映画-Movie Walker > 人物を探す > ミラ・ダヴェンポート

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1935年 まで合計7映画作品)

1935年

珍芸騒動

  • 1935年
  • 出演(Mrs._Flugsnort 役)

「1936年の大放送」「むすめ結婚症」のジョージ・バーンズ及びグレーシー・アレンが主演する映画で、サム・ミンツとドン・ハートマンが書き卸し、ハートマンが脚色し、「かぼちゃ大当たり」「むすめ結婚症」のノーマン・Z・マクロードが監督に当たり、「轟く凱歌」のギルバート・ウォーレントンンが撮影した。バーンズ及びアレンを囲って「カレッジ・リズム」のジョージ・バービア、「愛と光」のベティー・ファーネス、アンドリュー・トームス、ラファエル・ストーム等出演。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ジョージ・バーンズ グレイシー・アレン ジョージ・バービア ベティ・ファーネス

結婚の夜(1935)

  • 1935年
  • 出演(Grandmother 役)

「麦秋」「南風」のキング・ヴィダーが監督に当たったサミュエル・ゴールドウィン作品で、「ベンガルの槍騎兵」「久遠の誓い」のゲイリー・クーパーと「女優ナナ」「復活(1934)」のアンナ・ステンが主演するもの。原作は「令女学」その他を監督したエドウィン・H・ノッフが書き下ろし、「今日限りの命」のエディス・フィッツジェラルドが脚色に任じた。助演者は「その夜の真心」「海を嫌う船長」のヘレン・ヴィンソン「相寄る魂」「空軍の覇者」のラルフ・ベラミー、「世界は動く」「彼女の家出」のシグ・ルーマン、エスター・デール、レオニード・スネゴフ、エリノア、ウェッセルヘツト等で、キャメラは「復活(1934)」「女優ナナ」のグレッグ・トーランドが受け持った。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
ゲイリー・クーパー アンナ・ステン ヘレン・ヴィンソン ラルフ・ベラミー
1932年

我等は楽しく地獄へ行く

  • 1932年
  • 出演(Housekeeper 役)

クレオ・ルーカス筆になる小説家らエドウィン・ジャスタス・メイヤー・が脚色し「めくらの鼠」「夫無き妻」のドロシー・アーズナーが監督した映画でカメラは「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のデイヴィッド・エーベルの担任。主なる出演者は「ミラクルマン(1932)」「鉄窓と花束」のシルヴィア・シドニー、「ジーキル博士とハイド氏(1932)」「借りた人生」のフレドリック・マーチ、「アメリカの悲劇」のアオリアン・アレン、スキーツ・ギャラガー、フロレンス・アリットン、エスター・ハワード等である。

監督
ドロシー・アーズナー
出演キャスト
シルヴィア・シドニー フレドリック・マーチ エイドリアン・アレン スキーツ・ギャラガー
1926年

栄光への道(1926)

  • 1926年
  • 出演(Aunt_Selma 役)

「無花果の葉」と同じくハワード・ホークス氏が原作並びに監督したもので、脚色の任にはR・G・リグビーが当たった。主役は「幻の家」「三人の女」等出演のメイ・マカヴォイ嬢で対手役は「サンディー」「なまけもの」等出演のレスリー・フェントン氏と「美女競艶」「当り狂言」等出演のフォード・スターリング氏でロックリフ・フェローズ氏も出演している。

監督
ハワード・ホークス
出演キャスト
メイ・マカヴォイ レスリー・フェントン フォード・スターリング ロックリフ・フェローズ
1925年

乙女の危険期

  • 1925年
  • 出演(Stewardesr 役)

パラナ・ウィン女史原作の「アンは馬鹿娘」“Ann' an Idiot”に基づきルイス・マイルストーン氏が脚色し、「名家の秘密」「騒擾の巷」等と同じくウィリアム・A・サイター氏が監督したもの。主役は「燃ゆる情火」「バタフライ」等出演のローラ・ラフランド嬢で、対手は「尖塔の声」等出演のユージー・オブライエン氏である。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ユージーン・オブライエン ジーン・ハーショルト アルフレッド・アレン
1920年

禁断の女

  • 1920年
  • 出演(Louis 役)

クララ・キンボール・ヤング嬢の第二回エキティー映画で、嬢の対手は「二週の後」「笑みのたたり」等に出演したコンウェイ・タール氏である。その他「護国の少年」等出演のウィンター・ホール氏や「義侠のラッフルズ」「成金の末路」等出演のキャスリン・アダムス嬢も出演して居る。監督は新顔のジョン・ヴォシェル氏。

監督
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング コンウェイ・タール Jiquel Lanoe キャスリン・アダムス
1919年

孤児の生涯

  • 1919年
  • 出演(Mrs._Lippett 役)

ピックフォード嬢がアートクラフト社からファースト・ナショナル社へ移ってからの第一回作品で、監督は最近独立作品を発表して居るマーシャル・ニーラン氏で、劇中氏は珍らしくもジムミーの役を演じて居る。対手はマーロン・ハミルトン氏で、人情味豊かな喜劇である。原作はジーン・ウェブスター女史で、既に「蚊とんぼスミス」として邦譯されて居る。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
メアリー・ピックフォード ミラ・ダヴェンポート Percy Haswell Fay Lemport
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
決算!忠臣蔵
決算!忠臣蔵

堤真一演じる大石内蔵助が予算内での討入りを達成すべく奮闘する時代劇コメディ

アナと雪の女王2
アナと雪の女王2

2014年に日本公開されたディズニーの人気アニメーション『アナと雪の女王』の続編

アイリッシュマン
アイリッシュマン

マーティン・スコセッシ監督×ロバート・デ・ニーロ主演、実在した殺し屋の半生を描く

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ミラ・ダヴェンポート