TOP > 映画監督・俳優を探す > 新宮信子

年代別 映画作品( 1948年 ~ 1971年 まで合計60映画作品)

1971年

十七才の成人式

  • 1971年6月23日(水)
  • 出演(伊東松子 役)

「高校生番長 棒立てあそび」でデビューした岡崎明の二作目。脚本は「すっぽん女番長」の高橋二三。撮影は「高校生番長 ズベ公正統派」の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
岡崎明
出演キャスト
八並映子 木下清 菅野直行 三笠すみれ

高校生心中 純愛

  • 1971年3月6日(土)
  • 出演(仲本のぶ子 役)

変わらぬ愛を誓い合った高校生が、その愛を貫くために雪山で自ら命を断つ純愛映画。「高校生ブルース」「おさな妻(1970)」の関根恵子が主演する。脚本は柴田久恵。監督は「新・高校生ブルース」の帯盛迪彦、撮影は「高校生番長 深夜放送」の喜多崎晃がそれぞれ担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
高橋惠子 篠田三郎 若倉慶 加藤武
1969年

ある見習看護婦の記録 赤い制服

  • 1969年4月19日(土)
  • 出演(婦長 役)

「ガメラ対大悪獣ギロン」の高橋二三が脚本を執筆し、主として増村保造の助監督をつとめていた臼坂礼次郎の監督昇進第一作。撮影は「蛇娘と白髪魔」の上原明。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
南美川洋子 渥美マリ 八代順子 津山由起子

千羽鶴(1969)

  • 1969年4月19日(土)
  • 出演(菊治の母 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作を「強虫女と弱虫男」の新藤兼人が脚色し、「盲獣」の増村保造が監督した文芸もの。撮影はコンビの小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
平幹二朗 若尾文子 梓英子 京マチ子
1968年

高校生芸者

  • 1968年9月21日(土)
  • 出演(PTA夫人A 役)

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「喜劇 泥棒学校」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影はコンビの渡辺公夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
水木正子 八代順子 渥美マリ 津山由起子

セックス・チェック 第二の性

  • 1968年6月1日(土)
  • 出演(夫人A 役)

寺内大吉の原作「すぷりんたあ」(「オール読物」所載)を、「毒薬の匂う女」の池田一朗が脚色、「大悪党」の増村保造が監督した。撮影は「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の喜多崎晃。

監督
増村保造
出演キャスト
大楠道代 緒形拳 小川真由美 滝田裕介
1967年

限りある日を愛に生きて

  • 1967年1月14日(土)
  • 出演(婦長 役)

草薙実の同名の実話小説を「続・酔いどれ博士」の新藤兼人と関功が共同で脚色。「女の賭場」の田中重雄が監督した青春もの。撮影は「野良犬(1966)」の中川芳久。

監督
田中重雄
出演キャスト
高田美和 太田博之 山本耕一 風見章子
1966年

大怪獣決闘 ガメラ対バルゴン

  • 1966年4月17日(日)
  • 出演(自衛隊員A 役)

「大怪獣ガメラ」の高橋二三がシナリオを執筆、「破れ証文」の田中重雄が監督したS・Fもの。撮影もコンビの高橋通雄。

監督
田中重雄
出演キャスト
本郷功次郎 江波杏子 夏木章 藤山浩二
1965年

妻の日の愛のかたみに

  • 1965年10月2日(土)
  • 出演(町の人B 役)

池上三重子の同名手記を「香華」の木下恵介が脚色、「花実のない森」の富本壮吉が監督した純愛もの。撮影もコンビの小原譲治。

監督
富本壮吉
出演キャスト
若尾文子 船越英二 瀧花久子 浜村純

六人の女を殺した男

  • 1965年7月31日(土)
  • 出演(君子 役)

「赤ひげ」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、「女めくら物語」の島耕二が監督した喜劇。撮影は「花実のない森」の小原譲治。

監督
島耕二
出演キャスト
フランキー堺 船越英二 岸田今日子 万里昌代

新宮信子の関連人物

見明凡太朗  船越英二  潮万太郎  早川雄三  星ひかる 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/29更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 新宮信子

ムービーウォーカー 上へ戻る