映画-Movie Walker > 人物を探す > ランス・ヘンリクセン

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2018年 まで合計43映画作品)

2005年

1.0 ワン・ポイント・オー

  • 2005年6月18日(土)
  • 出演(ハワード 役)

アパートで暮らす男に送られ続ける謎の箱が引き金となって、不可解な出来事が発生する不条理スリラー。主人公サイモンを演じるのは「MAY‐メイ-」「クライモリ」の若手実力派ジェレミー・シスト。同じアパートの住人たちには、デボラ・カーラ・アンガー、怪優ウド・キア、そして「エイリアン」シリーズのビショップ役でおなじみのランス・ヘンリクセン。本作は2004年のサンダンス映画祭で好評を博した。

監督
ジェフ・レンフロー マーティン・トーソン
出演キャスト
ジェレミー・シスト デボラ=カーラ・アンガー ウド・キアー ランス・ヘンリクセン
2004年

エイリアンVS.プレデター

  • 2004年12月18日(土)
  • 出演(Charles Bishop Weyland 役)

SF映画史上にその名を刻む2大凶悪生物が激突するバトル・アクション。南極の地下空間を舞台に、生き残りを賭けた両者の壮絶な激闘が大興奮を呼び起こす。

監督
ポール・W・S・アンダーソン
出演キャスト
サナ・レイサン ラウル・ボヴァ ランス・ヘンリクセン ユエン・ブレンナー
2002年

未知との遭遇 ファイナル・カット版

  • 2002年
  • 出演(Robert 役)

地球人と異星人との接触を感動的に描き世界的な大ヒットを記録した作品を、製作25周年を記念して、監督のスティーブン・スピルバーグ自身が再々編集し直した傑作SFファンタジー巨編。1977年のオリジナル版をベースに、1980年の「特別編」で加えられたゴビ砂漠のシーンなどを加え再編集している。「特別編」の目玉であったマザーシップ内部のシーンは今回は省かれている。監督・脚本は「マイノリティ・リポート」のスティーブン・スピルバーグ。出演は「クライム&ダイヤモンド」のリチャード・ドレイファス、「リュミエールの子供たち」のフランソワ・トリュフォー、「ミスター・マム」のテリー・ガー、「マグノリア」のメリンダ・ディロンほか。ビデオグラムでのみリリースされた。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
リチャード・ドレイファス テリー・ガー ケイリー・グッフィ フランソワ・トリュフォー
2000年

スクリーム3

  • 2000年4月1日(土)
  • 出演(John Milton 役)

謎の殺人鬼による連続殺人事件の顛末を描き、“ホラー映画”の定石を逆手にとったメタ・ホラー「スクリーム」シリーズの完結編。監督は、3作全てを手がけたウェス・クレイヴン。脚本は「レインディア・ゲーム」のアーレン・クルーガー。出演は、前作に続いてネーヴ・キャンベル、コートニー・コックス、デイヴィッド・アークェット、ジェイミー・ケネディ。

監督
ウェス・クレイヴン
出演キャスト
ネーヴ・キャンベル デイヴィッド・アークエット コートニー・コックス リーヴ・シュレイバー
1999年

ターザン(1999)

  • 1999年12月18日(土)
  • 出演(声)(Kerchak 役)

エドガー・ライス・バローズの名作『類人猿ターザン』の初のアニメ化。監督は「グ-フィー・ムービー ホリデーは最高!」のケビン・リマ、クリス・バック。脚本は「ノートルダムの鐘」のボニー・アーノルドほか。音楽はフィル・コリンズと「コン・エアー」のマーク・マンシーナ。声の出演は「レッサ-・エヴィル」のトニー・ゴールドウィン、「フラッド」のミニー・ドライヴァー、「エアフォース・ワン」のグレン・クローズ「英国万歳!」のナイジェル・ホーソーン、「デッドマン」のランス・ヘンリクセンほか。

監督
クリス・バック ケヴィン・リマ
出演キャスト
トニー・ゴールドウィン ミニ・ドライヴァー ブライアン・ブレスド グレン・クローズ
1997年

フル・ブラスト

  • 1997年11月29日(土)
  • 出演(Dane 役)

タフでセクシーな女優が犯罪者集団とひとりで対決する姿を描いたアクション、「ハードネス」の続編。前作に続きポール・リンチが監督をつとめた。脚本はリチャード・ビーティ。原案は「アイアン・イーグル4」のマイケル・ストークス。製作は「アイアン・イーグル4」のピーター・R・シンプソン。撮影はバリー・グレイヴル。音楽はポール・J・ザザ。前作のシャノン・トゥイードが引き続きヒロインをつとめ、「エイリアン3」「パウダー」のランス・ヘンリクソンが出演。

監督
ポール・リンチ
出演キャスト
ランス・ヘンリクセン シャノン・トゥイード ブルース・ペイン ジェイン・ハイトマイヤー

パウダー

  • 1997年4月19日(土)
  • 出演(Sheriff Barnum 役)

不思議な力を持つ少年の姿を描くファンタジー・ロマン。監督・脚本は新鋭ヴィクター・サルヴァ。製作は「G.I.ジェーン」のロジャー・バーンバウムと「ブラインド・フューリー」のダニエル・グロドニック。製作総指揮は「ネゴシエーター」のライリー・キャスリン・エリス、ロバート・スヌーカルの共同。撮影は「秘密の花園」のジャジー・ジーリンスキー。音楽は「危険な動物たち」のジェリー・ゴールドスミス。美術は「リービング・ラスベガス」のウォルドマール・カリノウスキー。編集はデニス・M・ヒル。衣裳はベッツィー・コックス。特殊メイクは「バットマン」のジョーカーの特殊メイクを担当したトーマス・R・バーマンと、バリ・ドレイバンド・バーマンのコンビ。主演はTVシリーズ『インディ・ジョーンズ 若き日の冒険』のショーン・パトリック・フラナリー。共演は「ニクソン」のメアリー・スティーンバーゲン、「エイリアン3」のランス・ヘンリクセン、「インデペンデンス・デイ」のジェフ・ゴールドブラムほか。

監督
ヴィクター・サルヴァ
出演キャスト
メアリー・スティーンバージェン ショーン・パトリック・フラナリー ランス・ヘンリクセン ジェフ・ゴールドブラム
1996年

クリフ・セブン 人質奪還指令

  • 1996年
  • 出演(Roger McBride 役)

狂信的な軍人から娘を取り戻すために戦う元工作員の女性の姿を描くアクション。監督・撮影は「TOO BEAUTIFUL TO KILL」のウイリアム・モリーナ。製作のレマン・セティナー、アクセル・マンチ、音楽のデイヴィッド・ウォーストとエリック・ウォーストは同作に続いての参加。主演は「ロボコップ3」「哀しみのスパイ」のナンシー・アレン。共演は「クイック&デッド」のランス・ヘンリクセンほか。

監督
ウィリアム・モリーナ
出演キャスト
ナンシー・アレン ランス・ヘンリクセン スコット・リンカーン ディーン・スコットフィールド
1995年

デッドマン

  • 1995年12月23日(土)
  • 出演(Cole Wilson 役)

「ダウン・バイ・ロー」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のジム・ジャームッシュ監督が独特のオフビートなタッチで描く、滑稽にして冷酷で、やがて幻想的に転じる西部劇調のロードムービー。製作はこの映画のためにジャームッシュが設立した12ゲージ・プロで、日本ビクターをはじめ米・日・独の出資をうけて、「ミステリー・トレイン」「ナイト・オン・ザ・プラネット」のディミートラ・J・マクブライドが製作。脚本はジャームッシュのオリジナル、撮影はヴィム・ヴェンダース作品で知られ、ジャームッシュとは「ダウン・バイ・ロー」「ミステリー・トレイン」で組んだ、「豚が飛ぶとき」のロビー・ミュラー。音楽は米国を代表するロック・アーティスト、ニール・ヤング。美術はボブ・ジンビッキ。編集はジャームッシュの常連で「豚が飛ぶとき」のジェイ・ラビノウィッツ。主演は「エド・ウッド」「ドン・ファン(1995)」のジョニー・デップ。共演は『Dark Wind』に出演、先住民運動家でもあるゲイリー・ファーマー、「欲望(1993)」「若草物語(1994)」のガブリエル・バーン、「スターゲイト」のミリ・アヴィタル、「クイック&デッド」のランス・ヘンリクセン、「ロブ・ロイ ロマンに生きた男」のジョン・ハート、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「女神たちの季節」のクリスピン・グローヴァー、「マーヴェリック」のアルフレッド・モリーナ、ロック・アーティストで「タンク・ガール」にも出演したイギー・ポップほか。特別出演で「狩人の夜」「エル・ドラド」などの名優ロバート・ミッチャムが顔を見せる。

監督
ジム・ジャームッシュ
出演キャスト
ジョニー・デップ ゲイリー・ファーマー ロバート・ミッチャム ガブリエル・バーン

クイック&デッド

  • 1995年11月18日(土)
  • 出演(Ace Hanlon 役)

タフでセクシーな女ガンマンの雄姿を描いたウエスタン。「キャプテン・スーパーマーケット」のサム・ライミが監督にあたり、マカロニ・ウエスタンにオマージュを捧げたムードや凝りに凝ったガンファイトの演出、さらに共同製作も兼ねる主演のシャロン・ストーンの女丈夫ぶりが見もの。製作はジョシュア・ドネン、アレン・シャピロ、パトリック・マーキー。エグゼクティヴ・プロデュサーはトビー・ジャフェと、アマチュア時代からのライミの盟友ロバート・タパート。脚本は英国人のサイモン・ムーア。撮影は「ラスト・オブ・モヒカン」のダンテ・スピノッティ、音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアラン・シルヴェストリ、美術は「アマデウス」のパトリシア・フォン・ブランデンスタイン。共演は「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマン、「ギルバート・グレイプ」のレオナルド・ディカプリオ、「NO WAY BACK/逃走遊戯」のラッセル・クロウら。なお本作は棺桶屋の役で出演し、これが遺作となった黒人ウエスタン・スターのウディ・ストロードに捧げられている。

監督
サム・ライミ
出演キャスト
シャロン・ストーン ジーン・ハックマン ラッセル・クロウ レオナルド・ディカプリオ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ランス・ヘンリクセン