映画-Movie Walker > 人物を探す > ルーキー新一

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1971年 まで合計11映画作品)

1971年

すいばれ一家 男になりたい

  • 1971年4月16日(金)公開
  • 出演(勝 役)

「喜劇 ギャンブル必勝法」に続く山城新伍主演喜劇。脚本は、「不良番長 口から出まかせ」の松本功。監督は「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」の鈴木則文。撮影は「カポネの舎弟 やまと魂」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
山城新伍 宮園純子 小桜京子 潮健児

未亡人殺しの帝王

  • 1971年2月25日(木)公開
  • 出演(田辺甲太郎 役)

夜の帝王が生き馬の目を抜く大阪でドケチ女と対決する。脚本は「(秘)女子大寮」の小野竜之助。監督は「不良番長 暴走バギー団」の内藤誠。撮影も同作の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 八代万智子 中村是好
1970年

不良番長 口から出まかせ

  • 1970年12月30日(水)公開
  • 出演(ジャブ 役)

「不良番長 暴走バギー団」に続く「不良番長」シリーズ第十作目。脚本は「不良番長」シリーズでずっとコンビを組んできた山本英明と松本功。監督は「やくざ刑事 マリファナ密売組織」の野田幸男。撮影も同作の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 渡瀬恒彦 ルーキー新一

新宿の与太者

  • 1970年12月18日(金)公開
  • 出演(宮川勇 役)

組織からはじき出された一匹狼の与太者が、野獣のようなむきだしの荒々しさで組織に挑みかかる現代任侠映画。脚本は「新網走番外地 大森林の決闘」の村尾昭。監督は「日本暴力団 組長くずれ」の高桑信。撮影は「女たらしの帝王」の星島一郎。

監督
高桑信
出演キャスト
菅原文太 佐藤允 ルーキー新一 菊地健一

シルクハットの大親分 ちょび髭の熊

  • 1970年11月21日(土)公開
  • 出演(呑海 役)

「シルクハットの大親分」シリーズ第二作。脚本は「人斬り観音唄」の高田宏治、監督は「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。撮影は「札つき博徒」の塚越監二がそれぞれ担当

監督
鈴木則文
出演キャスト
若山富三郎 伊吹吾郎 北龍二 橘ますみ
1968年

妖怪百物語

  • 1968年3月20日(水)公開
  • 出演(新吉 役)

「大魔神逆襲」の吉田哲郎がシナリオを執筆し、「やくざ坊主」の安田公義が監督した怪談。撮影は「秘録おんな牢」の竹村康和。

監督
安田公義
出演キャスト
藤巻潤 高田美和 平泉征 坪内ミキ子
1967年

浪花侠客 度胸七人斬り

  • 1967年8月26日(土)公開
  • 出演(小西三郎 役)

石本久吉の原案から、「昭和残侠伝 血染の唐獅子」のコンビの鈴木則文と鳥居元宏が共同で脚本を執筆し、「博奕打ち 一匹竜」の小沢茂弘が監督した任侠もの。撮影は「日本暗黒史 血の抗争」の鈴木重平。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
鶴田浩二 北林早苗 松尾嘉代 天津敏
1966年

スチャラカ社員

  • 1966年8月13日(土)公開
  • 出演(都田物産社員 役)

香川登志緒の原作を「調子のいい奴 いたずらの天才」の若井基成と、「ちんころ海女っこ」の前田陽一、「てなもんや東海道」の沢田隆治が共同で脚色し、同じく「ちんころ海女っこ」の前田陽一が監督した喜劇。撮影は「涙にさよならを」の竹村博。

監督
前田陽一
出演キャスト
ミヤコ蝶々 長門勇 中田ダイマル 中田ラケット

大忍術映画 ワタリ

  • 1966年7月21日(木)公開
  • 出演(ドンコ 役)

白土三平の同名漫画「ワタリ」を、「隠密剣士」の伊上勝と西村俊一が共同でシナリオを執筆、コンビの船床定男が監督した忍者もの。「十七人の忍者 大血戦」の赤塚滋と「女犯破戒」の国定玖仁男が共同撮影。

監督
船床定男
出演キャスト
金子吉延 牧冬吉 内田朝雄 大友柳太朗

日本一のゴリガン男

  • 1966年3月16日(水)公開
  • 出演(小熊 役)

「続社長行状記」の笠原良三がオリジナル・シナリオを執筆、「大冒険」の古沢憲吾が監督した“日本一”シリーズ第三作目。撮影は「クレージーの無責任清水港」の小泉福造。

監督
古沢憲吾
出演キャスト
植木等 進藤英太郎 浜美枝 藤村有弘
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルーキー新一