TOP > 映画監督・俳優を探す > 松村若代

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1971年 まで合計49映画作品)

1971年

悪名尼

  • 1971年11月20日(土)
  • 出演(久作の妻 役)

権力に歯向う一匹狼の不良少女の物語。脚本は「成熟」の高橋二三。監督は「タリラリラン高校生」の田中重雄。撮影は「裸でだっこ」の横手丘二がそれぞれ担当。

監督
田中重雄
出演キャスト
八並映子 小峯美栄子 文野朋子 園かおる

成熟

  • 1971年10月16日(土)
  • 出演(婆さん 役)

山形県に伝わる鶴岡の天神祭り、出羽神社の八朔祭りなどを背景に、明るく健康的な青春を描く。脚本、監督は「ガメラ対深海怪獣ジグラ」の高橋二三と湯浅憲明。撮影は喜多崎明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
高橋惠子 篠田三郎 菅野直行 八並映子

樹氷悲歌

  • 1971年5月5日(水)
  • 出演(山小屋番人夫婦 役)

「高校生心中 純愛」に続く、関根恵子主演の純愛映画。脚本は「すっぽん女番長」の高橋二三。監督は「ボクは五才」の湯浅憲明。撮影は「おさな妻(1970)」の上原明がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
高橋惠子 篠田三郎 小野川公三郎 伴淳三郎
1970年

裸でだっこ

  • 1970年11月22日(日)
  • 出演(勝子 役)

美貌と肉体を武器に、大人を手玉にとって生きる女の姿を描く。脚本は「皆殺しのスキャット」のコンビ安本莞二と白坂依志夫がそれぞれ担当。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
渥美マリ 古今亭志ん朝 青山良彦 松原マモル

女賭博師壷くらべ

  • 1970年2月21日(土)
  • 出演(ラーメン屋 役)

「天狗党」の高岩肇と「女賭博師花の切り札」の井上芳夫が脚本を共同執筆し、井上芳夫が監督した女賭博師シリーズ第十六作。撮影は「あなた好みの」の小林節雄が担当。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 美輪明宏 成田三樹夫 真山知子
1969年

与太郎戦記

  • 1969年7月12日(土)
  • 出演(民宿のおばあちゃん 役)

春風亭柳昇の原作を「夜の歌謡シリーズ 長崎ブルース」の舟橋和郎が脚色し、「昭和おんな仁義」の弓削太郎がメガホンをとった喜劇。撮影はコンビの渡辺公夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
フランキー堺 春風亭柳橋 春風亭柳好 春風亭小柳枝

女賭博師花の切り札

  • 1969年11月15日(土)
  • 出演(女中 役)

「いそぎんちゃく」の石松愛弘が脚本を書き、「女賭博師丁半旅」の井上芳夫が監督したシリーズ第十五作。撮影は「ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地」の中川芳久が担当した。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 天知茂 船越英二 津川雅彦

ある見習看護婦の記録 赤い制服

  • 1969年4月19日(土)
  • 出演(売店のおばさん 役)

「ガメラ対大悪獣ギロン」の高橋二三が脚本を執筆し、主として増村保造の助監督をつとめていた臼坂礼次郎の監督昇進第一作。撮影は「蛇娘と白髪魔」の上原明。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
南美川洋子 渥美マリ 八代順子 津山由起子

千羽鶴(1969)

  • 1969年4月19日(土)
  • 出演(下宿の母親 役)

ノーベル賞作家川端康成の原作を「強虫女と弱虫男」の新藤兼人が脚色し、「盲獣」の増村保造が監督した文芸もの。撮影はコンビの小林節雄。

監督
増村保造
出演キャスト
平幹二朗 若尾文子 梓英子 京マチ子

女賭博師さいころ化粧

  • 1969年2月8日(土)
  • 出演(のみやの女 役)

「女賭博師奥ノ院開帳」の石松愛弘と井上芳夫が共同で脚本を執筆し、井上がメガホンをとったシリーズ第十二作。撮影はコンビを組んだ中川芳久。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 久保菜穂子 露口茂 大坂志郎

松村若代の関連人物

中田勉  谷謙一  夏木章  早川雄三  小山内淳 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 松村若代

ムービーウォーカー 上へ戻る