脚本

北カロライナの山間に近代文化から隔絶されて棲む集落に起った事件を取扱った自然その侭の映画劇で、無経験の住民たちを出演せしめて製作された特異の作品で、名監督ジェームズ・クルーズ氏附きの名カメラマンとして名高かったカール・ブラウン氏が監督昇進第1回作品として原作並びに監督したもの。脚色者もクルーズ氏の良き共同者ウォルター・ウッズ氏。

監督
カール・ブラウン
出演キャスト
Helen Munday Forrest James Silas Miracle Reb Gragan
1926年

ジョアンの嘆き

  • 1926年当年公開
  • 撮影

リバーティー・マガジンの五万ドル懸賞小説の当選作で『涙の街』『ユーモレスク』の原作者ファニー・ハースト女史の筆になった「衣装モデル」を映画化したもので、「駅馬車(1925)」「眠らぬ街」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督した。ウォルター・ウッズ氏が改作しフランセス・エイニュー女史が台本を製作した。「可愛いフランス娘」等出演のアリス・ジョイス嬢、「飛行郵便」等出演のワーナー・バクスター氏、「海の野獣」等出演のドロレス・コステロ嬢、「混線花嫁」等出演のザス・ピッツ嬢が共演し、新進のウィルター・ピジョン氏、フリーマン・ウッド氏も出演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
アリス・ジョイス ワーナー・バクスター ドロレス・コステロ ザス・ピッツ
1925年

駅馬車(1925)

  • 1925年当年公開
  • 撮影

ヘンリー・ジェームズ・フォアマン氏とウォルター・ウッズ氏とが合作したものをウッジ氏が脚色し「眠らぬ街」「性の敵」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督した特作品で、主役は「性の敵」「四つの顔の女」等出演のベティー・カンプソン嬢と「眠らぬ街」「霊魂の叫び」等出演のリカルド・コンテス氏で「漂泊い人」等出演のアーネスト・トレンス氏「紅百合」等出演のウォレス・ビアリー氏及びこの映画によって売出した性格俳優ジョージ・バンクロフト氏が出演している。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ベティー・カンプソン リカルド・コルテス ジョージ・バンクロフト フランク・ラクティーン

親心子心

  • 1925年当年公開
  • 撮影

かつてニューヨークビジュー座に上演されたルイス・ビーチ氏作の戯曲を映画化したもので「紅ばらの唄」「眠らぬ街」と同じくウォルター・ウッズ氏とアンソニー・コールドウェイ氏とが脚色し、ジェームゥ・クルーズ氏が監督した喜劇である。「ピンチヒッター」「我が子」等出演のコンスタンス・ベネット嬢、「美女競艶」「女軍撃退」等出演のエスター・ラルストン嬢、マートル・ステッドマン嬢、ジョージ・アーヴィング氏、エドワード・ピール・ジュニア氏、等が共演している他ガートルード・クレアー嬢も出演する。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
コンスタンス・ベネット マートル・ステッドマン ジョージ・アーヴィング エスター・ロールストン
1924年

活動のマートン

  • 1924年当年公開
  • 撮影

ハリー・レオン・ウィルソン氏の小説からジョージ・S・カウフマン氏とマーク・コネリー氏とが舞台劇に書き上げて、それが米国中の大評判となった。それがこの映画の原作であって、映画化する際はウォルター・ウッズ氏が脚色し「ホリウッド」「男子改造」「女性礼讚」等と同じくジェームズ・クルーズ氏が監督したもの。舞台劇の主役であったグレン・ハンター氏が選まれてこの映画でも主役を演じている。相手役はメトロのスターであったヴァイオラ・ダナ嬢で「ホリウッド」とはまた別な味のある撮影所を背景にした人情喜劇である。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
グレン・ハンター チャールズ・セロン Sadie Gordon ゲイル・ヘンリー
1922年

結婚は失敗か

  • 1922年当年公開
  • 撮影

未封切の「ふるさとの家」等同様ジェームズ・クルーズ氏の監督作品で、オスカー・ブラメンソール氏グスタヴ・カデルベルグ氏合作の戯曲「開いた扉」 The Open Doorから取ったレオ・ディトリッヒスタイン氏の譚りに更にウォルター・ウッズ氏が映画脚色を行ったものである。ライラ・リー嬢ロイス・ウィルソン嬢ザス・ピッツ嬢・タリー・マーシャル氏アドルフ・マンジュウ氏ウォルター・ハイアース等の例によって素晴らしい顔振れである。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
T・ロイ・バーンズ ライラ・リー ロイス・ウィルソン ウォルター・ハイアース

剣の輝き

  • 1922年当年公開
  • 撮影

「大陸突破」「花婿進呈」と等同じくパ社ウォーレス・リード氏主演映画である。リチャード・ハーディング・デイヴィス氏の原作を多数パ社映画を脚色したウォルター・ウッズ氏が脚色し、「ふるさとの家」「石油成金」等と同様ジェームズ・クルーズ氏が監督したものである。「愚か者の楽園」等のセオドア・コスロフ氏、「血と砂(1922)」で好評を得たライラ・リー嬢、同ウォルター・ロング氏、「ロビン・フッド(1922)」で活躍したアラン・ヘール氏、セネット喜劇でお馴染みのカラ・パシャ氏等なかなか嬉しい顔触れである。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
セオドア・コスロフ ライラ・リー カラ・パシャ シドニー・ブレイシー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > カール・ブラウン