映画-Movie Walker > 人物を探す > 八代万智子

年代別 映画作品( 1959年 ~ 1971年 まで合計87映画作品)

1971年

悪の親衛隊

  • 1971年11月10日(水)公開
  • 出演(香織 役)

金バッチのために命を張るチンピラやくざの復讐物語。脚本・監督は「ずべ公番長 ざんげの値打ちもない」の山口和彦。撮影は「尼寺博徒」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
渡瀬恒彦 川口恒 ジェリー藤尾 丹波哲郎

悪親分対代貸

  • 1971年10月1日(金)公開
  • 出演(さと江 役)

無法な新興やくざの代貸として大阪に悪名をとどとろかせた男の秘められた人間性を描く。脚本は「関東兄弟仁義 仁侠」の高田宏治。監督も同作の斎藤武市。撮影は「女渡世人 おたの申します」の山岸長樹がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
若山富三郎 遠藤辰雄 菅原文太 八代万智子

日本悪人伝

  • 1971年8月26日(木)公開
  • 出演(お豊 役)

善良性がまったくなく悪のすべてをやりつくした五人の悪人の姿を描く。脚本は「やくざ刑事 恐怖の毒ガス」の神波史男。監督は「尼寺博徒」の村山新治。撮影は「喜劇 トルコ風呂王将戦」の鈴木重平がそれぞれ担当。

監督
村山新治
出演キャスト
若山富三郎 渡辺文雄 江波多寛児 大木実

傷だらけの人生

  • 1971年7月3日(土)公開
  • 出演(おしま 役)

鶴田浩二のヒット曲「傷だらけの人生」を主題歌に、親分の座をめぐってのヤクザ同志の赤裸々な姿を描く。脚本は「暴力団再武装」の村尾昭。監督は「日本侠客伝 刃」の小沢茂弘。撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
鶴田浩二 石山健二郎 北村英三 工藤明子

渡世人 命の捨て場

  • 1971年6月10日(木)公開
  • 出演(お銀 役)

久しぶりに日活に戻った高橋英樹の仁侠映画。脚本は「最後の特攻隊」の直居欽哉。監督は「日本最大の顔役」の松尾昭典。撮影は「谷岡ヤスジのメッタメタ ガキ道講座」の岩佐一泉がそれぞれ担当。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 中丸忠雄 奈美悦子 嵐寛寿郎

すいばれ一家 男になりたい

  • 1971年4月16日(金)公開
  • 出演(キミコ 役)

「喜劇 ギャンブル必勝法」に続く山城新伍主演喜劇。脚本は、「不良番長 口から出まかせ」の松本功。監督は「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」の鈴木則文。撮影は「カポネの舎弟 やまと魂」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
鈴木則文
出演キャスト
山城新伍 宮園純子 小桜京子 潮健児

喜劇 いじわる大障害

  • 1971年3月20日(土)公開
  • 出演(林主任 役)

監督は三遊亭宗家の後継者でこれが監督昇進第一作の新人藤浦敦。脚本は「男の世界」の中西隆三、撮影は「ネオン警察 ジャックの刺青」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
藤浦敦
出演キャスト
岡崎二朗 夏純子 立川談志 八代万智子

極悪坊主 飲む・打つ・買う

  • 1971年2月25日(木)公開
  • 出演(お銀 役)

舞台は、東京下町の両国界隈。軍や、時の上層部と結託して利権をほしいままにふるう新興ヤクザに対して、真海が町の人々を助け、悪に立ち向う。脚本は「女渡世人」の本田達男と「関東テキヤ一家 喧嘩火祭り」の志村正浩、監督は「女たらしの帝王」の斎藤武市。撮影は「博奕打ち 流れ者」の鈴木重平がそれぞれ担当。

監督
斎藤武市
出演キャスト
若山富三郎 志村喬 待田京介 八代万智子

未亡人殺しの帝王

  • 1971年2月25日(木)公開
  • 出演(吉川銀子 役)

夜の帝王が生き馬の目を抜く大阪でドケチ女と対決する。脚本は「(秘)女子大寮」の小野竜之助。監督は「不良番長 暴走バギー団」の内藤誠。撮影も同作の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
内藤誠
出演キャスト
梅宮辰夫 山城新伍 八代万智子 中村是好
1970年

喜劇 ギャンブル必勝法

  • 1970年10月17日公開
  • 出演(お恵 役)

山城新伍主演第一回作品。脚本は「不良番長 出たとこ勝負」の松本功、監督は「ズンドコズンドコ全員集合!!」の渡辺祐介。撮影は「遊侠列伝」の山岸長樹がそれぞれ担当

監督
渡辺祐介
出演キャスト
山城新伍 南利明 八代万智子 嵐寛寿郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 八代万智子