映画-Movie Walker > 人物を探す > 白木マリ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1971年 まで合計100映画作品)

1971年

尼寺博徒

  • 1971年9月7日(火)公開
  • 出演(昭栄 役)

由緒ある尼寺を舞台に厳しい戒律の中で繰り広げられる尼僧たちの姿態を描く。脚本は「緋牡丹博徒 お命戴きます」の大和久守正。監督は久しく映画から遠のいていた村山新治。撮影は「やくざ刑事 恐怖の毒ガス」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
村山新治
出演キャスト
野川由美子 加藤治子 白木マリ 安芸秀子
1970年

シルクハットの大親分 ちょび髭の熊

  • 1970年11月21日(土)公開
  • 出演(お幸 役)

「シルクハットの大親分」シリーズ第二作。脚本は「人斬り観音唄」の高田宏治、監督は「関東テキヤ一家 天王寺の決斗」の鈴木則文。撮影は「札つき博徒」の塚越監二がそれぞれ担当

監督
鈴木則文
出演キャスト
若山富三郎 伊吹吾郎 北龍二 橘ますみ

野良猫ロック ワイルド・ジャンボ

  • 1970年8月1日(土)公開
  • 出演(女医 役)

“野良猫ロック”シリーズ第二作。今回は「非行少年 若者の砦」の藤田敏八が監督を担当している。脚本は第一作「女番長 野良猫ロック」の永原秀一と藤田監督の共同執筆。撮影は「残酷おんな情死」の安藤庄平。

監督
藤田敏八
出演キャスト
范文雀 地井武男 藤竜也 前野霜一郎

姿三四郎(1970)

  • 1970年7月25日(土)公開
  • 出演(君香 役)

早撮りの名手、渡辺邦男が手がけた日本男子の原型・姿三四郎。脚本・監督は実に七年ぶりの渡辺邦男。撮影は西前弘が担当。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
竹脇無我 高橋幸治 森次浩司 小沢忠臣

盛り場仁義

  • 1970年1月24日(土)公開
  • 出演(初江 役)

藤井鷹史、横田与志、鈴樹三千夫が脚本を共同執筆し「広域暴力 流血の縄張」のコンビ長谷部安春、上田宗男が監督・撮影を担当した仁侠アクション。

監督
長谷部安春
出演キャスト
北島三郎 三波伸介 里見浩太朗 川地民夫
1969年

残酷おんな私刑

  • 1969年6月28日(土)公開
  • 出演(安子 役)

「あらくれ(1969)」の山崎巌が脚本を執筆し、「涙の季節」の丹野雄二が、監督した風俗もの。撮影は「野蛮人のネクタイ」の山崎善弘。

監督
丹野雄二
出演キャスト
太田雅子 嘉手納清美 長谷川照子 美波節子

夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース

  • 1969年4月19日(土)公開
  • 出演(秋山シズ江 役)

「性犯罪法入門」の舟橋和郎が脚本を執筆し、「謝国権「愛」より (秘)性と生活」の鷹森立一が監督したシリーズ第五作。撮影は「現代やくざ 与太者の掟」の星島一郎が担当した。

監督
鷹森立一
出演キャスト
松方弘樹 宮園純子 谷隼人 大原麗子

(秘)女子大生 妊娠中絶

  • 1969年3月30日(日)公開
  • 出演(いね 役)

北沢三六と佐伯嘉則が共同でシナリオを執筆し、「命かれて」の小西通雄が監督した風俗もの。撮影は「不良番長 猪の鹿お蝶」の山沢義一が担当。

監督
小西通雄
出演キャスト
賀川雪絵 加藤嘉 山本豊三 橘ますみ
1968年

緋牡丹博徒 一宿一飯

  • 1968年11月22日(金)公開
  • 出演(弁天のおれん 役)

「産業スパイ」の野上龍雄と、前作「緋牡丹博徒」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、鈴木則文が監督した“緋牡丹博徒”シリーズ第二作。撮影は同じ古谷伸。

監督
鈴木則文
出演キャスト
藤純子 若山富三郎 水島道太郎 城野ゆき

大奥絵巻

  • 1968年11月16日(土)公開
  • 出演(千鶴 役)

「黒蜥蜴(1968)」の成澤昌茂がシナリオを執筆し、「帰って来た極道」の山下耕作が監督した時代風俗もの。撮影は「兵隊極道」の鈴木重平。

監督
山下耕作
出演キャスト
佐久間良子 淡島千景 大原麗子 三益愛子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 白木マリ