映画-Movie Walker > 人物を探す > フセヴォロド・ラリオーノフ

年代別 映画作品( 1984年 ~ 1992年 まで合計3映画作品)

1992年

映写技師は見ていた

  • 1992年10月31日(土)
  • 出演(General_Rumiantsev 役)

スターリン専属の映写技師の目を通して、スターリンの実像に迫る実話を基にしたドラマ。監督は「デッドフォール」のアンドレイ・コンチャロフスキー、製作はクラウディオ・ボニベント、脚本はコンチャロフスキーとアナトーリ・ユソフ、撮影は「ジンジャーとフレッド」のエンニオ・グァルネッリ、音楽は「惑星ソラリス」のエデュアルド・アルテミエフが担当。

監督
アンドレイ・コンチャロフスキー
出演キャスト
トム・ハルス ロリータ・ダヴィドヴィッチ ボブ・ホスキンス Alexandre Zbruev
1988年

黒い瞳(1987)

  • 1988年1月30日(土)
  • 出演(Parel 役)

ロシア人の人妻に恋したイタリア男の悲喜劇を描く。製作はシルヴィア・ダミーコ、ベンディコ・カルロ・クッキ。アントン・チェーホフの短編を基に、「ヴァーリャ! 愛の素顔」のニキータ・ミハルコフが監督・脚色。共同脚本はアレクサンドル・アダバシャン、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、撮影はフランコ・ディ・ジャコモ、音楽はフランシス・レイ、編集はエンツォ・メニコーニが担当。出演はマルチェロ・マストロヤンニ、シルヴァーナ・マンガーノほか。

監督
ニキータ・ミハルコフ
出演キャスト
マルチェロ・マストロヤンニ シルヴァーナ・マンガーノ マルト・ケラー エレナ・ソフォーノワ
1984年

アンナ・パブロワ

  • 1984年10月6日(土)
  • 出演(Diaghilev 役)

ロシアの生んだ偉大なバレリーナ、アンナ・パブロワの愛と情熱の生涯を描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはフリクソス・コンスタンチン。監督は「ジプシーは空にきえる」のエミーリ・ロチャヌー。撮影はエフゲニー・グズリンスキー、音楽はユージーヌ・ドガ、美術はボリス・ブランク、編集はL・カラチコーワ、E・ガルキナ、J・コノック、バレエ監修はP・グーセフ、タマラ・バルマローワ、オレーグ・イノグラードフ、ウルスラ・ダーテが担当。出演はガリーナ・ベリャーエワ、ジェームズ・フォックス、フセヴォロド・ラリオーノフなど。英語サウンドトラック。70ミリ。

監督
エミーリ・ロチャヌー
出演キャスト
ガリーナ・ベリャーエワ ジェームズ・フォックス セルゲイ・シャクーロフ フセヴォロド・ラリオーノフ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > フセヴォロド・ラリオーノフ