映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉川英治

年代別 映画作品( 1950年 ~ 2006年 まで合計55映画作品)

1954年

鳴門秘帖 前篇(1954)

  • 1954年5月10日(月)公開
  • 原作

戦後は大映=新演技座で「甲賀屋敷」(四十九年)として映画化された事もある吉川英治原作の再映画化。「学生五人男」の棚田吾郎=舟橋和郎の脚本を「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の渡辺邦男が監督している。出演者は「暁の三十八番斬り」の市川右太衛門、「少年姿三四郎 第一部山岳の決闘 第二部大川端の決闘」の宇治みさ子、「殴り込み二十八人衆」の花柳小菊、「三代目の若旦那」の高千穂ひづるなど。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
市川右太衛門 花柳小菊 高松錦之助 宇治みさ子

ひよどり草紙(1954)

  • 1954年2月10日(水)公開
  • 原作

昨年宝プロで映画化(監督加藤泰)された吉川英治もの。「初笑い寛永御前試合」の八住利雄が脚色、「天馬往来」の内出好吉が監督にあたった。「お嬢さん社長」の美空ひばり、東京歌舞伎の若手中村錦之助(映画初出演)、「唐人お吉」の嵯峨美智子、「北海の虎」の花柳小菊などが出演している。

監督
内出好吉
出演キャスト
美空ひばり 中村錦之助 花柳小菊 川田晴久
1953年

急襲桶狭間

  • 1953年9月30日(水)公開
  • 原作

「新書太閤記 流転日吉丸」につづく吉川英治の新書太閤記の映画化でスタッフは概ね前作と同じだが、監督、音楽「朝焼け富士 (前篇)」「朝焼け富士 (後篇)」の松田定次、深井史郎が変った顔ぶれである。「神変あばれ笠 前後篇」の市川右太衛門、「妻の喜び」の夏川静江、「青空大名」の進藤英太郎、「天馬往来」の龍崎一郎、「続々魚河岸の石松」の河津清三郎、「早稲田大学」の山根寿子、「鞍馬天狗と勝海舟」の岡譲二等が主な出演者である。

監督
松田定次
出演キャスト
市川右太衛門 伊東亮英 夏川静江 小崎正彦

新書太閤記 流転日吉丸

  • 1953年5月13日(水)公開
  • 原作

吉川英治の原作を「蛇と鳩」のコンビ棚田吾郎、舟橋和郎が脚色し、「鞍馬天狗 疾風雲母坂」の萩原遼、「朝焼け富士 (前篇)」「朝焼け富士 (後篇)」の川崎新太郎がそれぞれ監督、撮影にあたった。音楽は「岸壁」の黛敏郎。時代考証を「雨月物語」の甲斐庄楠音が担当している。市川右太衛門、月形龍之介、田中絹代のほか岡田英次、徳大寺伸、信欣三などが出演、なお日吉丸には東宝の新人石井一雄が扮している。

監督
萩原遼
出演キャスト
市川右太衛門 石井一雄 信欣三 山形勲
1952年

神州天馬侠(1952)

  • 1952年12月11日(木)公開
  • 原作

昔『少年倶樂部』に連載された吉川英治の同名の小説の再映画化。脚色は「腰抜け巌流島」の民門敏雄、監督は「勘太郎月夜唄」でデビューした田坂勝彦、撮影は牧田行正が当っている。出演者の主なものは、「花嫁花婿チャンバラ節」の長谷部健、「白蘭紅蘭」の沢村晶子、「大あばれ孫悟空」の坂東好太郎、若杉曜子、羅門光三郎、ほかに黒川弥太郎、荒木忍などである。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
長谷部健 沢村晶子 若杉曜子 坂東好太郎

ひよどり草紙(1952)

  • 1952年10月23日(木)公開
  • 原作

「清水港は鬼より怖い」に次ぐ東映と宝プロの提携作品で製作は高村將嗣、企画は衛藤一とマキノ眞三である。吉川英治の原作から野島信吉が脚色し、「清水港は鬼より怖い」の加藤泰が監督に当っている。出演者の主なものは「浮雲日記」の重光彬、「天狗の源内」の江見渉、「ひめゆりの塔(1953)」の河野秋武、「二つの処女線」の星美千子、ニュウ・フェースの故里ひびきなどである。

監督
加藤泰
出演キャスト
重光彬 江見渉 沢村マサヒコ 河野秋武

柳生の兄弟

  • 1952年8月28日(木)公開
  • 原作

製作は「月形半平太(1952)」で小倉浩一郎と共力した市川哲夫で、吉川英次の原作から、「利根の火祭」の柳川真一が脚本を書き、「月形半平太(1952)」の内出好吉が監督に当っている。撮影は「魔像(1952)」の石本秀雄。出演者の主なものは、「風の噂のリル」の水島道太郎、「お染半九郎」の北上弥太朗、「丹下左膳(1952)」の喜多川千鶴、「新婚の夢」の草間百合子などで、薄田研二、戸上城太郎、海江田譲二などが助演している。

監督
内出好吉
出演キャスト
薄田研二 水島道太郎 北上弥太朗 喜多川千鶴

治郎吉格子

  • 1952年2月22日(金)公開
  • 原作

製作は「稲妻草紙」の小倉浩一郎で、吉川英治の原作から「大江戸五人男」の伊藤大輔が脚色、監督したものである。撮影は同じく「大江戸五人男」石本秀雄である。出演者は「銭形平次・恋文道中」の長谷川一夫の二役に「この春初恋あり」の高峰三枝子、「歌くらべ青春三銃士」の岸恵子のほか、進藤英太郎、河野秋武、市川小太夫、特別出演のミス・ワカサなどである。

監督
伊藤大輔
出演キャスト
長谷川一夫 高峰三枝子 岸恵子 進藤英太郎
1951年

剣難女難 剣光流星の巻

  • 1951年11月30日(金)公開
  • 原作

「十六文からす堂 千人悲願」と同じく、高村將嗣の製作による新東宝と宝プロとの提携作品。市川英治の原作から、「十六文からす堂 千人悲願」の木下籐吉が脚色、加藤泰の監督で、「神変美女峠」の藤井春美が撮影に当っている。出演者は「十六文からす堂 千人悲願」の黒川弥太郎、市川春代、春日あけみ、澤村國太郎などのほかに徳川夢声、阿部九洲男、川喜多小六などである。

監督
加藤泰
出演キャスト
黒川弥太郎 堀正夫 阿部九洲男 川喜多小六

剣難女難 女心転心の巻

  • 1951年11月16日(金)公開
  • 原作

「十六文からす堂 千人悲願」と同じく、高村將嗣の製作による新東宝と宝プロとの提携作品。市川英治の原作から、「十六文からす堂 千人悲願」の木下籐吉が脚色、加藤泰の監督で、「神変美女峠」の藤井春美が撮影に当っている。出演者は「十六文からす堂 千人悲願」の黒川弥太郎、市川春代、春日あけみ、澤村國太郎などのほかに徳川夢声、阿部九洲男、川喜多小六などである。

監督
加藤泰
出演キャスト
黒川弥太郎 堀正夫 阿部九洲男 川喜多小六
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉川英治