映画-Movie Walker > 人物を探す > 謙昭則

年代別 映画作品( 1970年 ~ 1974年 まで合計3映画作品)

1974年

人間であるために

  • 1974年4月24日(水)公開
  • 出演(哲夫 役)

大阪の一老弁護士が提起し、その後、東京の青年弁護士がうけついだ、いわゆる「原爆裁判」を描き、現在大きな社会問題となっている被爆者に対する援護及び補償問題を追求する。脚本・監督は高木一臣、撮影は幸田守雄。

監督
高木一臣
出演キャスト
伊藤雄之助 中野誠也 松山省二 長浜藤夫
1972年

湯けむり110番 いるかの大将

  • 1972年8月12日(土)公開
  • 出演(八十島高雄 役)

イルカの住みついた海辺の町を舞台に、海軍気狂いと親しまれ、人情味あふれる警察署の次長を中心に、様々な珍事件の展開を描く人情喜劇。原作は阿川弘之の小説「いるかの学校」の映画化。脚本は松本ひろしと葉村彰子の共同執筆。監督は「喜劇 各駅停車」の井上和男、撮影は「日本一のショック男」の鷲尾馨がそれぞれ担当。

監督
井上和男
出演キャスト
森繁久彌 風見章子 望月真理子 謙昭則
1970年

若者の旗

  • 1970年11月28日(土)公開
  • 出演(努 役)

「若者たち」「若者はゆく -続若者たち-」に続く第三作。脚本、監督、撮影も前作と同じく、山内久、森川時久、宮島義勇がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
田中邦衛 橋本功 山本圭 佐藤オリエ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 謙昭則