TOP > 人物を探す > ディック・ミネ

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1970年 まで合計13映画作品)

1970年

花の不死鳥

  • 1970年7月1日(水)
  • 出演(ナツメロ歌手 役)

「ひばり・橋の花と喧嘩」、「美空ひばり・森進一の花と涙と炎」に続く、美空ひばり主演歌謡映画。脚本は「栄光の黒豹」の石森史郎と井上梅次。井上は前作「美空ひばり・森進一の花と涙と炎」と同様脚本・監督を担当している。撮影は「満願旅行」の丸山恵司。

監督
井上梅次
出演キャスト
美空ひばり 井上孝雄 長谷川哲夫 石坂浩二
1969年

昭和やくざ系図 長崎の顔

  • 1969年10月18日(土)
  • 出演(歌手 役)

中村幸也の原作『長崎の顔』(長崎新聞連載)を、「前科・仮釈放」の池上金男が脚色し、「博徒百人 任侠道」の野村孝が監督した任侠もの。撮影は、同作の峰重義が担当した。

監督
野村孝
出演キャスト
渡哲也 安藤昇 益田ひろ子 嵐寛寿郎
1958年

希望の乙女

  • 1958年9月10日(水)
  • 出演(地方劇場支配人 役)

美空ひばりの芸能生活十周年記念映画。加藤喜美枝の原案を、「ろまん化粧」の笠原良三と笠原和夫が脚色し、「ひばりの花形探偵合戦」のコンビ佐々木康が監督、西川庄衛が撮影した。「ひばりの花形探偵合戦」の美空ひばり・高倉健、さらに山村聡・江原真二郎・柳家金語楼・山東昭子の他、ひばりの実弟小野透が出演。また江利チエミ・雪村いづみが特別出演している。

監督
佐々木康
出演キャスト
美空ひばり 高倉健 小野透 山村聡
1957年

鯨と斗う男

  • 1957年7月9日(火)
  • 出演(大谷 役)

田畑喜作の原案から、「日米花嫁花婿入替取替合戦」の岡田豊が脚本を執筆し、「無敵社員」の津田不二夫が監督、同じく星島一郎が撮影した。主な出演者は、「多情仏心」の佐野周二、「日清戦争風雲秘話 霧の街」の高倉健、小宮光江、「さよなら港」の月丘千秋。ほかに、花澤徳衛、山本麟一、坂本武、ディック・ミネ、岡田敏子など。

監督
津田不二夫
出演キャスト
佐野周二 高倉健 小宮光江 花澤徳衛

純情部隊

  • 1957年1月15日(火)
  • 出演(谷村二等兵 役)

「怒れ! 力道山」の力道山が東千代之介と組んでおくる明朗友情物語。“読切倶楽部”所載玉川一郎の原作から「母星子星」の中田竜雄が脚本を書き、「遠山金さん捕物控 影に居た男」のマキノ雅弘が監督する。撮影は「拳銃を捨てろ」の藤井静。主な出演者は力道山、東千代之介、「母星子星」の月丘千秋、「警視庁物語 追跡七十三時間」の星美智子、藤里まゆみ、「一夜の百万長者」の堺駿二、「神変美女桜」の進藤英太郎、加えてディック・ミネ、広沢虎造、駿河海、藤田山、九州山、志村アナウンサーなど。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
力道山 進藤英太郎 杉狂児 広沢虎造
1956年

悪の報酬(1956)

  • 1956年1月8日(日)
  • 出演(俵藤勇 役)

久々の陶山鉄と「三つの顔」の共同脚色者の一人、舛田利雄が共同で脚本を書き、「志津野一平 愛欲と銃弾」の野口博志が監督、「江戸一寸の虫」の永塚一栄が撮影を担当した。主なる出演者は「続・警察日記」の伊藤雄之助、三國連太郎、日高澄子、「人生とんぼ返り(1955)」の水島道太郎、「月がとっても青いから」の菅井一郎、「乳房よ永遠なれ」の坪内美詠子など。

監督
野口博志
出演キャスト
伊藤雄之助 坪内美詠子 香川良久 二木てるみ
1955年

東京摩天街

  • 1955年10月25日(火)
  • 出演(サム・ブッフェル 役)

麻薬団の女首領を追撃する一海員の活躍を描く。面白倶楽部所載の島田一男の小説を「白浪若衆 江戸怪盗伝」の浅野辰雄が脚色、「中野源治の冒険 三部作」の津田不二夫が監督、「忍術三四郎」の佐藤三郎が撮影を担当した。主なる出演者は「魚河岸の石松 マンボ石松踊り」の堀雄二、星美智子「だんまり又平 飛龍無双」の三浦光子、「力闘空手打ち・三部作」の藤里まゆみ、藤井貢、「忍術三四郎」の宇佐美諄など。

監督
津田不二夫
出演キャスト
堀雄二 藤里まゆみ 星美智子 藤井貢
1952年

貞操の街

  • 1952年6月5日(木)
  • 出演(芝田鐵太郎 役)

「伊豆物語」「のど自慢三羽烏」の館岡謙之助に、岡田豊、笠原良三が協力して書いた脚本を、「私はシベリヤの捕虜だった」の志村敏夫が監督し、「恋文裁判」の竹野治夫が撮影を担当している。出演者は「旗本退屈男」の宮城千賀子、「夢よいづこ」の月丘千秋、「高原の悲歌」の立松晃、その他龍崎一郎、進藤英太郎、ディック・ミネ、田崎潤、古川緑波等で、特別出演として水の江滝子、久保幸江、春田美樹、矢田茂バレー団が出演している。製作は松本常保。

監督
志村敏夫
出演キャスト
水の江瀧子 久保幸江 春田美樹 矢田茂バレー団
1950年

アマカラ珍騒動

  • 1950年11月11日(土)
  • 出演(由利 役)

山下敬太郎と小笠原久夫の協同製作で、有崎勉の原作を「影を慕いて」の山下與志一が脚色し「私刑」の中川信夫が監督に当った青柳プロと新東宝の提携作品。配役陣には「恋愛台風圏」の柳家金語楼、「暁の追跡」の野上千鶴子、「エノケンの豪傑一代男」の渡辺篤の他、ディック・ミネ、森繁久彌、昔々亭桃太郎、並木一路、木戸新太郎等の笑劇メンバーが出演している。

監督
中川信夫
出演キャスト
柳家金語楼 野上千鶴子 若水絹子 ディック・ミネ

東京カチンカ娘

  • 1950年1月15日(日)
  • 出演(マスター 役)

「グッドバイ(1949)」「銀座カンカン娘」の青柳信雄のプロデュース、脚本は「銀座カンカン娘」につぐ中田晴康の執筆、監督はかつて伊丹万作に師事し最近では斎藤寅次郎に師事していた毛利正樹昇進第一回作品でキャメラは「湯の町悲歌」の横山実が担当する。照明は「野良犬(1949)」「小原庄助さん」の石井長四郎。出演は「真昼の円舞曲」「花の素顔」の若原雅夫、「花の素顔」の折原啓子の主演に、「おどろき一家」の古川緑波、清川虹子のほか、川田晴久、暁テル子、市川春代、ディック・ミネらが共演している。

監督
毛利正樹
出演キャスト
若原雅夫 折原啓子 古川緑波 川田晴久

ディック・ミネの関連人物

杉狂児  月丘千秋  古川緑波  藤里まゆみ  水島道太郎 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > ディック・ミネ

ムービーウォーカー 上へ戻る