TOP > 人物を探す > 京塚昌子

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1971年 まで合計26映画作品)

1971年

あまから物語 おんなの朝

  • 1971年6月5日(土)
  • 出演(妻文代 役)

ガンコな父親とそれに造反する子供たちの姿をコミカルに描く。脚本は「冠婚葬祭入門 新婚心得の巻」の柳井隆雄と「めまい」の石松史郎。監督は「涙の流し唄 命預けます」の市村泰一。撮影は「釧路の夜」の大越千虎がそれぞれ担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
加東大介 京塚昌子 三木のり平 河内桃子
1969年

二人の恋人

  • 1969年4月12日(土)
  • 出演(千枝 役)

「街に泉があった」の井手俊郎が脚本を執筆し、「兄貴の恋人」の森谷司郎が監督した青春もの。撮影は「日本一の裏切り男」の福沢康道。

監督
森谷司郎
出演キャスト
加山雄三 高橋長英 高峰三枝子 酒井和歌子

結婚します

  • 1969年3月29日(土)
  • 出演(梅小路綾子 役)

山口瞳の原作(新潮社版)を「日も月も」の中村登が脚色・監督した青春喜劇。撮影はコンビの竹村博。

監督
中村登
出演キャスト
竹脇無我 奈美悦子 倍賞千恵子 月丘夢路

喜劇 駅前桟橋

  • 1969年2月15日(土)
  • 出演(松木克子 役)

「セックス・チェック 第二の性」の池田一朗がシナリオを執筆し、「落語野郎 大爆笑」の杉江敏夫が監督した“駅前”シリーズ第二四作目。撮影は「君に幸福を センチメンタル・ボーイ」の岡崎宏三。

監督
杉江敏男
出演キャスト
森繁久彌 松山英太郎 フランキー堺 左卜全
1968年

燃えろ!青春

  • 1968年12月19日(木)
  • 出演(小森民江 役)

「コント55号 世紀の大弱点」の松木ひろしが脚本を執筆し「空想天国」の松森健が監督した青春もの。撮影は「若者よ挑戦せよ」の西垣六郎が担当した。

監督
松森健
出演キャスト
黒沢年雄 竜雷太 夏木陽介 十朱久雄

空想天国

  • 1968年8月14日(水)
  • 出演(田丸久子 役)

「悪党社員遊侠伝」の田波靖男がシナリオを執筆し、「燃えろ!太陽」の松森健が監督したコメディ。撮影は「春らんまん」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
谷啓 京塚昌子 奈加英夫 酒井和歌子

年ごろ(1968・日本)

  • 1968年7月13日(土)
  • 出演(小林久子 役)

小寺朝の原案を、「春らんまん」の松木ひろしが脚色し、これが監督第一作の出目昌伸が監督した青春もの。撮影は「さらばモスクワ愚連隊」の福沢康道。

監督
出目昌伸
出演キャスト
佐野周二 京塚昌子 内藤洋子 松山政路

春らんまん(1968)

  • 1968年1月14日(日)
  • 出演(宮尾 役)

水木洋子の原作を「ドリフターズですよ! 前進前進また前進」の松木ひろしが脚色したテレビドラマを、「颱風とざくろ」の井手俊郎が映画用に潤色・シナリオ化したホーム・コメディ。監督には「沈丁花」の千葉泰樹があたり、撮影は「燃えろ!太陽」の西垣六郎が担当した。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
新珠三千代 宝田明 白川由美 司葉子

女と味噌汁

  • 1968年2月14日(水)
  • 出演(前川京子 役)

平岩弓枝の同名小説を、「颱風とざくろ」の井手俊郎が脚色し、「宴」の五所平之助が監督した女性もの。撮影は「日本のいちばん長い日」の村井博。

監督
五所平之助
出演キャスト
池内淳子 川崎敬三 田中邦衛 佐藤慶
1967年

喜劇 競馬必勝法

  • 1967年9月18日(月)
  • 出演(大田原ふさ子 役)

「女たちの庭」の井手雅人と、「喜劇 急行列車」の瀬川昌治が共同でシナリオを執筆し、瀬川昌治が監督したコメディ。撮影は「黄金バット(1966)」の山沢義一。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
谷啓 白川由美 伴淳三郎 京塚昌子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 京塚昌子