映画-Movie Walker > 人物を探す > 完倉泰一

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1970年 まで合計76映画作品)

1970年

ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣

  • 1970年8月1日(土)公開
  • 撮影

南海の孤島に登場した東宝の新型三怪獣。脚本は「野獣の復活」の小川英、監督は「ゴジラ・ミニラ・ガバラ オール怪獣大進撃」の本多猪四郎。特技監督は円谷門下の有川貞昌、撮影は「緯度0大作戦」の完倉泰一が担当。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
久保明 高橋厚子 土屋嘉男 佐原健二
1969年

緯度0大作戦

  • 1969年7月26日(土)公開
  • 撮影

テッド・シャーマンのオリジナルを「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」の関沢新一が改訂し、「怪獣総進撃」の本多猪四郎が監督した日米合作のSFもの。「怪獣総進撃」の完倉泰一が撮影を担当した。特技撮影はベテラン円谷英二が担当。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
ジョセフ・コットン 宝田明 岡田眞澄 リチャード・ジャッケル
1968年

怪獣総進撃

  • 1968年8月1日(木)公開
  • 撮影

「キングコングの逆襲」の馬淵薫と本田猪四郎が共同で脚本を執筆し、本田猪四郎が監督した怪獣SFもの。撮影は「落語野郎 大爆笑」の完倉泰一。なお、特技監督には円谷英二と有川貞昌が共同で担当している。1972年12月17日より、74分の短縮版が「ゴジラ電撃大作戦」と改題の上、「東宝チャンピオンまつり」にて公開。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
久保明 田崎潤 アンドリュー・ヒューズ 小林夕岐子
1967年

落語野郎 大爆笑

  • 1967年2月11日(土)公開
  • 撮影

「落語野郎 大脱線」の新井一と椿澄夫がシナリオを執筆し、杉江敏男が監督した喜劇。撮影もコンビの完倉泰一。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三遊亭歌奴 桂米丸 古今亭志ん馬 柳亭小痴楽
1966年

落語野郎 大脱線

  • 1966年6月30日(木)公開
  • 撮影

「喜劇 駅前音頭」の新井一と椿澄夫が共同でシナリオを執筆。「じゃじゃ馬ならし」の杉江敏男が監督した喜劇。「バンコックの夜」の完倉泰一が撮影。

監督
杉江敏男
出演キャスト
牧野周一 牧伸二 一の宮あつ子 東京ぼん太

じゃじゃ馬ならし(1966・日本)

  • 1966年6月22日(水)公開
  • 撮影

「女は幾万ありとても」でコンビの田波靖男がシナリオを執筆、杉江敏男が監督したサラリーマン喜劇。撮影もコンビの完倉泰一。

監督
杉江敏男
出演キャスト
高島忠夫 池内淳子 江原達怡 浜美枝

バンコックの夜

  • 1966年4月3日(日)公開
  • 撮影

「日本一のゴリガン男」の笠原良三がシナリオを執筆、「団地・七つの大罪」の千葉泰樹が監督したメロドラマ。撮影は「女は幾万ありとても」の完倉泰一。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
加山雄三 張美瑶 星由里子 上原謙

女は幾万ありとても

  • 1966年2月12日(土)公開
  • 撮影

「エレキの若大将」の田波靖男がシナリオを執筆「続西の王将・東の大将」の杉江敏男が監督した喜劇。撮影は「悪の階段」の完倉泰一。

監督
杉江敏男
出演キャスト
児玉清 浜美枝 藤木悠 池内淳子
1965年

悪の階段

  • 1965年10月23日(土)公開
  • 撮影

南条範夫の原作“おれの夢は”を「危険な英雄」の鈴木英夫が脚色、監督したサスペンス・ドラマ。撮影は、「おれについてこい!」の完倉泰一。

監督
鈴木英夫
出演キャスト
山崎努 西村晃 久保明 加東大介

おれについてこい!

  • 1965年6月20日(日)公開
  • 撮影

大松博文原作“おれについてこい!”“なせば成る”を「赤ひげ」の菊島隆三が脚色、「最後の審判」の堀川弘通が監督したスポーツもの。撮影は「無責任遊侠伝」の完倉泰一。

監督
堀川弘通
出演キャスト
ハナ肇 草笛光子 木村鶴美 清島智子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 完倉泰一