映画-Movie Walker > 人物を探す > 長岡博之

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1970年 まで合計81映画作品)

1970年

喜劇 度胸一番

  • 1970年4月25日公開
  • 撮影

「太陽の野郎ども」の井上梅次が脚本・監督した喜劇。撮影は「いつか来るさよなら」の長岡博之が担当。

監督
井上梅次
出演キャスト
財津一郎 岡田茉莉子 中川加奈 伴淳三郎
1969年

いつか来るさよなら

  • 1969年12月17日公開
  • 撮影

笹沢左保の原作『廃虚の周囲』を芦沢俊郎が脚色し、「おしゃべりな真珠」以来四年ぶりの川頭義郎がメガホンを取っている。撮影は、「永訣 わかれ」の長岡博之が担当した。

監督
川頭義郎
出演キャスト
舟木一夫 光本幸子 山形勲 勝部演之

永訣 わかれ

  • 1969年2月21日公開
  • 撮影

放送作家の高橋玄洋がシナリオを執筆し、「稲妻(1967)」の大庭秀雄が、メガホンをとった純愛もの。撮影はコンビの長岡博之が担当。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
舟木一夫 野々村潔 中北千枝子 大空真弓
1967年

稲妻(1967)

  • 1967年11月11日公開
  • 撮影

林芙美子の同名小説を、「宴」の堀江英雄が脚色、「春日和」の大庭秀雄が監督した文芸もの。撮影は「激流(1967)」の長岡博之。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
倍賞千恵子 浜木綿子 稲垣美穂子 柳沢真一

激流(1967)

  • 1967年8月19日公開
  • 撮影

「雌が雄を喰い殺す かまきり」の井上梅次と、「痴人の愛(1967)」の池田一朗が共同でシナリオを執筆し、井上梅次が監督した女性もの。撮影は「かあちゃんと11人の子ども」の長岡博之。

監督
井上梅次
出演キャスト
岩下志麻 寺田史 三津田健 沢村貞子

  • 1967年1月14日公開
  • 撮影

利根川裕原作の「宴」は最初、ペンネーム糸魚川浩で、雑誌『展望』に発表された。「かあちゃんと11人の子ども」のトリオ堀江英雄が脚色、五所平之助が監督。長岡博之が撮影した悲恋メロドラマ。

監督
五所平之助
出演キャスト
岩下志麻 川辺久造 中山仁 高橋昌也
1966年

かあちゃんと11人の子ども

  • 1966年10月1日公開
  • 撮影

吉田とらの原作を「恐山の女」の堀江英雄が脚色し、同じく「恐山の女」の五所平之助が監督した実話の映画化。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

監督
五所平之助
出演キャスト
左幸子 渥美清 久我美子 稲野和子

恋と涙の太陽

  • 1966年7月30日公開
  • 撮影

「炎と掟」でコンビの立花明と井上梅次が脚本を担当し、同じく「炎と掟」の井上梅次が監督した青春もの。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

監督
井上梅次
出演キャスト
橋幸夫 倍賞千恵子 香山美子 山東昭子
1965年

俺たちの恋

  • 1965年8月21日公開
  • 撮影

「若いしぶき」の元持栄美と大江英夫が共同でシナリオを執筆、「その口紅が憎い」の長谷和夫が監督した青春もの。撮影もコンビの長岡博之。

監督
長谷和夫
出演キャスト
田村正和 山田太郎 山川ワタル 中村晃子

その口紅が憎い

  • 1965年5月16日公開
  • 撮影

「仇討」の橋本忍と「幕末残酷物語」の国弘威雄が共同でシナリオを執筆、新人長谷和夫が監督した風俗もの。撮影は「大根と人参」の長岡博之。

監督
長谷和夫
出演キャスト
内田良平 桑野みゆき 夏圭子 小田草之助
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 長岡博之