TOP > 映画監督・俳優を探す > 日高加月枝

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1971年 まで合計18映画作品)

1971年

君は海を見たか

  • 1971年5月5日(水)
  • 出演(谷田婦長 役)

テレビで放映された同名作品の映画化。原作・脚本は「昭和元禄 TOKYO196X年」以来、映画から遠ざかっていた倉本聰。監督は「太陽は見た」の井上芳夫。撮影は「タリラリラン高校生」の中川芳久がそれぞれ担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
天知茂 山本善郎 寺田路恵 阪口美奈子
1970年

高校生番長 深夜放送

  • 1970年10月24日(土)
  • 出演(京子の母 役)

“高校生番長”シリーズ三作目。脚本は「ボクは五才」の高橋二三。監督、撮影は「高校生ブルース」の帯盛廸彦と喜多崎晃がそれぞれ担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
八並映子 小野川公三郎 篠田三郎 北川マキ
1969年

ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども

  • 1969年5月17日(土)
  • 出演(主婦B 役)

「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の高橋二三がシナリオを執筆し、「性犯罪法入門」の帯盛迪彦が監督した喜劇。撮影は「ガメラ対大悪獣ギロン」の喜多崎晃が担当した。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
津山由起子 南美川洋子 渥美マリ 水木正子
1968年

不信のとき

  • 1968年6月29日(土)
  • 出演(主婦 役)

有吉佐和子の小説「不信のとき」を「育ちざかり」の井手俊郎が脚色し、「砂糖菓子が壊れるとき」の今井正が監督した。撮影は「大悪党」の小林節雄。

監督
今井正
出演キャスト
田宮二郎 岡田茉莉子 柳渉 若尾文子
1967年

雪の喪章

  • 1967年1月14日(土)
  • 出演(狭山家の女中 役)

水芦光子の原作を、「日本名勝負物語 講道館の鷲」の八往利雄が久々に脚色し、「眠狂四郎無頼剣」の三隅研次が監督した文芸もの。撮影は「女の賭場」の小林節雄が担当した。

監督
三隅研次
出演キャスト
若尾文子 福田豊土 吉川満子 中村玉緒
1966年

野良犬(1966)

  • 1966年11月26日(土)
  • 出演(おかみさん 役)

「続・鉄砲犬」の藤本義一がシナリオを執筆し、「青いくちづけ」の井上芳夫が監督した“犬”シリーズ七作目。撮影は「脂のしたたり」の中川芳久。

監督
井上芳夫
出演キャスト
田宮二郎 坂本スミ子 高毬子 早川保

ザ・ガードマン 東京忍者部隊

  • 1966年2月12日(土)
  • 出演(旅館おかみ 役)

「ザ・ガードマン 東京用心棒」の長谷川公之がオリジナルシナリオを執筆、「牝犬脱走」の弓削太郎が監督したサスペンスドラマ。撮影は「大怪獣ガメラ」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
宇津井健 長谷川明男 藤巻潤 小笠原良智
1965年

狸穴町0番地

  • 1965年6月12日(土)
  • 出演(女将 役)

「温泉あんま」のコンビ桜井康裕、小滝光郎、木村恵吾がシナリオを執筆、木村恵吾が監督した喜劇。撮影は「幸せなら手をたたこう」の宗川信夫。

監督
木村恵吾
出演キャスト
高田美和 花菱アチャコ 武智豊子 春川ますみ
1964年

続・高校三年生

  • 1964年8月22日(土)
  • 出演(おかみさんC 役)

森本吉彦の原案を「君たちがいて僕がいた」の池田一朗がシナリオ化「殺られる前に殺れ」の弓削太郎が監督した青春もの。撮影は「獣の戯れ」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
姿美千子 松村達雄 村田知栄子 倉石功
1963年

黒の商標

  • 1963年9月7日(土)
  • 出演(主婦 役)

邦光史郎原作“仮面の商標”より「警視庁物語 全国縦断捜査」の長谷川公之が脚色、「背広の忍者」の弓削太郎が監督した産業スパイもの。撮影は「温泉あんま」の石田博があたっている。

監督
弓削太郎
出演キャスト
宇津井健 藤由紀子 三島雅夫 高松英郎

日高加月枝の関連人物

谷謙一  此木透  白井玲子  三島愛子  志保京助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 日高加月枝

ムービーウォーカー 上へ戻る