TOP > 人物を探す > 藤山竜一

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1970年 まで合計47映画作品)

1970年

激動の昭和史 軍閥

  • 1970年8月11日(火)
  • 出演(広田弘毅 役)

激動の時代を生きた日本人の魂の真実を描こうとした「日本のいちばん長い日」につづく“激動の昭和史”シリーズ第二作。新名丈夫著『政治』をもとに、「続社長学ABC」の笠原良三が脚本を書き、「狙撃」の堀川弘通が監督した。撮影は「待ち伏せ」の山田一夫が担当。全国公開は1970年9月12日より。

監督
堀川弘通
出演キャスト
中村又五郎 小林桂樹 中谷一郎 垂水悟郎
1969年

さくら盃 仁義

  • 1969年8月23日(土)
  • 出演(尾山親分 役)

「昇り竜やわ肌開帳」の山崎巌の脚本を、「ザ・テンプターズ 涙のあとに微笑みを」の内川清一郎が監督したさくら盃シリーズ第二作。撮影は「夜の最前線 東京女地図」の萩原泉が担当。

監督
内川清一郎
出演キャスト
北島三郎 村田英雄 高橋英樹 梶芽衣子
1966年

昭和残侠伝 一匹狼

  • 1966年7月9日(土)
  • 出演(彦造 役)

「流れ者仁義」を共同執筆した山本英明と、松本功が今度も二人でシナリオを執筆。「昭和最大の顔役」の佐伯清が監督した「昭和残侠伝シリーズ」第三作。撮影は、「続・おんな番外地」の星島一郎が担当した。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 池部良 富司純子 島田正吾
1965年

昭和残侠伝

  • 1965年10月1日(金)
  • 出演(竹林斎 役)

「暗黒街仁義」の村尾昭と「夢のハワイで盆踊り」の山本英明、それに松本功が共同でシナリオを執筆、「刑事 (デカ)」の佐伯清が監督した侠客もの。撮影は「暗黒街仁義」の星島一郎。

監督
佐伯清
出演キャスト
高倉健 三田佳子 伊井友三郎 中田博久

悪太郎伝 悪い星の下でも

  • 1965年8月25日(水)
  • 出演(中川 役)

今東光の原作を「日本一のゴマすり男」の笠原良三が脚色「春婦伝」の鈴木清順が監督した“悪太郎伝”シリーズ第一作。撮影もコンビの永塚一栄。

監督
鈴木清順
出演キャスト
山内賢 多々良純 初井言栄 和泉雅子
1963年

暴力街(1963)

  • 1963年3月9日(土)
  • 出演(今泉 役)

「狙い射ち無頼漢」の直居欽哉と横山保朗が共同で脚本を執筆、「第八空挺部隊 壮烈鬼隊長」の小林澄夫が監督したアクションもの。撮影は「裏切者は地獄だぜ」の西川庄衛。

監督
小林恒夫
出演キャスト
高倉健 江原真二郎 三田佳子 菅井一郎

警視庁物語 ウラ付け捜査

  • 1963年2月10日(日)
  • 出演(七福屋番頭 役)

「七人の刑事」の長谷川公之が脚本を執筆、「考える葉」の佐藤肇が監督した警視庁シリーズの第二十話。撮影は「東京アンタッチャブル」の仲沢半次郎。

監督
佐藤肇
出演キャスト
神田隆 堀雄二 花澤徳衛 南廣
1962年

サラリーマン一心太助

  • 1962年6月3日(日)
  • 出演(運輸次官 役)

「ひばり・チエミの弥次喜多道中」の鷹沢和善と「新婚シリーズ 月給日は嫌い」の若井基成が共同で脚本を執筆。「ひばり・チエミの弥次喜多道中」の沢島忠が監督したサラリーマン喜劇。撮影は「脱出」の藤井静。

監督
沢島正継
出演キャスト
中村嘉葎雄 進藤英太郎 三田佳子 渥美清

最初が肝心

  • 1962年2月7日(水)
  • 出演(水戸英男 役)

前作「新婚シリーズ 月給日は嫌い」のスタッフと同じ。

監督
日高繁明
出演キャスト
今井健二 中原ひとみ 南廣 八代万智子

新婚シリーズ 月給日は嫌い

  • 1962年1月23日(火)
  • 出演(水戸英男 役)

「石松社員は男でござる」の若井基成が脚本を書き、「腕まくり七色娘」の日高繁明が監督した明朗喜劇。撮影は新人小沢義一。

監督
日高繁明
出演キャスト
今井健二 中原ひとみ 南廣 八代万智子

藤山竜一の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/5更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 藤山竜一