映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・スターレット

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1938年 まで合計18映画作品)

1938年

大学の顔役

  • 1938年当年公開
  • 出演(Ted_Closley 役)

「青春争覇戦」「カーニバル」のジミー・ッジューランドが「誘拐者」のウォルター・コノリー、西部劇スタアのチャールズ・スターレット、「悪魔の影」のジョージ・ペリー、「明朗色時代」のガートルード・ニーゼン、「酔いどれリズム」のレイモンド・ウォルバー等と共演する映画で、コリー・フォードのストーリーをユージーン・ソロウがリチャード・ウォームサー及びフリイップ・ラップと協力脚色し、「悪魔島脱出」のアルバート・S・ロージェルが監督し、「わが家の楽園」のジョセフ・ウォーカーが撮影に当ったもの。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
ジミー・デューラント ウォルター・コノリー ジョーン・ペリー チャールズ・スターレット
1937年

英雄街道

  • 1937年当年公開
  • 出演(Skinner 役)

「荒野の巨人」「強行肉弾隊」と同じくチャールズ・スターレット主演映画で、ジェームス・P・ホーガンのストーリーをフランセス・ガイハンが脚色し、新人フォルマー・ブラクステッドが監督に当たり、「暁の総攻撃」のベンジャミン・H・クラインが撮影したもの。相手は「空のギャング」のロサリンド・キースが演じ、「オペラは踊る」のエドワード・キーン、「札つき女」のベン・ウェルデン、「ミイラの殺人」のアーサー・ストーン、アル・ブリジス等が助演している。

監督
フォーマー・ブラングステッド
出演キャスト
チャールズ・スターレット ロザリンド・キース エドワード・キーン アーサー・ストーン
1936年

強行肉弾隊

  • 1936年当年公開
  • 出演(Alan 役)

「銃弾の洗礼」「怪奇の殺人」と同じくデヴィット・セルマンが監督に当たったピーター・B・カイン原作のチャールズ・スターレット主演映画で、脚色にはロバート・ワトスンとJ・P・マッゴワンとが協力し、撮影には「怪奇の殺人」のジョージ・ミーハンがウィリアム・ベックウェイと協力した。助演は新顔女優のファイニス・バートン・ヘンリー・モリスン、J・P・マッゴワン等。

監督
デイヴィッド・セルマン
出演キャスト
チャールズ・スターレット ヘンリー・モリスン ファイニス・バートン J・P・マッゴワン
1935年

薔薇はなぜ紅い(1935)

  • 1935年当年公開
  • 出演(George_McGehee 役)

「結婚の夜」「麦秋」のキング・ヴィダーが監督した映画で、スターク・ヤング作の小説に基づいて「青春の頬杖」のローレンス・ストーリングスと「復活(1934)」のマクスウェル・アンダーソン及び「わが胸は高鳴る」のエドウィン・ジャスタス・メイヤーが共同して脚色に当たったもの。主演者は「お人好しの仙女」「昨日」のマーガレット・サラヴァンで、「その夜の真心」のウォルター・コノリー、「ロバータ」のランドルフ・スコット、「曲芸団」のジャネット・ビーチャー、「名を失える男」のエリザベス・パターソン、「永遠に愛せよ」のディッキー・ムーア、ロバート・カミングス、ダニエル・ヘインズ等が助演している。撮影は「十字軍」「クレオパトラ(1934)」のヴィクター・ミルナーの担任。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
マーガレット・サラヴァン ウォルター・コノリー ランドルフ・スコット ジャネット・ビーチャー
1934年

からくり競馬大会

  • 1934年当年公開
  • 出演(Stan_Russell 役)

「ハリウッド征服」のバット・ベイタースンとハーバード・マンディンが、主演する映画で、ダッドリ・ニコルズとジョージ・マーシャルが書き下ろした物語を、「苦闘五十年」と同じくダッドリー・ニコルズとラマー・トロッティが共同脚色し、そして「踊るカレッジ」を監督したジェームズ・ティンリングが監督に当たり「恐怖の夜」のジョセフ・ヴァレンタインが撮影した。助演者は「成吉斬汗の仮面」のチャールズ・スターレット、「餓ゆるアメリカ」のゴードン・ウェストコット、「生ける人形」のジョージア・ケイン、セオドア・フォン・エルツ、スーザン・フレミング等である。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
パット・パターソン ハーバート・マンディン チャールズ・スターレット ゴードン・ウェストコット

最初の接吻

  • 1934年当年公開
  • 出演(Russell_Gray 役)

「相寄る魂」「地獄の市長」のアーチー・L・メイヨが監督に当たった映画で、「世界は還る」「今日の男性」のジーン・ミューア、「四十二番街」「母」のジョージ・ブレント、「流行の王様」「今日の男性」のヴェリー・ティーズデールが共演するもの。原作にはメアリー・マッコール・ジュニアが書き脚色にも自ら当たった。撮影は「夫の日記」「五十六番街の家」のアーネスト・ホーラーの担当である。助演者は「五十六番街の家」「猫目石怪事件」のジョン・ハリデイ「ジンギスカンの側面」のチャールズ・スターレット、新人ジョーン・ウィラー、「スター悩殺」のラッセル・ホプトン、アーサー・エイルスワース、ヴァージニア・ハモンド等である。

監督
アーチー・L・メイヨ
出演キャスト
ジーン・ミューア ジョージ・ブレント ヴェリー・ティーズデール チャールズ・スターレット

生活と恋愛

  • 1934年当年公開
  • 出演(Stephen_Hornblow 役)

「南風」「ベンガルの槍騎兵」のフランチョット・トーンが主役を勤める映画で「若き血に燃ゆる頃」の脚色者ロバート・リー・ジョンスンが書き下ろした物語を「殺人鬼と光線」のユージーン・ソロウと共同して脚色し「吾れは愛せり」「紅唇罪あり」と同じくアルフレッド・E・グリーンが監督に、ジェームズ・ヴァン・ツリースが撮影に当たった。トーンをめぐって「最初の接吻」「今日の男性」のジーン・ミューア、「五十六番街の家」のマーガレット・リンゼイ、「雲とつばさ」のアン・ヴォーザーク及びロバート・ライト「お姫様大行進」のロス・アレクサンダー、「歓呼の嵐」のディック・フォーラン、「麦秋」のアディスン・リチャーズ、チャールズ・スターレット、ラッセル・ヒックス、ヘンリー・オニール等が出演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
フランチョット・トーン ジーン・ミューア マーガレット・リンゼイ アン・ヴォーザーク

流線型超特急

  • 1934年当年公開
  • 出演(Tom_Caldwell 役)

米国バーリントン機関車製作所が作ったポール・クレット設計の流線型列車「ゼファー」号の完成に取材した映画で、ロジャー・ウェートリーが書き下ろして、自らH.W.ヘーンマン及びジャック・オドネルと共同して脚色しトーマス・アトキンスが監督に当たり、「幸運の悪魔」「山荘の殺人」のJ・ロイ・ハントが撮影したもの。出演者は「最初の接吻」「猛獣鳥」のチャールズ・スターレット、「失恋相談欄」「恐怖の夜」のサリー・プレーンを始め、「三角の月」のハーディー・オルブライト「追撃ミックス」のウィリアム・ファーナム、「密林の王者」のアーヴィング・ビチェル、アーサー・レイク、セオドア・フォン・エルツ等。

監督
トーマス・アトキンス
出演キャスト
サリー・ブレーン チャールズ・スターレット ハーディー・オルブライト ウィリアム・ファーナム
1933年

轟く凱歌

  • 1933年当年公開
  • 出演(Marley 役)

「響け応援歌」「黄金の唄女」のメアリー・カーライルと「密林の王者」「森の男(1933)」のバスター・クラブ、「猛獣島」「歓呼の涯」のチャールズ・スターレットが共演する映画出ジョージ・ワグナーの原作を「リオ・リタ」のルーサー・リードが「象狩り二人行脚」のアルバート・デモンドと共同して脚色し、新人エドウィン・L・マリンが監督にあたり、「ショウ・ボーイ」のギルバート・ウォーレントンが撮影した。助演者はフローレンス・レイク、エディ・タンブリン、サリー・スターなど。

監督
エドウィン・L・マリン
出演キャスト
バスター・クラブ メアリー・カーライル チャールズ・スターレット フローレンス・レイク

猛獣島

  • 1933年当年公開
  • 出演(Gordon_Wayne 役)

「私重役様よ」「処女読本(1932)」のアニタ・ペイジと「歓呼の涯」「空の花嫁」のチャールズ・スターレットが主演する映画で、かつて映画女優だったリー・ベイアードが原作を書き「ロスト・ワールド」のハリー・O・ホイルがアルバート・ケリーと共同監督し、ハリー・ジャックソンが撮影したもの。助演者は「ロイドの活動狂」のケネス・トンプスン、エディ・ボーデン、クラレンス・ゲルダー等である。

監督
ハリー・O・ホイト
出演キャスト
アニタ・ペイジ チャールズ・スターレット ケネス・トンプソン エディ・ボーデン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・スターレット