映画-Movie Walker > 人物を探す > 橋本国雄

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1971年 まで合計70映画作品)

1960年

お伝地獄(1960)

  • 1960年11月30日(水)
  • 録音

邦枝完二の原作を、「痴人の愛(1960)」の木村恵吾が脚色・監督した高橋お伝の物語。撮影は「傷ついた野獣」の石田博。

監督
木村恵吾
出演キャスト
京マチ子 船越英二 菅原謙二 中村伸郎

顔(1960)

  • 1960年10月8日(土)
  • 録音

毎日新聞に連載された丹羽文雄の同名小説を、「白子屋駒子」の衣笠貞之助が脚色し、「安珍と清姫」の島耕二が監督した文芸編。撮影も「安珍と清姫」の小原譲治。

監督
島耕二
出演キャスト
京マチ子 池部良 柳永二郎 瀧花久子

傷ついた野獣

  • 1960年7月24日(日)
  • 録音

「暁の翼」の共同執筆者・下飯坂菊馬の脚本を、「女は抵抗する」の弓削太郎が監督したもので、指名手配の殺し屋と彼を英雄視する少年との関係を描いたドラマ。撮影は「痴人の愛(1960)」の石田博。

監督
弓削太郎
出演キャスト
根上淳 片山明彦 三木裕子 佐藤正三郎

歌行燈(1960)

  • 1960年5月18日(水)
  • 録音

泉鏡花の同名小説を映画化したもので、衣笠貞之助・相良準が脚色、「かげろう絵図」の衣笠貞之助が監督した。撮影は「嫌い嫌い嫌い」の渡辺公夫。

監督
衣笠貞之助
出演キャスト
市川雷蔵 柳永二郎 信欣三 中条静夫

女は抵抗する

  • 1960年3月8日(火)
  • 録音

女プロモーター・渡辺美佐をモデルにしたもので、「あゝ特別攻撃隊」の長谷川公之の脚本を、市川崑に師事していた弓削太郎が初めて監督した。撮影は「野火」の小林節雄。

監督
弓削太郎
出演キャスト
若尾文子 川口浩 宮川和子 大山健二

女経

  • 1960年1月14日(木)
  • 録音

村松梢風の「女経」にヒントを得て、「天下の大泥棒 白浪五人男」の八住利雄が三つの物語を構成したもの。「貴族の階段」の吉村公三郎「野火」の市川崑「闇を横切れ」の増村保造がそれぞれを監督した。撮影も「浮草」の宮川一夫、「野火」の小林節雄、「闇を横切れ」の村井博がそれぞれ担当。

監督
吉村公三郎 市川崑 増村保造
出演キャスト
京マチ子 二代目中村鴈治郎 叶順子 星ひかる
1959年

旅情(1959)

  • 1959年12月13日(日)
  • 録音

オール読物所載の菊村到の原作を、「海軍兵学校物語 あゝ江田島」の舟橋和郎が脚色し「実は熟したり」の田中重雄が監督したメロドラマで、ハワイ・ロケが行われた。撮影担当も「実は熟したり」の高橋通夫。

監督
田中重雄
出演キャスト
山本富士子 川崎敬三 潮万太郎 野添ひとみ

貴族の階段

  • 1959年10月18日(日)
  • 録音

中央公論に連載された武田泰淳の同名小説を映画化したもので、二・二六事件を背景とした異色作。「電話は夕方に鳴る」のコンビ新藤兼人が脚色し、吉村公三郎が監督した。撮影も同じく「電話は夕方に鳴る」の中川芳久が担当した。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
森雅之 細川ちか子 金田一敦子 本郷功次郎

電話は夕方に鳴る

  • 1959年7月8日(水)
  • 録音

「才女気質」の新藤兼人のオリジナル・シナリオを、「夜の素顔」の吉村公三郎が監督したコミック・スリラー。撮影は「一刀斎は背番号6」の中川芳久。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
千田是也 村瀬幸子 川崎敬三 毛利充宏

夜の闘魚

  • 1959年4月21日(火)
  • 録音

川口松太郎の原作を、原作者自ら脚色、「初夜なき結婚」の田中重雄が監督した女性メロドラマ。撮影も「初夜なき結婚」の高橋通夫。

監督
田中重雄
出演キャスト
京マチ子 川口浩 北林谷栄 山本富士子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 橋本国雄