映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・ヒーリー

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1937年 まで合計18映画作品)

1934年

大陸非常線

  • 1934年
  • 出演(Withington 役)

「夜間飛行」「舗道の雨」のロバート・モンゴメリーが「第三の恋」「快走艇」のマッジ・エヴァンスを相手に出演する映画で、フェルディナンド・ライハーとフランク・ウィードの原作を「青白い瞼」のアルバート・ハッケト及びフランセス・グッドリッチが、監督者としても手腕あるジョージ・B・サイツと協力して脚色に当たり、「暁の暴風」「第三の恋」のリチャード・ボレスラウスキーが監督し、「光は野より」のテディー・テヅラフが撮影した。助演者は「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー「豚児売りだす」のナット・ペンドルトン、「男子戦わざるべからず」のルース・セルウィン、「胡蝶となるまで」のC・ヘンリー・ゴードン等。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー マッジ・エヴァンス テッド・ヒーリー ナット・ペンドルトン

死の本塁打

  • 1934年
  • 出演(O'Toole 役)

「土曜日の大観衆」のエドワード・セジウィックが監督に当たった野球劇で、「七万人の目撃者」のコートランド・フィッツシモンズの原作を「あたしは別よ」のハーヴェイ・シュウと「快走艇」のラルフ・スペンスがジョセフ・シャーマンと共同して脚色した。主演者は「ロスチャイルド」「土曜日の大観衆」のロバート・ヤングと「大陸非常線」「第三の恋」のマッジ・エヴァンスで、「宿命の窓」のナット・べンドルトン、及びC・ヘンリー・ゴードン、「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー、「キャバレエの鍵穴」のポール・ケリー、「舌戦速射砲」のデヴィッド・ランドー、ジョー・ソーアズ、デウィット・ジェニングス等で、撮影は「麦畑を荒らす者」「めりけん音頭」のミルトン・クラスナーの担当である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ロバート・ヤング マッジ・エヴァンス ナット・ペンドルトン テッド・ヒーリー

硝煙と薔薇

  • 1934年
  • 出演(Doctor_Hitchicock 役)

「虹の都へ」「わが心の灯」と同じくマリオン・デイヴィース主演映画で、「久遠の誓い」「今日限りの命」のゲイリー・クーパーが相手役を勤める。原作はロバート・W・チェンバースの大衆小説で、「二秒間」のハーヴェイ・シュウが「酔いどれ船」の共同脚色者ゼルダ・シーアスとイヴ・グリーンと協力して脚色し、「大陸非常線」「暁の暴風」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「胡蝶となるまで」「虹の都へ」のジョージ・フォルシーが撮影した。助演者は「若草物語(1933)」のジーン・パーカー、「恋も木から落ちる」のキャサリン・アレクサンダー、「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー、「かたみの傑作」のラッセル・ハーディー、「豪華船」のヘンリー・ウォヅウォース、「世界は還る」のダグラス・ダンブリル等。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
マリオン・デイヴィス ゲイリー・クーパー ジーン・パーカー キャサリン・アレクサンダー
1933年

爆弾の頬紅

  • 1933年
  • 出演(Junior 役)

「春の火遊び」「晩餐八時」のジーン・ハーロウと「舌戦速射砲」「晩餐八時」のリー・トレイシーが出演する映画で、キャロライン・フランクとマック・クレイン合作の喜劇を「ブロンド・ヴィナス」「上海特急」のジュールス・ファースマンと「世界ボクシング王」「エスキモー(1934)」のジョン・リー・メインとが共同脚色し「ホワイト・シスター(1933)」「紅塵」のヴィクター・フレミングが監督に当たり、「春の火遊び」のハロルド・ロッソンと「バッド・ガール」のチェルター・ライオンズが共同で撮影を担当した。助演者は「舌戦速射砲」のフランク・モーガン、「南風」のフランチョット・トーン、「失踪者三万人」のパット・オブライエンを始め、ユーナ・マーケル、イヴァン・レベデフ、テッド・ヒーリー、イソベル・ジュウエル等である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ジーン・ハーロウ リー・トレイシー フランク・モーガン フランチョット・トーン

ダンシング・レディ

  • 1933年
  • 出演(Steve 役)

「グランド・ホテル」「雨」のジョーン・クローフォードと「夜間飛行」「ホワイト・シスター(1933)」のクラーク・ゲーブルが主演する映画で、ジェームズ・ワーナー・ベラ作の小説を「駄法螺男爵」と同じくアレン・リヴキンとP・J・ウルフソンが共同脚色し、「スザン・レノックス」のロバート・Z・レナードが監督にあたり、「雨」「夜間飛行」のオリヴァー・マーシュが撮影した。助演者は「南風」「爆弾の頬紅」のフランチョット・トーン、「一日だけの淑女」のメイ・ロブソン、「空中レヴュー時代」のフレッド・アステア、「四十八手の裏表」のウィニー・ライトナー、ロバート・ベンチリー、「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー、グローリア・フォーイ、グラント・ミッチェル等で、ダンス振り付けは「素晴らしき人生」のサミー・リーと「ボレロ」のエディ・ブリンツが共同している。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ジョーン・クロフォード クラーク・ゲーブル フランチョット・トーン メイ・ロブソン

駄法螺男爵

  • 1933年
  • 出演(Ted 役)

ミュージカル・コメディー界のスタージャック・パールが「キートンの麦酒王」のジミー・デューランドと共演する喜劇で、パールが放送で大当たりを取ったラジオ・ドラマ「晩餐八時」のハーマン・J・マンキーウィッツと「アフリカは笑ふ」のノーマン・クラスナが共同してソトーリーを書き、「駄々っこキャグニー」と同じくアレン・リヴキンとP・J・ウルフソンが共同脚色し、「女性暴君」「紅蘭」のウォルター・ラングが監督に当たり、「ハリウッドは大騒ぎ」のアレン・G・シーグラーが撮影下。助演者は「ナイヤガラ珍婚旅行」のザス・ピッツ、「胡蝶となるまで」のテッド・ヒーリー、「不思議の国のアリス(1933)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「失踪者三万人」のヘンリー・コルカー、ベン・バード、ウィリアム・B・デイヴィッドソン等である。

監督
ウォルター・ラング
出演キャスト
ジャック・パール ジミー・デューラント ザス・ピッツ テッド・ヒーリー

踊り子の母

  • 1933年
  • 出演(Ralph_Martin 役)

「蒼白いまぶた」「街の野獣(1932)」のチャールズ・ブレイビンが監督したもので「ニューヨーク・ハリウッド」のアリス・ブラディが「南風」のフランチョット・トーン、「酔いどれ船」のモーリン・オサリヴァン、「蒼白いまぶた」のフィリップス・ホームス、「ニューヨーク・ハリウッド」のラッセル・ハーディー及びテッド・ヒーリーを相手に主演する。原作はブラッドフォード・ロープスの小説で「世界ボクシング王」のジョン・ミーハンと共同して自ら脚色した。撮影は「暁の暴風」のジョージ・フォルシーである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
アリス・ブラディ モーリン・オサリヴァン フランチョット・トーン フィリップス・ホームス
1930年

ルンペンの天国

  • 1930年
  • 出演(Teddy 役)

「1930年フォックス・フォリース」「ハッピイ・デイス」と同じくベンジャミン・ストロフ監督作品で、漫画家として名あるルーブ・ゴールドバーグが原作、台詞を執筆し「友愛天国」「ドノヴァン」のハワード・J・グリーンが脚色した。主役は米国ヴォードヴィル界の一方の雄たるテッド・ヒーリーが演じ、「キング・オブ・ジャズ」「有頂天時代(1930)」のスタンリー・スミス、ニューヨーク喜劇女優のフランセス・マッコーイ、「曠原の血煙」のルシル・ブラウン、舞台俳優チャールズ・ウィニンジャー等が助演している。カメラは「ハヴァナから来た女」「紐育萬華響」のジョセフ・ヴァレンタインが担当している。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
テッド・ヒーリー フランセス・マッコーイ スタンリー・スミス ルシル・ブラウン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ

アナと雪の女王2
アナと雪の女王2

2014年に日本公開されたディズニーの人気アニメーション『アナと雪の女王』の続編

アイリッシュマン
アイリッシュマン

マーティン・スコセッシ監督×ロバート・デ・ニーロ主演、実在した殺し屋の半生を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > テッド・ヒーリー