映画-Movie Walker > 人物を探す > 中山豊

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1971年 まで合計87映画作品)

1971年

激動の昭和史 沖縄決戦

  • 1971年8月14日(土)公開
  • 出演(吉崎上等兵 役)

沖縄戦を舞台に、十万の軍人と十五万の民間人の運命を描く。脚本は「裸の十九才」の新藤兼人。監督は「座頭市と用心棒」の岡本喜八。撮影は「学園祭の夜 甘い経験」の村井博がそれぞれ担当。1971年7月17日より、東京・日比谷映画にて先行ロードショー。

監督
岡本喜八
出演キャスト
小林桂樹 丹波哲郎 仲代達矢 森幹太
1969年

赤毛

  • 1969年10月10日(金)公開
  • 出演(百姓B 役)

「喜劇 駅前開運」の広沢栄と「肉弾」の岡本喜八がシナリオを共同執筆し、岡本喜八が監督した時代劇。「弾痕」の斎藤孝雄が撮影を担当した。

監督
岡本喜八
出演キャスト
三船敏郎 寺田農 高橋悦史 岩下志麻
1968年

空想天国

  • 1968年8月14日(水)公開
  • 出演(警官 役)

「悪党社員遊侠伝」の田波靖男がシナリオを執筆し、「燃えろ!太陽」の松森健が監督したコメディ。撮影は「春らんまん」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
谷啓 京塚昌子 奈加英夫 酒井和歌子

斬る(1968)

  • 1968年6月22日(土)公開
  • 出演(狼人A 役)

山本周五郎の『砦山の十七日』を原案に、「日本のいちばん長い日」の岡本喜八と「兄弟仁義 関東兄貴分」の村尾昭が共同でシナリオを執筆し、岡本喜八が監督した時代劇。撮影は「春らんまん」の西垣六郎。

監督
岡本喜八
出演キャスト
仲代達矢 高橋悦史 中村敦夫 久保明
1967年

燃えろ!太陽

  • 1967年12月6日(水)公開
  • 出演(A先生 役)

「でっかい太陽」のトリオの須崎勝弥がシナリオを執筆、松森健が監督し、西垣六郎が撮影を担当した「でっかい太陽」の続編。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 藤山陽子 野川由美子 東野英治郎

落語野郎 大泥棒

  • 1967年4月15日(土)公開
  • 出演(勘助 役)

「落語野郎 大馬鹿時代」の新井一、吉松安五郎、椿澄夫の三人が今度も共同でシナリオを執筆し、「続社長千一夜」の松林宗恵が監督した“落語野郎”シリーズ第四作目。撮影はコンビの長谷川清。

監督
松林宗恵
出演キャスト
桂米丸 塩沢とき 牧伸二 谷幹一

落語野郎 大爆笑

  • 1967年2月11日(土)公開
  • 出演(御門守門番 役)

「落語野郎 大脱線」の新井一と椿澄夫がシナリオを執筆し、杉江敏男が監督した喜劇。撮影もコンビの完倉泰一。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三遊亭歌奴 桂米丸 古今亭志ん馬 柳亭小痴楽

殺人狂時代

  • 1967年2月4日(土)公開
  • 出演(笑う狂人 役)

都筑道夫の原作「飢えた遺産」(東都書房刊)を、「暗黒航路」の小川英、「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎忠昭と「大菩薩峠(1966)」の岡本喜八が共同で脚色し、岡本喜八が監督したコメディ・アクション。撮影は「これが青春だ!」の西垣六郎。

監督
岡本喜八
出演キャスト
仲代達矢 団令子 砂塚秀夫 天本英世
1966年

狸の休日

  • 1966年10月22日(土)公開
  • 出演(道路工夫 役)

新鋭米谷純一と「狸の王様」の脚本・監督の山本嘉次郎が脚本を執筆、山本嘉次郎が監督した“狸シリーズ”第四作目。撮影は「風来忍法帖 八方破れ」の飯村正。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
高島忠夫 草笛光子 有島一郎 高橋紀子

お嫁においで

  • 1966年10月20日(木)公開
  • 出演(魚勝 役)

「沈丁花」の松山善三がシナリオを執筆、「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の本多猪四郎が監督した青春歌謡もの。撮影は「パンチ野郎」の宇野晋作。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
加山雄三 笠智衆 笠間雪雄 村田知栄子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 中山豊