映画-Movie Walker > 人物を探す > 山内修

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1972年 まで合計25映画作品)

1972年

狼やくざ 葬いは俺が出す

  • 1972年11月17日(金)公開
  • 出演(石神 役)

“狼やくざ”シリーズ第二作目。麻薬取引きで甘い汁を吸っている強大な暴力団に、ひと癖もふた癖もある七人の命知らずの男たちが挑む。脚本は中西隆三、監督は「緋牡丹博徒 仁義通します」の斎藤武市、撮影は「不良番長 手八丁口八丁」の山沢義一がそれぞれ担当

監督
斎藤武市
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 藤竜也 堀田真三

ギャング対ギャング 赤と黒のブルース

  • 1972年4月14日(金)公開
  • 出演(黒川 役)

実録的任侠アクションをドラマチックに描いた作品。脚本、監督は共に「博徒斬り込み隊」の佐藤純彌。撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
鶴田浩二 藤浩子 安藤昇 渡辺文雄
1971年

昭和残侠伝 吼えろ唐獅子

  • 1971年10月27日(水)公開
  • 出演(久保木 役)

「昭和残侠伝」シリーズ八作目。脚本は「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の村尾昭。監督は「現代やくざ 盃返します」の佐伯清。撮影も「新網走番外地 嵐呼ぶ知床岬」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 松原智恵子 松方弘樹

やくざ刑事 恐怖の毒ガス

  • 1971年4月16日(金)公開
  • 出演(関口の配下 役)

アクロバット・アクションを得意とする千葉真一の「刑事」シリーズ第3作。脚本は「博徒外人部隊」の神波史男、監督は、脚本も執筆している「経験」の鷹森立一。撮影は「ずべ公番長 東京流れ者」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 南利明 藤岡重慶 篠恵輔
1970年

不良番長 口から出まかせ

  • 1970年12月30日(水)公開
  • 出演(菊島 役)

「不良番長 暴走バギー団」に続く「不良番長」シリーズ第十作目。脚本は「不良番長」シリーズでずっとコンビを組んできた山本英明と松本功。監督は「やくざ刑事 マリファナ密売組織」の野田幸男。撮影も同作の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 渡瀬恒彦 ルーキー新一

やくざ刑事 マリファナ密売組織

  • 1970年10月17日(土)公開
  • 出演(日下 役)

やくざ刑事シリーズ第二作。脚本、監督は前作同様、神波史男と野田幸男のコンビ。撮影は「現代任侠道 兄弟分」の稲田喜一が担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
千葉真一 南利明 河合絃司 関山耕司
1969年

現代やくざ 与太者の掟

  • 1969年2月1日(土)公開
  • 出演(山中 役)

「新網走番外地」の村尾昭がシナリオを執筆し、「裏切りの暗黒街」の降旗康男が監督したアクションもの。撮影は「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」の星島一郎が担当した。

監督
降旗康男
出演キャスト
菅原文太 待田京介 志村喬 田村奈巳
1968年

盛り場ブルース

  • 1968年8月1日(木)公開
  • 出演(社員 役)

「喜劇 初詣列車」の舟橋和郎が脚本を執筆し、「可愛いくて凄い女」の小西通雄が監督した風俗もの。撮影は「密告 (たれこみ)」の飯村雅彦。

監督
小西通雄
出演キャスト
梅宮辰夫 野川由美子 森進一 金子信雄
1967年

懲役十八年 仮出獄

  • 1967年10月21日(土)公開
  • 出演(岩井の部下D 役)

「ギャングの帝王」のトリオの石松愛弘と降旗康男が共同でシナリオを執筆し、降旗康男が監督した“懲役十八年”シリーズ第二作目で、撮影は仲沢半次郎が担当した。

監督
降旗康男
出演キャスト
安藤昇 伊丹十三 若山富三郎 斎藤信也

渡世人

  • 1967年7月30日(日)公開
  • 出演(代貸B 役)

「三等兵親分出陣」の棚田吾郎がシナリオを執筆し、「残侠あばれ肌」の佐伯清が監督したやくざもの。撮影は「喜劇 急行列車」の飯村雅彦。

監督
佐伯清
出演キャスト
梅宮辰夫 市川和子 斎藤信也 水島道太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山内修