映画-Movie Walker > 人物を探す > 磯部玉枝

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1971年 まで合計8映画作品)

1971年

朝霧(1968)

  • 1971年9月18日(土)公開
  • 出演(木下勢津子 役)

母一人、娘一人の家庭の中で、思春期から大人に成長しようとしている娘の姿と、母との心の交流を雪の福井、東尋坊など、日本海側の厳しい自然を背景に描く。脚本は柏倉敏之と「私は泣かない」「終りなき生命を」の吉田憲二。監督も吉田憲二。昭和四三年作品。撮影は「極楽坊主」の横山実がそれぞれ担当。

監督
吉田憲二
出演キャスト
和泉雅子 八千草薫 柳永二郎 山根久幸
1969年

日本暴力団 組長

  • 1969年7月8日(火)公開
  • 出演(沢木ミナ 役)

「博徒解散式」のコンビ神波史男と長田紀生が脚本を書き、「黒薔薇の館」の深作欣二が脚本と監督を担当した任侠もの。撮影は「超高層のあけぼの」の仲沢半次郎が担当した。

監督
深作欣二
出演キャスト
鶴田浩二 内田朝雄 河津清三郎 水島道太郎
1968年

遊侠三国志 鉄火の花道

  • 1968年1月13日(土)公開
  • 出演(はる 役)

「夕笛」の星川清司と、「反逆」の松尾昭典が共同でシナリオを執筆し、松尾昭典が監督した任侠もの。撮影はコンビの岩佐一泉。

監督
松尾昭典
出演キャスト
石原裕次郎 小林旭 高橋英樹 浅丘ルリ子
1966年

青春大統領

  • 1966年4月27日(水)公開
  • 出演(水野育子 役)

池田淳と吉田喜昭の原案を、「マカオの竜」の江崎実生と銭谷功が共同でシナリオを執筆、江崎実生が監督したアクションもの。撮影は「黒い賭博師 ダイスで殺せ」の横山実。

監督
江崎実生
出演キャスト
石原裕次郎 飯野おさみ 真家ひろみ 中谷良
1965年

城取り

  • 1965年3月6日(土)公開
  • 出演(玉枝 役)

司馬遼太郎原作“城を取る話”より「砂の上の植物群」の池田一朗と「河内ぞろ 喧嘩軍鶏」の舛田利雄が共同で脚色、舛田利雄が監督したアクション時代劇。撮影は「黒い海峡」の横山実。

監督
舛田利雄
出演キャスト
石原裕次郎 千秋実 近衛十四郎 宍戸錠
1964年

黒い海峡

  • 1964年12月31日(木)公開
  • 出演(敏子 役)

「ギター抱えたひとり旅」の山崎滋と「男の紋章 喧嘩状」の甲斐久尊が共同でシナリオを執筆「愛しながらの別れ」の江崎実生が監督したアクションもの。撮影は「敗れざるもの」の横山実。

監督
江崎実生
出演キャスト
石原裕次郎 十朱幸代 吉行和子 中谷一郎
1959年

月見草

  • 1959年5月12日(火)公開
  • 出演(高木厚子 役)

新人大島渚のオリジナル・シナリオを、新人第一回の岩城其美夫が監督し、「新婚列車」の井上晴二が撮影した青春編。

監督
岩城其美夫
出演キャスト
山本豊三 清川新吾 鳳八千代 磯部玉枝
1956年

次男坊故郷へ行く

  • 1956年5月11日(金)公開
  • 出演(孫娘 役)

「旅がらす伊太郎」の野村芳太郎が「角帽三羽烏」でのコンビ光畑碩郎と共同で脚本を書き同じく野村芳太郎が監督した明朗篇。撮影は「旅がらす伊太郎」の井上晴二。主な出演者は「旅がらす伊太郎」の高橋貞二、三井弘次、「愛と智恵の輪」の桂木洋子、「続二等兵物語 決戦体制の巻」の伴淳三郎、幾野道子、関千恵子、「ここに幸あり (二部作)」の桜むつ子、「足のある幽霊」の坂本武、「妻の心」の三好栄子、「青空剣法 弁天夜叉」の桂小金治など。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
高橋貞二 桂木洋子 三井弘次 桜むつ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 磯部玉枝