映画-Movie Walker > 人物を探す > 山添三千代

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1972年 まで合計3映画作品)

1972年

紙芝居昭和史 黄金バットがやって来る

  • 1972年5月13日(土)公開
  • 出演(めぐみ少女時代 役)

時代と共に移り変る紙芝居を描いた、加太こうじ原作の『紙芝居昭和史、拍子木の音が聞える』の映画化。脚本は「昭和ひとけた社長対ふたけた社員 月月火水木金金」の笠原良三。監督、撮影も同作の石田勝心と志費邦一がそれぞれ担当。

監督
石田勝心
出演キャスト
小林桂樹 市川和子 紀比呂子 山添三千代
1971年

父ちゃんのポーが聞える

  • 1971年9月24日(金)公開
  • 出演(みどり 役)

現代の医学では治療の方法すら発見されていない、筋肉が萎縮してしまうハンチントン舞踊病という病気と戦いながら、ベットの中で綴った松本則子という一少女の詩集『父ちゃんのポーが聞こえる』の映画化で、死に直面しながらも、けなげに生きようとする少女の心理を追求する。脚本は「昭和ひとけた社長対ふたけた社員」の笠原良三。監督・撮影も同作の石田勝心と志賀邦一がそれぞれ担当。

監督
石田勝心
出演キャスト
小林桂樹 吉沢京子 森るみ子 司葉子

誰のために愛するか

  • 1971年4月1日(木)公開
  • 出演(少女時代の朋子 役)

原作は、発売後一年足らずで百五十万部を超えるベストセラーになった曽野綾子の同名エッセイ集。映画は、その中心読者となっている平均的な若い女性を主人公に設定し、そのヒロインの悩みや苦しみを通して、原作の母と娘の愛、娘と既婚の男性との愛といった5つの愛の問題をドラマの中で分析していこうというもの。脚本は「奇妙な仲間 おいろけ道中」の鎌田敏夫。監督は「その人は女教師」の出目昌伸。撮影は「若大将対青大将」の原一民がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
酒井和歌子 森光子 細川俊夫 赤座美代子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山添三千代