映画-Movie Walker > 人物を探す > 林昭夫

年代別 映画作品( 1961年 ~ 2008年 まで合計9映画作品)

2008年

うん、何?

  • 2008年11月29日(土)公開
  • エグゼクティブプロデューサー

島根県雲南市オールロケによる、錦織良成監督の“しまね三部作”の第2弾。ヤマタノオロチ伝説が残る島根の地方都市を舞台に、高校生たちの爽やかな青春模様が描かれる。

監督
綿織良成
出演キャスト
橋爪遼 柳沢なな 松澤傑 平田薫
2000年

ekiden〔駅伝〕

  • 2000年11月18日(土)公開
  • 出演(重役 役)

 中村俊介、田中麗奈ら若手スターが共演するスポーツ青春ドラマ。違う道へ進んだ2人のランナーの活躍と友情が、三角関係の恋を交えてつづられさわやかな感動を呼ぶ。

監督
浜本正機
出演キャスト
伊藤高史 中村俊介 田中麗奈 別所哲也
1993年

まあだだよ

  • 1993年4月17日(土)公開
  • 出演(平野 役)

『百鬼園随筆』などの随筆家・内田百けんとその門下生たちとの心のふれ合いを様々なエピソードで綴るドラマ。「八月の狂詩曲」(91)に続く黒澤明監督の三十作目であり、「姿三四郎(1965)」でデビュー以来監督生活五十周年目という記念すべき作品。結果黒澤監督の遺作となった。また「影武者」以来演出補佐を務めた名パートナー・本多猪四郎はこの作品を最後に本年二月二十八日死去した。主人公の先生役には「どですかでん」以来の黒澤作品出演となる松村達雄が扮し、また門下生の一人として所ジョージが黒澤作品に初出演をして話題となった。キネマ旬報ベストテン第十位。

監督
黒澤明
出演キャスト
松村達雄 香川京子 井川比佐志 所ジョージ
1970年

日本の悪霊

  • 1970年12月26日(土)公開
  • 出演(県警本部・山口 役)

現代日本の作家のなかで〈罪と罰〉の問題を根源的な思想の課題として、それを追求、深化しうる数少ない作家の一人といわれる高橋和巳の同名小説を「異聞猿飛佐助」の福田善之が脚本にあたり、「キューバの恋人」の黒木和雄が監督する。撮影は記録映画出身の堀田泰寛が担当。

監督
黒木和雄
出演キャスト
佐藤慶 高橋辰夫 観世栄夫 榎本陽介

ちびっ子レミと名犬カピ

  • 1970年3月17日(火)公開
  • 撮影

エクトル・マロー原作「家なき子」をもとに、「縁結び旅行」の瀬川昌治が脚本を書き、芹川有吾が演出にあたった長編まんが映画。作画監督は、大工原章が担当。

出演キャスト
朝井ゆかり 三島雅夫 馬渕晴子 市原悦子
1969年

臍閣下

  • 1969年5月5日(月)公開
  • 出演(エロス 役)

文化映画出身の西江孝之が飯島善太郎と脚本を執筆し、自身が監督した喜劇。撮影は中島彰亮。主役には榎本健一が扮している。

監督
西江孝之
出演キャスト
榎本健一 林昭夫 牧口元美 麿赤児
1968年

アンデルセン物語(1968)

  • 1968年3月19日(火)公開
  • 撮影

「ひょっこりひょうたん島」の井上ひさし、山本護久が共同でシナリオを執筆し、「少年忍者 風のフジ丸」の矢吹公郎が演出を担当した長編まんが。撮影は「ガリバーの宇宙旅行」の林昭夫。

出演キャスト
高島忠夫 藤田淑子 杉山佳寿子 増山江威子
1965年

ガリバーの宇宙旅行

  • 1965年3月20日(土)公開
  • 撮影

「宇宙大怪獣 ドゴラ」の関沢新一がシナリオを執筆、「狼少年ケン ジャングル最大の作戦 おばけ嫌い」の黒田昌郎が演出した漫画映画。作画監督は古沢日出夫。撮影は篠崎文男と林昭夫。

出演キャスト
坂本九 本間千代子 宮口精二 堀絢子
1961年

松川事件

  • 1961年2月3日(金)公開
  • 出演(高橋晴雄 役)

松川事件の赤間勝美被告の自白供述書、第一審、第二審の公判記録を主体に、新藤兼人・山形雄策が共同で脚本を執筆、「武器なき斗い」の山本薩夫が監督したもの。撮影は佐藤昌道が担当した。なお、製作資金四千五百万円はカンパによって調達された。

監督
山本薩夫
出演キャスト
小沢弘治 高松政雄 寺島幹夫 後藤陽吉
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 林昭夫