映画-Movie Walker > 人物を探す > 太刀川寛

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1972年 まで合計83映画作品)

1958年

杏っ子

  • 1958年5月13日公開
  • 出演(平山平之助 役)

東京新聞に連載されたベスト・セラー室生犀星の原作を、「女であること」の田中澄江と成瀬巳喜男が共同脚色し、「あらくれ(1957)」の成瀬巳喜男が監督、「狙われた娘」の玉井正夫が撮影した文芸映画。主演は「女であること」の香川京子、「悪徳」の木村功、それに山村聡に新人三井美奈。ほかに小林桂樹、太刀川洋一、加東大介、中村伸郎、などが助演。

監督
成瀬巳喜男
出演キャスト
山村聡 夏川静江 香川京子 太刀川洋一

弥次喜多道中記(1958)

  • 1958年4月29日公開
  • 出演(若い夫 役)

十返舎一九の『東海道中膝栗毛』の吉原仲の町から駿府までを、「続社長三代記」の笠原良三が脚色、「続々大番 (怒涛篇)」の千葉泰樹が監督、「お父さんはお人好し」の西垣六郎が撮影した滑稽篇。「続社長三代記」の加東大介と小林桂樹が弥次喜多に扮し、宝田明、雪村いづみ、乙羽信子、淡路恵子などが出演。助演陣は三木のり平、有島一郎、柳家金語楼、山茶花究、八波むと志、大泉滉、中田康子など。また池部良、三船敏郎、宮城まり子、草笛光子、水谷良重、徳川夢声らも賛助出演する。色彩はイーストマンカラー。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
徳川夢声 加東大介 小林桂樹 乙羽信子

東京の休日(1958)

  • 1958年4月15日公開
  • 出演(バスの運ちゃん 役)

山口淑子の映画生活二十年記念映画。「家内安全」の井手俊郎と「ジャズ娘に栄光あれ」の山本嘉次郎の共同脚本を山本嘉次郎が自ら監督し、「どん底」の山崎市雄が撮影を担当した。「アンコール・ワット物語 美しき哀愁」の山口淑子、池部良を筆頭に、東宝のオールスターが顔を見せている。色彩はイーストマンカラー。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
山口淑子 沢村いき雄 三好栄子 小杉義男

続・社長三代記

  • 1958年3月18日公開
  • 出演(松村俊夫(新入社員) 役)

「社長三代記」の後篇で、脚本笠原良三、監督松林宗恵、撮影小原譲二とスタッフはいずれも前作と同様。出演は森繁久彌、加東大介、小林桂樹、司葉子、雪村いづみら前作のメンバーに、淡路恵子、藤間紫、白石奈緒美が加わり他に徳川夢声が特別出演。

監督
松林宗恵
出演キャスト
三好栄子 雪村いづみ 森繁久彌 久慈あさみ

お父さんはお人好し 花嫁善哉

  • 1958年3月12日公開
  • 出演(豊子の夫富岡 役)

「お父さんはお人好し 家に五男七女あり」の続篇。スタッフ・キャストは前篇と全く同じ。

監督
青柳信雄
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 香月京子 森川金太郎

家内安全

  • 1958年3月12日公開
  • 出演(広井進一 役)

オール読物連載の源氏鶏太の原作を、「愛情の都」の井手俊郎が脚色、「狙われた娘」の丸林久信が監督、「負ケラレマセン勝ツマデハ」の安本淳が撮影したコメデイ。飯田蝶子が珍しく主演し、青山京子、平田昭彦、太刀川洋一、家田佳子の若手に、佐野周二、三宅邦子のベテランも出演している。

監督
丸林久信
出演キャスト
飯田蝶子 佐野周二 三宅邦子 平田昭彦

お父さんはお人好し 家に五男七女あり

  • 1958年2月18日公開
  • 出演(豊子の夫富岡 役)

NHKの人気番組長沖一の連続放送劇「お父さんはお人好し」の映画化。脚色は「別れの波止場」の新井一、監督は「サザエさんの青春」の青柳信雄、撮影は「下町」の西垣六郎。出演はラジオと同じく花菱アチャコに浪花千栄子をはじめ、安西郷子、環三千世、太刀川良一、柳家金語楼、夏亜矢子ら。

監督
青柳信雄
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 香月京子 森川金太郎

女であること

  • 1958年1月15日公開
  • 出演(村松光一(佐山の友人の息子) 役)

朝日新聞に連載された川端康成の原作を「夜の鴎」の田中澄江、「続青い山脈」の井手俊郎、「幕末太陽伝」の川島雄三の三人が共同脚色、川島雄三が東京映画と新たに契約、監督した文芸篇。撮影は「一本刀土俵入(1957)」の飯村正が担当した。主演は「続々大番 (怒涛篇)」の原節子、「挽歌(1957)」の久我美子、森雅之、「地上」の香川京子、「その夜のひめごと」の三橋達也「近くて遠きは」の石浜朗。ほかに、太刀川洋一、中北千枝子、丹阿弥谷津子、荒木道子などが助演している。

監督
川島雄三
出演キャスト
森雅之 原節子 久我美子 香川京子

社長三代記

  • 1958年1月3日公開
  • 出演(松村俊夫(新入社員) 役)

「サザエさんの青春」の笠原良三の脚本を「青い山脈(1957)」「続青い山脈」のコンビ、松林宗恵が監督、小原譲治が撮影したサラリーマンもの。主演は「猫と庄造と二人のをんな」の森繁久彌、「続々大番 (怒涛篇)」の加東大介、「続サラリーマン出世太閤記」の小林桂樹、「青い山脈(1957)」の司葉子、「青春航路」の雪村いづみ、団令子、扇千景、それに越路吹雪、中田康子、トニー・谷など。

監督
松林宗恵
出演キャスト
三好栄子 雪村いづみ 森繁久彌 越路吹雪
1957年

続々 大番 怒涛篇

  • 1957年12月17日公開
  • 出演(義弟長十郎 役)

先に東宝が製作した獅子文六の小説「大番」(週刊朝日連載中)を原作とする「大番」「続大番・風雲篇」の続篇。製作スタッフ、キャストとも前二作と殆んど同じ顔ぶれ。すなわち脚色は笠原良三(近作は「サザエさんの青春」)監督千葉泰樹(「下町」)撮影西垣六郎(同)。主演は(「続サラリーマン出世太閤記」)淡島千景(「鳴門秘帖」)原節子(「最後の脱走」)。ほかに仲代達矢、三木のり平、青山京子など。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
加東大介 谷晃 沢村貞子 太刀川洋一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 太刀川寛