TOP > 人物を探す > 岩本弘司

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1971年 まで合計46映画作品)

1971年

暴力団再武装

  • 1971年5月8日(土)
  • 出演(倉成 役)

「博徒外人部隊」に続く鶴田浩二主演の現代任侠やくざ映画。脚本は「新宿の与太者」の村尾昭。監督は「最後の特攻隊」の佐藤純彌。撮影は「ずべ公番長 はまぐれ数え唄」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
鶴田浩二 若山富三郎 丹波哲郎 近衛十四郎

だまされて貰います

  • 1971年4月29日(木)
  • 出演(風間の子分 役)

「日本一のワルノリ男」に続き植木等と加藤茶がコンビを組む。脚本は「夕日くん サラリーマン脱出作戦」の田波靖男。監督は「日本一のワルノリ男」の坪島孝。撮影は新入の上田正治がそれぞれ担当。

監督
坪島孝
出演キャスト
植木等 加藤茶 谷啓 小山ルミ

真剣勝負

  • 1971年2月20日(土)
  • 出演(於六 役)

宮本武蔵と宍戸梅軒を中心に、梅軒の女房とその子のほぼ四人に話をしぼり、梅軒の鎖鎌に対して武蔵が二刀流を開眼するまでを、全体を約八割の立ち廻りシーンにし、かつ武蔵が梅軒の家を訪れる夕刻から、翌日の夕刻までの二十四時間の出来事を、セミ・ドキュメンタリータッチで描く。内田吐夢監督の遺作となった。脚本は「幕末」の伊藤大輔。撮影は「その人は女教師」の黒田徳三がそれぞれ担当。

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 三國連太郎 沖山秀子 松山秀明
1970年

激動の昭和史 軍閥

  • 1970年8月11日(火)
  • 出演(伝令兵 役)

激動の時代を生きた日本人の魂の真実を描こうとした「日本のいちばん長い日」につづく“激動の昭和史”シリーズ第二作。新名丈夫著『政治』をもとに、「続社長学ABC」の笠原良三が脚本を書き、「狙撃」の堀川弘通が監督した。撮影は「待ち伏せ」の山田一夫が担当。全国公開は1970年9月12日より。

監督
堀川弘通
出演キャスト
中村又五郎 小林桂樹 中谷一郎 垂水悟郎

野獣都市

  • 1970年5月23日(土)
  • 出演(信之の護衛A 役)

シリアス・タッチのハードボイルド・アクション。大藪春彦の原作をもとに「でんきくらげ」の石松愛弘が脚本を執筆、監督は「コント55号 宇宙大冒険」の福田純。撮影も同作の逢沢譲が担当。

監督
福田純
出演キャスト
黒沢年雄 三國連太郎 高橋紀子 岡田可愛

栄光への反逆

  • 1970年4月4日(土)
  • 出演(カラス 役)

柴田鎌三郎の原作『生命ぎりぎり物語』を「女の警察 国際線待合室」の中西隆三と「あばれ丁半」の宮下教雄が共同脚色し、監督には「ザ・スパイダースの大進撃」以来二年ぶりにカムバックした中平康があたったアクション・メロドラマ。撮影は「白昼の襲撃」の黒田徳三が担当。

監督
中平康
出演キャスト
黒沢年雄 松原智恵子 三橋達也 岡田英次
1969年

野獣の復活

  • 1969年12月6日(土)
  • 出演(塚本組子分A 役)

「愛のきずな」の小川英と、武末勝が脚本を執筆したアクションもの。岡本喜八門下の山本迪夫が監督した昇進第一作。撮影は「奇々怪々俺は誰だ?!」の内海正治が担当した。

監督
山本迪夫
出演キャスト
三橋達也 三田佳子 黒沢年雄 喜多川美佳

水戸黄門漫遊記(1969)

  • 1969年11月1日(土)
  • 出演(刺客B 役)

「続社長えんま帖」の笠原良三が脚本を執筆し、「若者よ挑戦せよ」の千葉泰樹が監督した喜劇。撮影は「狙撃」の長谷川清。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
森繁久彌 宝田明 高島忠夫 十八代目中村勘三郎

ニュージーランドの若大将

  • 1969年7月12日(土)
  • 出演(カメラマン 役)

「クレージーの大爆発」の田波靖男が脚本を書き、「フレッシュマン若大将」の福田純が監督したシリーズ第14作。撮影は宇野晋作が担当。

監督
福田純
出演キャスト
加山雄三 飯田蝶子 有島一郎 江原達怡

愛のきずな

  • 1969年2月15日(土)
  • 出演(あんちゃんC 役)

松本清張の原作『たづたづし』を坪島孝監督と「燃える大陸」の小川英が脚色したミステリーロマン。撮影は「ドリフターズですよ! 冒険・冒険また冒険」の内海正治が担当した。

監督
坪島孝
出演キャスト
藤田まこと 原知佐子 吉田優香 園まり

岩本弘司の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/13更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 岩本弘司