映画-Movie Walker > 人物を探す > 武江義雄

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1970年 まで合計62映画作品)

1970年

やくざ絶唱

  • 1970年7月11日(土)公開
  • 出演(トルコ風呂の客 役)

「兵隊やくざ」以来五年ぶりに顔を合わせた増村保造と勝新太郎がやくざの世界を背景に、異父兄妹の愛情を描いた作品。脚本は「女体(1969)」の池田一朗、監督は「でんきくらげ」増村保造。撮影は同作の小林節雄が担当。

監督
増村保造
出演キャスト
勝新太郎 大谷直子 田村正和 加藤嘉

夜のいそぎんちゃく

  • 1970年7月1日(水)公開
  • 出演(教会役員A 役)

「でんきくらげ」につづいて、渥美マリの魅力が踊る軟体動物シリーズ第四作。脚本は「与太郎戦記 女は幾万ありとても」の舟橋和郎、監督は「喜劇 おひかえなすって!」の弓削太郎。撮影も同作の上原明が担当。

監督
弓削太郎
出演キャスト
渥美マリ 飯田恵美子 千秋実 大塚道子
1969年

女殺し屋 牝犬

  • 1969年6月14日(土)公開
  • 出演(新聞記者C 役)

藤原審爾の原作を「ある殺し屋の鍵」の小滝光郎が脚色し、「女賭博師さいころ化粧」の井上芳夫が監督したアクションもの。撮影は女賭博師シリーズを撮っている中川芳久が担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 赤座美代子 高橋昌也 三島雅夫

ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども

  • 1969年5月17日(土)公開
  • 出演(キークラブの紳士C 役)

「ある見習看護婦の記録 赤い制服」の高橋二三がシナリオを執筆し、「性犯罪法入門」の帯盛迪彦が監督した喜劇。撮影は「ガメラ対大悪獣ギロン」の喜多崎晃が担当した。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
津山由起子 南美川洋子 渥美マリ 水木正子

千羽鶴(1969)

  • 1969年4月19日(土)公開
  • 出演(菊治の同僚 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作を「強虫女と弱虫男」の新藤兼人が脚色し、「盲獣」の増村保造が監督した文芸もの。撮影はコンビの小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
平幹二朗 若尾文子 梓英子 京マチ子

昭和おんな仁義

  • 1969年3月8日(土)公開
  • 出演(空港係員 役)

藤原審爾の原作(小説エース所載)を「蛇娘と白髪魔」の長谷川公之と田口耕三が共同脚色し、「ある女子高校医の記録 失神」の弓削太郎が監督したアクションもの、撮影はコンビの渡辺公夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
江波杏子 渥美マリ 菅原謙次 川津祐介
1968年

続セックスドクターの記録

  • 1968年11月30日(土)公開
  • 出演(婦人科医 役)

「ある女子高校医の記録 初体験」の高橋二三がシナリオを執筆し、「高校生芸者」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影は、「女賭博師絶縁状」の喜多崎晃。

監督
弓削太郎
出演キャスト
高原駿雄 山東昭子 仲村隆 南美川洋子

ある女子高校医の記録 妊娠

  • 1968年7月27日(土)公開
  • 出演(ベンツの運転手 役)

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「喜劇 泥棒学校」の弓削太郎が監督したドキュメンタリー・タッチの青春もの。撮影は「女賭博師鉄火場破り」の中川芳久。

監督
弓削太郎
出演キャスト
早川保 水木正子 南美川洋子 津山由起子

愛の三分間指圧

  • 1968年6月29日(土)公開
  • 出演(鞭打ち症患者C 役)

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「喜劇 泥棒学校」の弓削太郎が監督した。現代風俗を背景に指圧療法のすべてを紹介する目的をもったドキュメンタリー・タッチのドラマ。撮影は新人宗川弘。

監督
弓削太郎
出演キャスト
浪越徳治郎 吉野妙子 津山由起子 福原真理子
1967年

勝負犬

  • 1967年10月14日(土)公開
  • 出演(大阪府警の刑事 役)

「早射ち犬」の藤本義一がシナリオを執筆し、「野良犬(1966)」の井上芳夫が監督した“犬”シリーズ第十作目。撮影は「女賭博師」の宗川信夫。

監督
井上芳夫
出演キャスト
田宮二郎 天知茂 坂本スミ子 藤岡琢也
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 武江義雄