映画-Movie Walker > 人物を探す > 丹羽又三郎

年代別 映画作品( 1960年 ~ 1972年 まで合計46映画作品)

1972年

銀蝶渡り鳥

  • 1972年4月1日(土)公開
  • 出演(三ッ玉の竜 役)

梶芽衣子の東映出演第一回作品。脚本は「不良番長 突撃一番」の松本功と「悪の親衛隊」の山口和彦。監督は山口和彦。撮影は「喜劇 セックス攻防戦」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梶芽衣子 渡瀬恒彦 小山明子 石井富子

喜劇 セックス攻防戦

  • 1972年1月22日(土)公開
  • 出演(沼尾医師 役)

セックスの話題なくしては、夜も日も明けぬ一億総セックスの現代。不感症、処女膜鑑定、欲求不満などの性の悩みをコミカルに描く。脚本は「セックスドキュメント 性倒錯の世界」の金子武郎と「現代ポルノ伝 先天性淫婦」の掛下昌裕。監督は「セックス喜劇 鼻血ブー」の高桑信。撮影は「やくざ刑事 俺たちに墓はない」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
高桑信
出演キャスト
山城新伍 由利徹 集三枝子 渡辺やよい
1970年

めくらのお市 命貰います

  • 1970年4月8日(水)公開
  • 出演(吉沢伊織 役)

「極悪坊主 念仏三段斬り」の高田宏治が脚本を書き、「栄光の黒豹」の市村泰一が監督したシリーズ第四作。撮影は同作の小杉正雄が担当。

監督
市村泰一
出演キャスト
松山容子 目黒祐樹 曽我廼家明蝶 大信田礼子
1969年

昭和残侠伝 人斬り唐獅子

  • 1969年11月28日(金)公開
  • 出演(おまつり竜 役)

「日本暴力団 組長と刺客」の神波史男と「日本暴力団 組長」の長田紀生が共同で脚本を執筆し、「緋牡丹博徒 鉄火場列伝」の山下耕作が監督したシリーズ第六作。撮影は、「新網走番外地 流人岬の血斗」の林七郎が担当した。

監督
山下耕作
出演キャスト
高倉健 大木実 長谷川明男 小山明子

やくざ非情史 刑務所兄弟

  • 1969年7月26日(土)公開
  • 出演(秀 役)

安藤昇の原案を、「夜の最前線 東京女地図」の中西隆三が脚色し、「代紋 地獄の盃」の松尾昭典が監督した現代任侠アクション。撮影は星信夫が担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
安藤昇 丹波哲郎 川地民夫 本間千代子
1966年

十七人の忍者 大血戦

  • 1966年1月26日(水)公開
  • 出演(鵜飼四郎兵衛 役)

「刑事 (デカ)」の池上金男と「間諜」の鳥居元宏が共同でシナリオを執筆、鳥居元宏が監督した忍者もの。撮影は「主水之介三番勝負」の赤塚滋。

監督
鳥居元宏
出演キャスト
松方弘樹 小川知子 大友柳太朗 三島ゆり子
1965年

日本侠客伝 関東篇

  • 1965年8月12日(木)公開
  • 出演(新太郎 役)

「日本侠客伝 浪花篇」ですでにコンビの村尾昭、笠原和夫、野上龍雄が共同シナリオを執筆、マキノ雅弘が監督した“日本侠客伝”シリーズ第三作目。撮影は「宮本武蔵 巌流島の決斗」の吉田貞次。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
高倉健 南田洋子 長門裕之 待田京介
1964年

座頭市千両首

  • 1964年3月14日(土)公開
  • 出演(板割の浅太郎 役)

子母沢寛の原作を「怪談 鬼火の沼」の浅井昭三郎と太田昭和が共同で脚色、「ど根性一代」の池広一夫が監督した仁侠もの。撮影は「越前竹人形」の宮川一夫。

監督
池広一夫
出演キャスト
勝新太郎 坪内ミキ子 長谷川待子 城健三朗

日本名勝負物語 講道館の鷲

  • 1964年2月1日(土)公開
  • 出演(左近司 役)

富田常雄の原作を「新・夫婦善哉」の八住利雄と「風速七十五米」の田口耕三が共同で脚色「近世名勝負物語 花の講道館」の瑞穂春海が監督した柔道もの。撮影もコンビの竹村康和。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
本郷功次郎 高田美和 坪内ミキ子 山下洵一郎

眠狂四郎勝負

  • 1964年1月9日(木)公開
  • 出演(神崎三郎次 役)

柴田錬三郎の同名小説を「黒の駐車場」の星川清司が脚色、「巨人 大隈重信」の三隅研次が監督した時代劇。撮影は「眠狂四郎殺法帖」の牧浦地志。

監督
三隅研次
出演キャスト
市川雷蔵 藤村志保 高田美和 久保菜穂子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 丹羽又三郎