映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉川英治

年代別 映画作品( 1950年 ~ 2006年 まで合計55映画作品)

1973年

宮本武蔵(1973)

  • 1973年7月14日(土)
  • 原作

吉川英治の同名小説の映画化。動乱の時代、野望に満ちた青年・武蔵の闘争のドラマを厳流島における佐々木小次郎との決闘まで描く。脚本は「花と竜 青雲篇 愛憎篇 怒濤篇」の野村芳太郎と山下清泉、監督も同作の加藤泰、撮影も同作の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
加藤泰
出演キャスト
高橋英樹 田宮二郎 松坂慶子 倍賞美津子
1971年

真剣勝負

  • 1971年2月20日(土)
  • 原作

宮本武蔵と宍戸梅軒を中心に、梅軒の女房とその子のほぼ四人に話をしぼり、梅軒の鎖鎌に対して武蔵が二刀流を開眼するまでを、全体を約八割の立ち廻りシーンにし、かつ武蔵が梅軒の家を訪れる夕刻から、翌日の夕刻までの二十四時間の出来事を、セミ・ドキュメンタリータッチで描く。内田吐夢監督の遺作となった。脚本は「幕末」の伊藤大輔。撮影は「その人は女教師」の黒田徳三がそれぞれ担当。

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 三國連太郎 沖山秀子 松山秀明
1965年

宮本武蔵 巌流島の決斗

  • 1965年7月24日(土)
  • 原作

吉川英治原作から第一作の「宮本武蔵(1961)」以来コンビの鈴木尚之、内田吐夢が共同で脚色、内田吐夢が監督した「宮本武蔵」シリーズの完結篇。撮影も「宮本武蔵 二刀流開眼」の吉田貞次

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 入江若葉 木村功 浪花千栄子
1964年

宮本武蔵 一乗寺の決斗

  • 1964年1月1日(水)
  • 原作

吉川英治の同名小説を「宮本武蔵 二刀流開眼」の鈴木尚之、内田吐夢が共同で脚色、内田吐夢が監督した文芸もの。撮影もコンビの吉田貞次。

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 入江若葉 木村功 浪花千栄子
1963年

雲切獄門帳

  • 1963年8月27日(火)
  • 原作

吉川英治原作”雲切閻魔帖”より「風速七十五米」の高岩肇が脚色、「最後の顔役(1963)」の佐々木康が監督した人情ドラマ。撮影は「柳生武芸帳 片目水月の剣」の松井鴻。

監督
佐々木康
出演キャスト
市川右太衛門 笠智衆 沢村精四郎 三島ゆり子
1962年

裁かれる越前守

  • 1962年4月6日(金)
  • 原作

吉川英治原作から「黒蜥蜴(1962)」の新藤兼人が脚色、「誘拐」の田中徳三が監督した異色時代劇。撮影は「雨の九段坂」の本田平三。

監督
田中徳三
出演キャスト
長谷川一夫 中村玉緒 丹阿弥谷津子 月丘夢路

宮本武蔵 般若坂の決斗

  • 1962年11月17日(土)
  • 原作

吉川英治原作を「恋や恋なすな恋」の内田吐夢と「ちいさこべ」の鈴木尚之が協同で脚色、内由吐夢が監督した剣豪もの。撮影は「酔いどれ無双剣」の坪井誠。

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 入江若葉 木村功 浪花千栄子
1961年

宮本武蔵(1961)

  • 1961年5月27日(土)
  • 原作

吉川英治の原作を「孤剣は折れず 月影一刀流」の成澤昌茂と「江戸っ子奉行 天下を斬る男」の鈴木尚之が脚色し、「妖刀物語 花の吉原百人斬り」の内田吐夢が監督した時代劇。撮影は「江戸っ子奉行 天下を斬る男」の坪井誠。

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 風見章子 入江若葉 木村功

鳴門秘帖(1961)

  • 1961年1月26日(木)
  • 原作

吉川英治の同名小説の映画化。「江戸の朝風」の高岩肇が脚色、「鉄火大名」の内出好吉が監督した。撮影は「江戸の朝風」の三木滋人。

監督
内出好吉
出演キャスト
鶴田浩二 木暮実千代 近衛十四郎 大川恵子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 吉川英治