映画-Movie Walker > 人物を探す > オレーグ・タバコフ

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1992年 まで合計7映画作品)

1992年

映写技師は見ていた

  • 1992年10月31日(土)
  • 出演(Vlasik 役)

スターリン専属の映写技師の目を通して、スターリンの実像に迫る実話を基にしたドラマ。監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、製作はクラウディオ・ボニベント、脚本はコンチャロフスキーとアナトーリ・ユソフ、撮影は「ジンジャーとフレッド」のエンニオ・グァルネッリ、音楽は「惑星ソラリス」のエデュアルド・アルテミエフが担当。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
トム・ハルス ロリータ・ダヴィドヴィッチ ボブ・ホスキンス Alexandre Zbruev
1991年

カプチーノ街から来た人

  • 1991年12月28日(土)
  • 出演(Harry_Maccue 役)

ソヴィエトの女性監督アーラ・スーリコワがアメリカの西部開拓時代を背景に作り上げたミュージカル・コメディ。

監督
アーラ・スリコワ
出演キャスト
アンドレイ・ミローノフ アレクサンドラ・アースミャエ オレーグ・タバコフ ミハイル・ボヤルスキー
1988年

黒い瞳(1987)

  • 1988年1月30日(土)
  • 出演(Sua Grazia 役)

ロシア人の人妻に恋したイタリア男の悲喜劇を描く。製作はシルヴィア・ダミーコ、ベンディコ・カルロ・クッキ。アントン・チェーホフの短編を基に、「ヴァーリャ! 愛の素顔」のニキータ・ミハルコフが監督・脚色。共同脚本はアレクサンドル・アダバシャン、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽はフランシス・レイ、編集はエンツォ・メニコーニが担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、シルヴァーナ・マンガーノほか。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ シルヴァーナ・マンガーノ マルト・ケラー エレナ・ソフォーノワ
1981年

オブローモフの生涯より

  • 1981年4月28日(火)
  • 出演(Oblomov 役)

若くして食べることと寝ること以外に何にも興味をもたない貴族オブローモフの生活態度を精力的な幼なじみの姿と対称させながら描く。監督は「機械じかけのピアノのための未完成の戯曲」のニキータ・ミハルコフ。イヴァン・ゴンチャロフの原作を基にアレクサンドル・アダバシャンとニキータ・ミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフ、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキンが各々担当。出演はオレーグ・タバコフ、エレーナ・ソロヴェイ、ユーリー・ボガトィリョフ、アンドレイ・ポポフなど。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
オレーグ・タバコフ エレーナ・ソロヴェイ ユーリー・ボガトィリョフ アンドレイ・ポポフ

猟人日記“狼”

  • 1981年11月28日(土)
  • 出演(Bersenov 役)

領主の森を百姓たちの密猟や盗伐から守るように命ぜられた“狼”と呼ばれる一人の森番の孤独な生活と悲しい結末を描く。監督はロマン・バラヤンとイワン・ミコライチュク、撮影はヴィレン・カリュータ、音楽はヴィタリー・グーブ、美術はヴィタリー・ヴォルィンスキーが各々担当。出演はミハイル・ゴルボヴィチ、オレーグ・タバコフなど。

監督
ロマン・バラヤン
出演キャスト
ミハイル・ゴルボヴィチ オレーグ・タバコフ Lena Khbol
1980年

機械じかけのピアノのための未完成の戯曲

  • 1980年12月20日(土)
  • 出演(Pavel Scherbuk 役)

19世紀末期のロシアを舞台に、退廃した空気の中の貴族の田園生活を描く。監督はニキータ・ミハルコフ。アントン・チェーホフの戯曲と数編の短編を基にアレクサンドル・アダバシャンとニキータ・ミハルコフが脚色。撮影はパーヴェル・レベシェフ、音楽はエドゥアルド・アルテミエフ、美術はアレクサンドル・アダバシャンとアレクサンドル・サムレキンが各々担当。出演はアントニーナ・シュラーノワ、ユーリー・ボガトィリョフ、エレーナ・ソロヴェイ、アレクサンドル・カリャーギンなど。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
アントニーナ・シュラーノワ ユーリー・ボガトィリョフ エレーナ・ソロヴェイ アレクサンドル・カリャーギン
1966年

戦争と平和(第一部)

  • 1966年7月23日(土)
  • 出演(Nikolai Rostov 役)

レオ・N・トルストイの原作を、セルゲイ・ボンダルチュクとワシーリー・ソロビヨフが共同で脚色、ボンダルチュクが製作・監督・ナレーションを担当し、自らピエールに扮し出演もしている文芸篇。製作補佐はニコライ・イワーノフ。撮影はアナトリー・ペトリツキー、作曲・指揮はビャチェスラフ・オフチンニコフ、演奏はモスクワ・フィル。美術監督はミハイル・ボグダノフとゲンナジー・ミャスニコフ、戦闘場面の演出はアレクサンドル・シェレンコフと、チェン・ユ・ラン。出演はボンダルチュクのほかに新人リュドミラ・サベーリエワ、モスクワ芸術座のヴァチェスラフ・チーホノフ、「ハムレット(1964)」のアナスタシア・ヴェルチンスカヤほか。アグファカラー・70ミリ。

監督
セルゲイ・ボンダルチュク
出演キャスト
リュドミラ・サベーリエワ セルゲイ・ボンダルチュク ヴァチェスラフ・チーホノフ ヴィクトル・スタニツィン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > オレーグ・タバコフ