映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村豊幸

年代別 映画作品( 1965年 ~ 2009年 まで合計11映画作品)

2009年

初恋 夏の記憶

  • 2009年3月28日(土)
  • 製作進行/プロダクション・マネージャー

ロシアの文豪ツルゲーネフの「初恋」を、多岐川華子主演で映画化したドラマ。引っ越した先で出会った少女に惹かれた少年が、恋とはなにかを悟ってゆく姿を詩的に映し出す。

監督
野伏翔
出演キャスト
多岐川華子 山田健太 石黒賢 麻生祐未
1971年

激動の昭和史 沖縄決戦

  • 1971年8月14日(土)
  • 出演(少年兵 役)

沖縄戦を舞台に、十万の軍人と十五万の民間人の運命を描く。脚本は「裸の十九才」の新藤兼人。監督は「座頭市と用心棒」の岡本喜八。撮影は「学園祭の夜 甘い経験」の村井博がそれぞれ担当。1971年7月17日より、東京・日比谷映画にて先行ロードショー。

監督
岡本喜八
出演キャスト
小林桂樹 丹波哲郎 仲代達矢 森幹太

夕日くん サラリーマン脱出作戦

  • 1971年4月15日(木)
  • 出演(小川 役)

“夕日くん”シリーズ第3作。脚本は、「若大将対青大将」の田波靖男。監督は「俺の空だぜ! 若大将」で昨年にデビューした小谷承靖の2作目。撮影は市原康至がそれぞれ担当。

監督
小谷承靖
出演キャスト
なべおさみ 伴淳三郎 七尾伶子 紀比呂子

幻の殺意

  • 1971年4月15日(木)
  • 出演(小針安夫 役)

平和で明るい生活を営んでいた家庭が、一つの事件をきっかけにガタガタに崩れ去ってしまう。結城昌治の「幻影の絆」を「新選組(1969)」の沢島忠が監督し、沢島忠と岡本育子が共同執筆した。撮影は「走れ!コウタロー 喜劇・男だから泣くサ」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
沢島正継
出演キャスト
小林桂樹 若尾文子 十八代目中村勘三郎 吉沢京子
1970年

バツグン女子高校生 そっとしといて16才

  • 1970年11月14日(土)
  • 出演(林丹平 役)

「バツグン女子高校生 16才は感じちゃう」に続く“16才シリーズ”第二作。脚本・監督・撮影は「バツグン女子高校生 16才は感じちゃう」、の長野洋と松森健、安本英がそれぞれ担当。

監督
松森健
出演キャスト
吉沢京子 柴田てる彦 黒沢年雄 岸ユキ

バツグン女子高校生 16才は感じちゃう

  • 1970年8月14日(金)
  • 出演(木村八郎 役)

「娘ざかり」の松森健が監督した学園青春コメディ。「幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」の長洋野が脚本を執筆し、「不思議な仲間」の安本英が撮影を担当した。

監督
松森健
出演キャスト
黒沢年雄 夏木陽介 内藤洋子 吉沢京子
1969年

娘ざかり

  • 1969年12月6日(土)
  • 出演(岡村竹男 役)

長野洋と「死ぬにはまだ早い」の小寺朝が脚本を共同執筆、「燃えろ!青春」の松森健が監督した青春もの。撮影は「続社長えんま帖」の鈴木斌が担当。

監督
松森健
出演キャスト
有島一郎 露原千草 内藤洋子 夏木陽介

赤毛

  • 1969年10月10日(金)
  • 出演(弥五少年 役)

「喜劇 駅前開運」の広沢栄と「肉弾」の岡本喜八がシナリオを共同執筆し、岡本喜八が監督した時代劇。「弾痕」の斎藤孝雄が撮影を担当した。

監督
岡本喜八
出演キャスト
三船敏郎 寺田農 高橋悦史 岩下志麻
1968年

燃えろ!青春

  • 1968年12月19日(木)
  • 出演(成島元 役)

「コント55号 世紀の大弱点」の松木ひろしが脚本を執筆し「空想天国」の松森健が監督した青春もの。撮影は「若者よ挑戦せよ」の西垣六郎が担当した。

監督
松森健
出演キャスト
黒沢年雄 竜雷太 夏木陽介 十朱久雄
1966年

これが青春だ!

  • 1966年12月17日(土)
  • 出演(高木良吉 役)

「太平洋奇跡の作戦 キスカ」の須崎勝弥がシナリオを執筆し、チーフ助監督やテレビ映画の監督をしていた松森健の第一回監督作品である。撮影は「エレキの若大将」の西垣六郎。

監督
松森健
出演キャスト
夏木陽介 藤山陽子 十朱久雄 田中春男
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
僕と世界の方程式
僕と世界の方程式

国際数学オリンピックで金メダルを目指す少年の姿を描く実話ベースの青春ストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 木村豊幸