映画-Movie Walker > 人物を探す > 岩下亮

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1971年 まで合計6映画作品)

1971年

若き日の講道館

  • 1971年10月2日(土)公開
  • 出演(磯野竜太 役)

古い柔術の世界から、近代的な柔道の講道館へ入学した青年柔道家の物語。脚本は松浦健郎と八尋大和。監督は「皆殺しのスキャット」の森一生。撮影は「秘録長崎おんな牢」の今井ひろしがそれぞれ担当。

監督
森一生
出演キャスト
岩下亮 熱田洋子 川崎あかね 宮城丈二
1970年

日本ダービー 勝負

  • 1970年5月13日(水)公開
  • 出演(島崎清 役)

三十六回に及ぶ日本ダービーの歴史とともに綴る調教師尾形藤吉の半生記。脚本は、不良番長シリーズの松本功と山本英明に「日本暴力団 組長と刺客」の佐藤純彌が共同執筆。監督は佐藤純彌。撮影は「現代女胴師」の仲沢半次郎が担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
三橋達也 津島恵子 三条泰子 梅宮辰夫
1957年

鋼鉄の巨人 地球滅亡寸前

  • 1957年10月8日(火)公開
  • 出演(亮 役)

「鋼鉄の巨人 怪星人の魔城」の続篇で本シリーズ第四部。スタッフ・キャストとも前作と全く同じ。

監督
石井輝男
出演キャスト
宇津井健 高松政雄 山口美奈子 岩下亮

鋼鉄の巨人 怪星人の魔城

  • 1957年10月1日(火)公開
  • 出演(浅山亮 役)

八月初旬に公開した「鋼鉄の巨人」一部・二部につづく第三部。空想科学活劇映画。今回から原案の根岸伸介の名が消え宮川一郎がオリジナル・シナリオを執筆することになり、監督、撮影は前作につづき石井輝男、森田守がそれぞれ担当する。主演は、「荒海の王者」の宇津井健が一・二部同様スーパー・ジャイアンツに扮するほか、勝間典子、岩下亮、高松政雄、杉山弘太郎と前作同様。

監督
石井輝男
出演キャスト
宇津井健 高松政雄 山口美奈子 岩下亮

鋼鉄の巨人

  • 1957年7月30日(火)公開
  • 出演(正雄 役)

根岸伸介の原案を宮川一郎が脚本化し、「リングの王者 栄光の世界」の石井輝男が監督、「明治天皇と日露大戦争」の渡辺孝が撮影した空想科学映画。主演は「坊ちゃんの特ダネ記者」の字津井健、「謎の紫頭巾 姫君花吹雪」の池内淳子、「怒濤の兄弟」の中山昭二。ほかに高田稔、大原譲二、鮎川浩、御木本伸介、林寛など。

監督
石井輝男
出演キャスト
宇津井健 高田稔 池内淳子 岩下亮
1955年

しいのみ学園

  • 1955年6月28日(火)公開
  • 出演(山本照彦 役)

小児マヒの問題をテーマとして福岡学芸大学の山本三郎教授のベストセラーになった原作「しいのみ学園」から、「都会の横顔」の清水宏(1)が脚本を書き監督する。撮影は「大岡政談・妖棋伝 (前篇) 白蝋の仮面」の鈴木博、音楽は「男ありて」の斎藤一郎の相当である。出演者は「青春怪談(1955 市川崑)」の宇野重吉、「のんき裁判」の花井蘭子、香川京子、島崎雪子、「足摺岬」の河原崎建三、「喧嘩奉行」の竜崎一郎など。

監督
清水宏
出演キャスト
宇野重吉 花井蘭子 河原崎建三 岩下亮
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 岩下亮