映画-Movie Walker > 人物を探す > 谷口千吉

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1971年 まで合計39映画作品)

1952年

霧笛(1952)

  • 1952年3月5日(水)公開
  • 監督

製作は「赤道祭」の田中友幸。昭和九年、大佛次郎が朝日新聞に連載して書いた原作小説から、「嵐の中の母」の八住利雄が脚本を書き、「死の断崖」の谷口千吉が監督に当たっている。撮影は「めし」の玉井正夫、美術は「決闘鍵屋の辻」の松山崇である。主役はハリウッドで「東は東」に出演して帰朝した山口淑子の第一回出演で、「馬喰一代(1951)」の三船敏郎が相手役につき合い、志村喬、左卜全、千石規子、上山草人などの他、海外日本文化紹介誌「プレヴィユ」の社長ポップ・ブースが出演している。

監督
谷口千吉
出演キャスト
山口淑子 三船敏郎 志村喬 村上冬樹
1951年

死の断崖

  • 1951年9月28日(金)公開
  • 演出、脚本

製作は「袴だれ保輔」の田中友幸。谷口千吉の「愛と憎しみの彼方へ」に次ぐ自脚本による監督作品で、監督としては「誰が私を裁くのか」に次ぐもの。撮影は「オヤオヤ人生」の山中晋が担当。主演者の主なものは「月よりの母」の上原謙「青い真珠」の島崎雪子と菅井一郎、、長岡輝子、中北千枝子、清水将夫などで、この映画の中の役名をそのまま、芸名に名乗って片桐余四郎という新人が出演する。

出演キャスト
上原謙 三好栄子 島崎雪子 菅井一郎

誰が私を裁くのか

  • 1951年5月18日(金)公開
  • 監督

井上友一郎の原作を、「自由学校(1951 吉村公三郎)」(大映)の新藤兼人が脚色、「愛と憎しみの彼方へ」の谷口千吉が監督に当たっている。主な出演者は、「月の渡り鳥」の乙羽信子、「自由学校(1951 吉村公三郎)」(大映)の山村聡、「麗春花」の伊豆肇、「母千鳥」の沢村晶子に、利根はる恵、夏川静江、瀧花久子、関千恵子などである。

監督
谷口千吉
出演キャスト
乙羽信子 利根はる恵 山村聡 伊豆肇

愛と憎しみの彼方へ

  • 1951年1月4日(木)公開
  • 演出、脚本

「銀嶺の果て」「ジャコ万と鉄(1949)」「暁の脱走」とコンビで作品の発表を続けて来た、製作者田中友幸と演出家谷口千吉とが再び組んで発表した作品で、寒川光太郎原作の「脱獄囚」より取材して、谷口千吉と黒澤明とが協同で脚色している。映画芸術協会の第一回自主作品で、東宝が配給する。配役は「羅生門」の三船敏郎、「戦火の果て」の水戸光子、「暁の脱走」の池部良、その他小沢栄、志村喬、上田吉二郎、三津田健などの脇役陣である。

出演キャスト
三船敏郎 水戸光子 伊東孝 池部良
1950年

魔の黄金

  • 1950年2月19日(日)公開
  • 監督、脚本

「野良犬(1949)」の本木莊二郎と「暁の脱走」の田中友幸の共同企画、関川周の原作を谷口千吉、松浦健郎と共同脚色し、「暁の脱走」についで谷口千吉が演出する大映での第一回作品である。「破れ太鼓」の森雅之「無頼漢長兵衞」の相馬千恵子「破れ太鼓」の宇野重吉「私刑」の東野英治郎「母椿」の星美千子、伊沢一郎が出演する。

監督
谷口千吉
出演キャスト
森雅之 相馬千恵子 伊沢一郎 星美千子

暁の脱走

  • 1950年1月8日(日)公開
  • 監督、脚本

「ジャコ万と鉄(1949)」につぐ田中友幸の製作で、田村泰次郎原作雑誌「サロン」所載「春婦伝」より「ジャコ万と鉄(1949)」につぐ谷口千吉と「静かなる決闘」「野良犬(1949)」の黒澤明が協同で脚本を書き、谷口千吉が演出した。キャメラは「グッドバイ(1949)」「銀座カンカン娘」の三村明が担当。主演は「青い山脈(1949)」の池部良と「人間模様」の山口淑子でそれに「深夜の告白」の小沢栄、「青い山脈(1949)」「恋狼火」の伊豆肇、「鍋島怪猫伝」「小原庄助さん」の清川荘司、「青い山脈(1949)」「白鳥は悲しからずや」の若山セツ子らが出演する。

監督
谷口千吉
出演キャスト
池部良 小沢栄 清川荘司 伊豆肇
1949年

ジャコ萬と鉄(1949)

  • 1949年7月11日(月)公開
  • 監督、脚本

梶野悳三作『鰊漁場』より取材したもので、製作は「銀嶺の果て」「わが愛は山の彼方に」の田中友幸「酔いどれ天使」脚本・演出の黒澤明と「銀嶺の果て」演出の谷口千吉の協同脚本で、演出も谷口千吉が担当、カメラは瀬川順一、いずれも「銀嶺の果て」以来の顔合せである。「酔いどれ天使」につぐ三船敏郎「深夜の市長」以来の月形龍之介の主演に「面影」の浜田百合子のほか久我美子、藤原釜足らが出演する。

監督
谷口千吉
出演キャスト
三船敏郎 月形龍之介 浜田百合子 久我美子

静かなる決闘

  • 1949年3月13日(日)公開
  • 脚本

企画は「花咲く家族」「運命の暦」「美しき豹」の市川久夫、菊田一夫の舞台劇「堕胎医」より「酔いどれ天使」の黒澤明と「銀嶺の果て」の谷口千吉の協同脚色、メガホンは黒澤明がとる。カメラは「運命の暦」「びっくりしゃっくり時代」の相坂操一、主演は「酔いどれ天使」の三船敏郎が東宝より出る外志村喬、千石規子、中北千枝子も東宝から出演する。三船の相手役には「母(1948)」「王将(1948)」「母紅梅」の三条美紀が出る。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 志村喬 三条美紀 千石規子
1947年

銀嶺の果て

  • 1947年8月5日(火)公開
  • 演出

「わが青春に悔なし」「素晴らしき日曜日」等の演出者黒澤明の脚本、谷口千吉昇進第一回演出作品。撮影は文化映画「雪の結晶」の瀬川順一が当っている。志村喬、小杉義男、河野秋武の他、ニュー・フェイスの三船敏郎、若山セツコが出演。

出演キャスト
志村喬 三船敏郎 小杉義男 河野秋武

関連ニュース

日本映画黄金期の息吹を体感! 兵庫県宝塚市が映画に染まる7日間
日本映画黄金期の息吹を体感! 兵庫県宝塚市が映画に染まる7日間(2012年11月20日)

かつて、日本最大とも言われた宝塚映画製作所のあった兵庫県宝塚市。その製作所で作られた作品をはじめ、劇場で観る機会の少ない良質な作品を上映することを目的に、200…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 谷口千吉