映画-Movie Walker > 人物を探す > 高木二朗

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1972年 まで合計62映画作品)

1972年

影狩り ほえろ大砲

  • 1972年10月10日(火)公開
  • 出演(根岸玄番 役)

江戸末期、幕府が地方の弱小藩を壊滅さすべく派遣した隠密“影”と、“影狩り”と呼ばれる三人の浪人との凄絶な闘いを描く。さいとうたかを原作・劇画の映画化二作目。脚本は「影狩り」の池上金男、監督も同作の舛田利雄、撮影も同作の金宇満司。

監督
舛田利雄
出演キャスト
石原裕次郎 内田良平 成田三樹夫 丹波哲郎

百万人の大合唱

  • 1972年2月26日(土)公開
  • 出演(新田義和 役)

市民の力によって東北のシカゴと呼ばれていた暴力の街から東北のウィーンと呼ばれるようになった福島県郡山市で実際にあった、音楽で暴力を追放した事実をもとに、音楽のもつエモーショナルな力と、人間の内在されたエネルギーの凱歌を歌いあげる。秋吉茂の原作を「銭ゲバ」の高畠久が脚本化した。監督は須川栄三。撮影は「喜劇 男の顔は人生よ」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
須川栄三
出演キャスト
若林豪 酒井和歌子 岸田森 高島稔
1966年

侠客三国志 佐渡ケ島の決斗

  • 1966年10月1日(土)公開
  • 出演(角本巌 役)

「続・兄弟仁義」の村尾昭がシナリオを執筆、「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影はコンビの星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
鶴田浩二 大木実 菅原謙二 久保菜穂子

昭和残侠伝 一匹狼

  • 1966年7月9日(土)公開
  • 出演(木崎 役)

「流れ者仁義」を共同執筆した山本英明と、松本功が今度も二人でシナリオを執筆。「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督した「昭和残侠伝シリーズ」第三作。撮影は、「続・おんな番外地」の星島一郎が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 藤純子 島田正吾
1965年

殴り込み侍

  • 1965年3月31日(水)公開
  • 出演(山田典膳 役)

「いも侍・抜打ち御免」の犬塚稔がシナリオを執筆「いも侍・蟹右衛門」以来コンビの松野宏軌が監督した人情時代劇。撮影もコンビの酒井忠。

監督
松野宏軌
出演キャスト
長門勇 大友柳太朗 宗方勝巳 小畠絹子

暴れ犬

  • 1965年3月6日(土)公開
  • 出演(咲山一作 役)

「ごろつき犬」の藤本義一がシナリオを執筆「駿河遊侠伝 度胸がらす」の森一生が監督した“犬シリーズ”第四作目。撮影もコンビの今井ひろし。

監督
森一生
出演キャスト
田宮二郎 草笛光子 金井克子 坂本スミ子

いも侍・抜打ち御免

  • 1965年1月15日(金)公開
  • 出演(奥村鍬次郎 役)

「いも侍・蟹右衛門」でコンビの犬塚稔がシナリオを執筆し松野宏軌が監督した“いも侍シリーズ”第二作目。撮影も同じ酒井忠。

監督
松野宏軌
出演キャスト
長門勇 宗方勝巳 倉丘伸太郎 浜田寅彦
1964年

この空のある限り

  • 1964年11月14日(土)公開
  • 出演(松崎弥太郎 役)

寺山修司の原案を桜井秀雄がシナリオ化、監督したホームドラマ。撮影は西川亨。

監督
桜井秀雄
出演キャスト
鰐淵晴子 千秋実 森光子 田中絹代

いも侍・蟹右衛門

  • 1964年8月30日(日)公開
  • 出演(乙骨伴作 役)

「座頭市あばれ凧」の犬塚稔がシナリオを執筆「続道場破り 問答無用」の松野宏軌が監督した人情もの。撮影は「三匹の侍」の酒井忠。

監督
松野宏軌
出演キャスト
長門勇 天知茂 堀雄二 江見俊太郎

太陽を抱く女

  • 1964年6月7日(日)公開
  • 出演(職工長 役)

「色ぼけ欲ぼけ物語」の富田義朗が脚本を執筆「見上げてごらん夜の星を」の番匠義彰が監督した風俗ドラマ。撮影は「モンローのような女」の長岡博之。

監督
番匠義彰
出演キャスト
真理明美 沢村貞子 佐野周二 柳沢真一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 高木二朗