映画-Movie Walker > 人物を探す > 有馬稲子

年代別 映画作品( 1951年 ~ 2019年 まで合計77映画作品)

2019年

葬式の名人

2019年8月16日茨木市先行ロードショー。

監督
樋口尚文
出演キャスト
前田敦子 高良健吾 白洲迅 尾上寛之
2013年

彼岸花 デジタルリマスター

  • 2013年12月7日(土)公開
  • 出演(平山節子 役)

娘が自分の相談なしに結婚の約束をしていたと知った父親は激怒、ふたりの結婚に反対する…世界中の名監督に影響を与えた小津安二郎監督が初のカラー作品に挑戦したホームドラマ。里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色。出演は、佐分利信、田中絹代、山本富士子、有馬稲子・久我美子・佐田啓二、笠智衆ほか。小津作品の撮影チーフ助手を務めた川又昂監修による、4Kスキャニングによる最新のデジタル修復を実施したHDマスター。2013年11月23日より、東京・神田 神保町シアターにて開催された「生誕110年・没後50年記念 映画監督 小津安二郎」にて上映。

監督
小津安二郎
出演キャスト
佐分利信 田中絹代 有馬稲子 桑野みゆき
2008年

夢のまにまに

  • 2008年10月18日(土)公開
  • 出演(木室エミ子 役)

美術監督として有名な木村威夫が、豪華キャストを迎えて製作した初長編監督作。映画学校長の老人と、心に傷を負った青年の交流を静かに映し、生と死、老いと若さを見つめる。

監督
木村威夫
出演キャスト
長門裕之 有馬稲子 井上芳雄 永瀬正敏
2001年

いのちの海 Closed ward

  • 2001年4月7日(土)公開
  • 出演(高瀬女医 役)

さまざまな過去を背負った人々が集う、海ぞいの精神病院を舞台にした感動ドラマ。人生に絶望した少女の再生を通して、精神を病んだ人々、殺人といった、重いテーマを鋭く描き出す。

監督
福原進
出演キャスト
上良早紀 頭師佳孝 中村嘉葎雄 林泰文
1983年

生きてはみたけれど 小津安二郎伝

  • 1983年10月29日(土)公開
  • 出演

生涯五十四本の映画を作り、キネマ旬報ベスト・テン三年連続第一位という前人未踏の記録を始め、日本映画史に数々の名作を残した小津安二郎監督が逝って二十年。この映画は、小津作品の名作の中から忘れられない名場面を拾い上げ、その間を小津安二郎と関りあった多くの俳優、監督、スタッフ、文化人等の証言と六十年の生涯の克明な記録によって、継ぎ合せ、彼の一生を描く。脚本構成は井上和男と高岡享樹の共同執筆、監督は「喜劇 黄綬褒賞」の井上和男、撮影は「渚の白い家」の兼松煕太郎がそれぞれ担当。登場する人々は、岸恵子、司葉子、有馬稲子、淡島千景、岡田茉莉子、杉村春子、桜むつ子、東野英治郎、笠智衆、中村伸郎、須賀不二男、三上真一郎、木下恵介、今村昌平、佐々木康、新藤兼人、斎藤良輔、厚田雄春、浜田辰雄、今日出海、横山隆一、川喜多かしこ、ドナルド・リチー、佐藤忠男、中井貴恵、野田静(野田高梧未亡人)、野村八重子(伏見晃未亡人)、小津新一(兄)、小津信三(弟)山下とく(妹)。

監督
井上和男
出演キャスト
岸恵子 司葉子 有馬稲子 淡島千景
1971年

告白的女優論

  • 1971年12月18日(土)公開
  • 出演(伊作万紀子 役)

女優とは何か? この作品は、映画「告白的女優論」に出演することになった三人の女優の、撮影二日前の生活を追いながら、三つの物語が同時進行するスタイルをとっている。この告白的テーマに浅丘ルリ子、岡田茉莉子、有馬稲子の三女優がみずからの女優キャリアとイメージを賭け、人間に隠された様々な欲望・葛藤を表現しながら「女優」というテーマに挑戦する。スタッフは「煉獄エロイカ」と同様、脚本吉田喜重と山田正弘。監督は吉田喜重。撮影は長谷川元吉がそれぞれ担当。

監督
吉田喜重
出演キャスト
浅丘ルリ子 赤座美代子 木村功 稲野和子
1965年

無法松の一生(1965)

  • 1965年7月14日公開
  • 出演(吉岡よし子 役)

岩下俊作の原作から故伊丹万作の脚色で「鼠小僧次郎吉」の三隅研次が監督した文芸もの。撮影はコンビの牧浦地志。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 有馬稲子 宇津井健 東野英治郎

徳川家康

  • 1965年1月3日公開
  • 出演(於大 役)

山岡荘八の同名小説を「この首一万石」の伊藤大輔が脚色、監督した歴史時代劇。撮影もコンビの吉田貞次。

出演キャスト
北大路欣也 畠山淑子 青木勇嗣 中村錦之助

大根と人参

  • 1965年1月3日公開
  • 出演(夏子(寺田の妻) 役)

野田高梧と小津安二郎の原案を「黒の超特急」の白坂依志夫がシナリオ化「モンローのような女」の渋谷実が監督した文芸もの。撮影もコンビの長岡博之

監督
渋谷実
出演キャスト
笠智衆 乙羽信子 加賀まりこ 山形勲
1963年

武士道残酷物語

  • 1963年4月28日公開
  • 出演(妻まき 役)

南条範夫原作「被虐の系譜」を「宮本武蔵 般若坂の決闘」の鈴木尚之と「女系家族」の依田義賢が共同で脚色、「喜劇 にっぽんのお婆あちゃん」の今井正が監督した残酷時代劇。撮影は「一心太助 男一匹道中記」の坪井誠。

監督
今井正
出演キャスト
中村錦之助 東野英治郎 明石潮 中村錦司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 有馬稲子