映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィット・カルーソ

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2002年 まで合計11映画作品)

2002年

セッション9

  • 2002年6月22日(土)公開
  • 出演(Phil 役)

マサチューセッツ州に実在する本物の廃墟で撮影されたスリラー。精神病院跡に宿った狂気や自らの苦悩によって、精神的に追いつめられていく男たちの運命を描き出す。

監督
ブラッド・アンダーソン
出演キャスト
ピーター・ミュラン デイヴィット・カルーソ スティーヴン・ジェヴドン ポール・ギルフォイル
2001年

プルーフ・オブ・ライフ

  • 2001年3月17日(土)公開
  • 出演(Dino 役)

禁断の恋に悩む男女をめぐるサスペンス・アクション。南米を舞台に、はからずも生まれてしまったせつない恋の行方と危険な冒険がドラマチックに展開する。

監督
テイラー・ハックフォード チャールズ・マルヴェヒル
出演キャスト
メグ・ライアン ラッセル・クロウ デイヴィッド・モース パメラ・リード
1996年

ボディ・カウント ヤバい奴ら

  • 1996年当年公開
  • 出演(Hobbs 役)

銀行を襲った犯罪者が仲間割れをしていく様を描いたサスペンス。監督はロバート・パットン=スペルイル。脚本はセオドア・ウィッチャー。撮影はチャールズ・マイルス。音楽はカート・ソベル。出演は「死の接吻」のデイヴィッド・カルーソ、「スポーン」のジョン・レグイザモ、「ミッション:インポッシブル」のヴィング・レイムス、「メン・イン・ブラック」のリンダ・フィオレンティノほか。

監督
ロバート・パットン・スペルイル
出演キャスト
デイヴィット・カルーソ リンダ・フィオレンティーノ ジョン・レグイザモ ヴィング・レイムス
1995年

死の接吻(1994)

  • 1995年5月20日(土)公開
  • 出演(Jimmy Kilmartin 役)

犯罪組織によって平穏な生活を一変させられた男の闘争を描いた、ハードボイルド・サスペンス。ヘンリー・ハサウェイ監督、ヴィクター・マチュア主演による同名映画(47)を、「運命の逆転」「ルームメイト」のバーベット・シュローダーの監督でリメイク。ニューヨークの現実を取り込んだ、ドキュメンタリー色の濃い脚本は「ハスラー2」「恋に落ちたら…」のリチャード・プライス(共同製作も兼任、市の職員として出演も)。製作はシュローダーと、彼とコンビのスーザン・ホフマン。エグゼクティヴ・プロデューサー(第一助監督も兼任)は「バーフライ」以後の監督の作品に携わっているジャック・バラン。撮影は「僕のビアンカ」「スプレンドール」のルチアーノ・トヴォリ、音楽は「父の祈りを」のトレヴァー・ジョーンズ、美術は「幸福の条件」のメル・ボーンが担当。主演はアベル・フェラーラの「チャイナ・ガール」「キング・オブ・ニューヨーク」の助演をへて、米・ABCテレビの『N.Y.P.D. Blue 』でゴールデン・グローブ賞〈テレビドラマ・シリーズ〉部門の主演男優賞を受賞し、本作が初の主演映画となるデイヴィッド・カルーソ。前作でリチャード・ウィドマークが演じた悪役に「あなたに降る夢」「パラダイスの逃亡者」などコメディ作品が多かったニコラス・ケイジが扮して新境地を開拓するほか、「パルプ・フィクション」のサミュエル・L・ジャクソン、「ボブ・ロバーツ」のヘレン・ハント、「D2 マイティ・ダック」のキャスリン・アーブ、「パルプ・フィクション」のヴィング・レイムス、「羊たちの沈黙」のアンソニー・ヒールドら個性派俳優が脇を固める。

監督
バーベット・シュローダー
出演キャスト
デイヴィット・カルーソ ニコラス・ケイジ サミュエル・L・ジャクソン ヘレン・ハント
1993年

恋に落ちたら…

  • 1993年5月29日(土)公開
  • 出演(Mike 役)

若く美しいギャングの情婦に恋してしまった臆病な刑事の姿を描く恋愛コメディ。監督は「ヘンリー」のジョン・マクノートン。製作は「ケープ・フィアー」の監督マーティン・スコセッシと同作の製作バーバラ・デ・フィーナ。エグゼクティヴ・プロデューサー・脚本は「ハスラー2」でアカデミー脚本賞候補となり、以来スコセッシと3本のコンビ作がある「シー・オブ・ラブ」のリチャード・ブライス。撮影は「夢の果てまでも」のロビー・ミュラー。音楽は「ケープ・フィアー」のエルマー・バーンスタインが担当。主演は「ナイト・アンド・ザ・シティ」のロバート・デ・ニーロ、「3人のゴースト」のビル・マーレー、「愛という名の疑惑」のユマ・サーマン。

監督
ジョン・マクノートン
出演キャスト
ロバート・デ・ニーロ ユマ・サーマン ビル・マーレイ デイヴィット・カルーソ
1990年

キング・オブ・ニューヨーク

  • 1990年当年公開
  • 出演(Dennis_Gilley 役)

ニューヨークの暗黒街に巣くうブラック・マフィアの白人リーダーが血で血を争う抗争の中で野望を達成してゆこうとする姿を描くアクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイ・ジュリアンとヴィットリオ・スクァランテ、製作はメアリー・ケイン、監督は「チャイナ・ガール」のアベル・フェラーラ、脚本はニコラス・セント・ジョン、撮影はボージャン・バゼリ、音楽をジョー・デリアが担当。出演はクラストファー・ウォーケン、ローレンス・フィッシュバーンほか。

監督
アベル・フェラーラ
出演キャスト
クリストファー・ウォーケン ローレンス・フィッシュバーン ヴィクター・アルゴ デイヴィット・カルーソ
1989年

ツインズ

  • 1989年8月5日(土)公開
  • 出演(Al_Greco 役)

35年間別々に暮らしてきた似ても似つかぬ双子の兄弟の再会によって巻き起こる騒動を描くコメディ。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョー・メジャックとマイケル・C・グロス、製作・監督は「夜霧のマンハッタン」のアイヴァン・ライトマン、脚本はウィリアム・ディヴィーズとウィリアム・オズボーン、ティモシー・ハリス、ハーシェル・ワイングロッドの共同、撮影はアンジェイ・バートコウィアク、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はアーノルド・シュワルツェネッガー、ダニー・デヴィートほか。

監督
アイヴァン・ライトマン
出演キャスト
アーノルド・シュワルツェネッガー ダニー・デヴィート ケリー・プレストン クロエ・ウェブ
1988年

チャイナ・ガール

  • 1988年4月23日(土)公開
  • 出演(Mercury 役)

ニューヨークのチャイナタウンとリトル・イタリーを舞台に、中国娘とイタリア人少年の激しく一途な愛を描く。製作はマイケル・ノジク、監督はアベル・フェラーラで本作品が日本公開第1作になる。脚本はニコラス・セント・ジョン、撮影はボージャン・バゼリ、音楽はジョー・デリアが担当。出演はリチャード・ペインビアンコ、サリー・チャンほか。

監督
アベル・フェラーラ
出演キャスト
ジェームズ・ルッソ サリー・チャン リチャード・ペインビアンコ デイヴィット・カルーソ
1984年

誘惑(1984)

  • 1984年当年公開
  • 出演(Calamara 役)

美しい人妻の日記を盗んだ泥棒の恋をサスペンスフルに描く。製作はドン・シンプソンとジェリー・ブラックハイマー、監督・脚本はダグラス・デイ・スチュアート、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はハロルド・ファルターメイヤー、主題曲はジョルジオ・モロダーが担当。出演はスティーヴン・バウアー、バーバラ・ウィリアムス、ジョン・ゲッツなど。日本版字幕は戸田奈津子。メトロカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ダグラス・デイ・スチュワート
出演キャスト
スティーヴン・バウアー バーバラ・ウィリアムス ジョン・ゲッツ デイヴィット・カルーソ
1982年

愛と青春の旅だち

  • 1982年12月18日(土)公開
  • 出演(Topper_Daniels 役)

士官養成学校生の友情と恋を描くドラマ。製作はマーティン・エルファンド、監督は「アイドルメイカー」(81、日本未公開)のテイラー・ハックフォード。同じような体験を持つダグラス・デイ・スチュアートが脚本を執筆。撮影はドナルド・ソーリン、音楽はジャック・ニッチェが担当している。出演はリチャード・ギア、デブラ・ウィンガー、デイヴィッド・キース、リサ・ブロント、ルイス・ゴセット・ジュニア、リサ・エイルバッチャーなど。

監督
テイラー・ハックフォード
出演キャスト
リチャード・ギア デブラ・ウィンガー デイヴィッド・キース リサ・ブロント
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > デイヴィット・カルーソ