映画-Movie Walker > 人物を探す > 花菱アチャコ

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1970年 まで合計166映画作品)

1970年

仁鶴・可朝・三枝の 男三匹やったるでぇ!

  • 1970年9月15日公開
  • 出演(姫島 役)

万国博でにぎわう大阪を舞台に、仁鶴、可朝、三枝の人気タレント落語家が主演する上方喜劇。脚本は「大日本スリ集団」の藤本義一と林禧男、監督の長谷和夫が共同執筆。監督は「戦いすんで日が暮れて」の長谷和夫。撮影は同作の平瀬静夫がそれぞれ担当。

監督
長谷和夫
出演キャスト
笑福亭仁鶴 月亭可朝 桂三枝 ミヤコ蝶々
1965年

狸穴町0番地

  • 1965年6月12日公開
  • 出演(泥八 役)

「温泉あんま」のコンビ桜井康裕、小滝光郎、木村恵吾がシナリオを執筆、木村恵吾が監督した喜劇。撮影は「幸せなら手をたたこう」の宗川信夫。

監督
木村恵吾
出演キャスト
高田美和 花菱アチャコ 武智豊子 春川ますみ
1963年

続・てなもんや三度笠

  • 1963年10月13日公開
  • 出演(ハリス 役)

香川登志緒の原作より、沢田隆治、鈴木則文が共同で脚色、「柳生武芸帳 剣豪乱れ雲」の内出好吉が監督した喜劇。撮影は「てなもんや三度笠」の羽田辰治。

監督
内出好吉
出演キャスト
藤田まこと 白木みのる 香山武彦 吉田義夫

続雲の上団五郎一座

  • 1963年7月28日公開
  • 出演(山内 役)

菊田一夫原作を「ガンパー課長」の矢田良と蓮池義雄が共同で脚色、「風流温泉 番頭日記」の青柳信雄が監督した喜劇。撮影もコンビの安本淳が担当。

監督
青柳信雄
出演キャスト
榎本健一 浜美枝 三木のり平 八波むと志

てなもんや三度笠

  • 1963年6月9日公開
  • 出演(清水次郎長 役)

テレビの連続コメディ、香川登志緒原作を「いれずみ半太郎」の野上龍雄が脚色、「夜霧の上州路」の内出好吉が監督した時代喜劇。撮影は「唄祭り赤城山」の羽田辰治。

監督
内出好吉
出演キャスト
藤田まこと 白木みのる 大泉滉 平参平

恋と出世に強くなれ!

  • 1963年2月17日公開
  • 出演(三好宣伝部長 役)

「泣いて笑った花嫁」の菅野昭彦が脚本を執筆、「咲子さんちょっと」の酒井欣也が監督した青春喜劇。撮影は「七人の刑事」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
吉田輝雄 福岡正剛 環三千世 牧紀子
1962年

新・狐と狸

熊王徳平原作「甲州商人」より、「花影」の菊島隆三が脚色、「続サラリーマン清水港」の松林宗恵が監督したコミカル・ドラマ。撮影は「夜の傾斜」の鈴木斌。日本喜劇人協会結成記念。

監督
松林宗恵
出演キャスト
伴淳三郎 池内淳子 団令子 加東大介

おへその大将

  • 1962年6月20日公開
  • 出演(宗やん 役)

「世界大戦争」の木村武と「貸間あり」の藤本義一が共同で脚本を執筆、「はぐれ念仏 歓喜まんだら」の佐伯幸三が監督した社会ドラマ。撮影もコンビの黒田徳三。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
フランキー堺 新珠三千代 船戸順 桂洋子

雲の上団五郎一座

  • 1962年4月15日公開
  • 出演(万善五郎 役)

菊田一夫原作の同名舞台劇から「アワモリ君西へ行く」のコンビ、長瀬喜伴と新井一が共同で脚色、「サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点」の青柳信雄が監督した喜劇。撮影もコンビの鈴木斌。パースペクタ立体音響。

監督
青柳信雄
出演キャスト
フランキー堺 水谷良重 榎本健一 三木のり平

はぐれ念仏 歓喜まんだら

  • 1962年2月24日公開
  • 出演(三来和尚 役)

寺内大吉原作の『はぐれ念仏』を、「喜劇 駅前弁当」の長瀬喜伴が脚色。「河内風土記 続おいろけ説法」の佐伯幸三が監督したお色気もの。撮影は「喜劇 駅前弁当」の黒田徳三。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
フランキー堺 原知佐子 吉川満子 児玉清
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 花菱アチャコ

ムービーウォーカー 上へ戻る