映画-Movie Walker > 人物を探す > マリー・ウィルソン

年代別 映画作品( 1936年 ~ 1963年 まで合計6映画作品)

1963年

H氏のバケーション

  • 1963年7月6日(土)公開
  • 出演(Mrs._Turner 役)

エドワード・ストリーターの小説「ホッブス氏の休暇」を「怒りの葡萄」のナナリー・ジョンソンが脚色し、「フラワー・ドラム・ソング」のヘンリー・コスターが監督したコメディ。撮影は「ステート・フェア(1962)」のウィリアム・C・メラー、音楽は「酒とバラの日々」のヘンリー・マンシーニ。出演者は「西部開拓使」のジェームズ・スチュアート、「荒野のガンマン」のモーリン・オハラ、「史上最大の作戦」のフェビアン、ジョン・サクソンなど。製作はジェリー・ウォルド。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
ジェームズ・スチュアート モーリーン・オハラ フェビアン ジョン・サクソン
1948年

恋愛放送

  • 1948年5月公開
  • 出演(Rosalind 役)

「姉妹と水兵」「町の人気者」のヴァン・ジョンソン主演するミュージカルで「百万人の音楽」「姉妹と水兵」のジョー・パスターナクが製作した。「恋の十日間」の脚色者チャールズ・マーティンがレスリー・カアドスと協力して執筆した脚本からマーティンが監督に当たり「ブーム・タウン」のハロルド・ロッソンと「姉妹と水兵」のロバート・サーティースが撮影を監督、音楽は「百万人の音楽」「姉妹と水兵」のジョージ・ストールが指揮した。主役のヴァン・ジョンソンと組んで「迷える天使」のキーナン・ウィンが出演し、英国から来た新人パット・カークウッド、エドワード・アーノルド、「百万人の音楽」のマリー・ウィルソン「湖中の女」のレオン・エイムス「育ち行く年」のセレナ・ロイルらが助演するほかガイ・ロンバードとその楽団、ザヴァア・スガアとその楽団が出演する。1945年の作品。

監督
チャールズ・マーティン
出演キャスト
ヴァン・ジョンソン キーナン・ウィン パット・カークウッド ガイ・ロンバード
1947年

百万人の音楽

  • 1947年5月公開
  • 出演(Marie 役)

「緑のそよ風」「迷える天使」のマーガレット・オブライエン、 ピアニストで指揮者のホセ・イタービ、「鼻」のジミー・デューラント、新人スタアのジューン・アリソン、「迷える天使」のマーシャ・ハントが主演する映画で、マイルス・コノリーの書下ろし脚本により「オーケストラの少女」「天使の花園」のヘンリー・コスターが監督した。撮影は「緑のそよ風」のロバート・サーティースの担当である。

監督
ヘンリー・コスター
出演キャスト
マーガレット・オブライエン ホセ・イタービ ジミー・デューラント ジューン・アリソン
1938年

婚約リレー

  • 1938年当年公開
  • 出演(Myrtle 役)

「真実の告白」「スイング」のキャロル・ロムバートと「薔薇のワルツ」「グレート・ワルツ」のフェルナン・グラヴェが主演する映画で、「中国ランプの石油」「風雲児アドヴァース」のマーヴィン・ルロイが制作・監督し、「真実の告白」「スイング」のテッド・テプラフが撮影したもの。原作はナンシー・ハミルトン、ジェームズ・シュート及びローズメリー・ケイシーが合作した喜劇で、「春を手さぐる」「処女散歩」のハーバート・フィールズと「魔の航空路」のジョセフ・フィーツヅとが協力脚色し、「マルクス一番乗り」のアーウィング・プレチャーガ芸詞書いている。助演者は「気侭時代」「新婚道中記」のラルフ・ベラミー、「デッド・エンド」のアレン・ジェンキンス、「見えざる脅威」のマリー・ウィルソン、「海と青年」のイザベル・ジーンズ、「歌う陸戦隊」のマーシャ・ロールストン等である。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
キャロル・ロンバード フェルナン・グラヴェ ラルフ・ベラミー アレン・ジェンキンス
1937年

二人のメロディ

  • 1937年当年公開
  • 出演(Camille_Casey 役)

米国でラジオ歌手として人気のあったジェームズ・メルトンが「彼女は制服が好き」「運ちゃん武勇伝」のパトリシア・エリスと共に主演を演じる映画で、リチャード・マコーレイの原作を「空の特権」のジョージ・ブリッカー、「山の法律」のルシー・ウォード及びジョセフ・K・ワトソンが協同脚色し「ベンガルの虎」のルイ・キングが監督に当たり、「灼熱のタイヤ」のアーサー・L・トッドが撮影した。助演は「コリーン」のマリー・ウィルソン、「カリアンテ」のウィニフレッド・ショウ、「海を嫌う船長」のフレッド・キーティング、舞台からのディック・パーセル、「無限の青空」のクレイグ・レイノルズ等の面々である。

監督
ルイ・キング
出演キャスト
ジェームズ・メルトン パトリシア・エリス マリー・ウィルソン フレッド・キーティング
1936年

太平洋横断機

  • 1936年当年公開
  • 出演(Sunny_Avery 役)

パン・アメリカン空輸会社とタイ・アップした太平洋定期航空の宣伝映画で「無限の青空」と同じくフランク・ウィードが原作脚色し、「ブラウンの怪投手」「運ちゃん武勇伝」のレイモンド・エンライトが監督にあたり、「無限の青空」のアーサー・エディソンが撮影したもの。主なる出演者は「無限の青空」「支那ランプの石油」のパット・オブライエンを初め、「ダム地獄」「海行かば(1935)」のロス・アレクサンダー、新人ヒヴァリー・ロバーツ、「化石の森」「弾丸か投票か」のハンフリー・ボガート、「コリーン」のマリー・ウィルソン、「特高警察」のジョセフ・クレハン、「無限の青空」のアディスン・リチャーヅ、「ダンテの地獄編」のヘンリー・B・ウォルソール等の面々である。

監督
レイモンド・エンライト
出演キャスト
パット・オブライエン ビヴァリー・ロバーツ ロス・アレクサンダー ハンフリー・ボガート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マリー・ウィルソン