映画-Movie Walker > 人物を探す > 山路義人

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1970年 まで合計290映画作品)

1963年

あの人はいま

  • 1963年3月16日公開
  • 出演(土地の業者A 役)

由起しげ子原作“罰と愛より”「愛と悲しみと」を監督した大庭秀雄と「川は流れる」の柳井隆雄が共同で脚色、大庭秀雄が監督したメロドラマ。撮影は「秋刀魚の味」の原田雄春。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
岩下志麻 園井啓介 山村聡 丹波哲郎

影を斬る

  • 1963年3月1日公開
  • 出演(多田頼母 役)

「天国と地獄」の小国英雄のオリジナル・シナリオを、「地獄の刺客」の池広一夫が監督した時代喜劇。撮影は「続・新悪名」の武田千吉郎。

監督
池広一夫
出演キャスト
市川雷蔵 瑳峨三智子 坪内ミキ子 成田純一郎

恋と出世に強くなれ!

  • 1963年2月17日公開
  • 出演(松下総務部長 役)

「泣いて笑った花嫁」の菅野昭彦が脚本を執筆、「咲子さんちょっと」の酒井欣也が監督した青春喜劇。撮影は「七人の刑事」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
吉田輝雄 福岡正剛 環三千世 牧紀子

無宿人別帳

  • 1963年1月27日公開
  • 出演(広沢文之丞 役)

オール読物連載松本清張原作の同名小説の映画化で、「しのび逢い」の小国英雄が脚色、「熱愛者」の井上和男が監督した異色時代劇。撮影もコンビの堂脇博。

監督
井上和男
出演キャスト
田村高廣 二本柳寛 長門裕之 三國連太郎
1962年

あいつばかりが何故もてる

  • 1962年11月18日公開
  • 出演(成金風の男 役)

渥美清が吹きこんだ同名の歌から企画されたもので、「ご機嫌はりきり娘」の松木ひろしと「東京さのさ娘」の山根優一郎が共同で脚本を執筆、「東京さのさ娘」の酒井欣也が監督した喜劇もの。撮影は「僕チン放浪記」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
倍賞千恵子 田中春男 若水ヤエ子 渥美清

続・座頭市物語

  • 1962年10月12日公開
  • 出演(弥平 役)

前作についで第二作目。子母沢寛原作を、前作と同じく犬塚稔が脚色、「江戸へ百七十里」の森一生が監督したやくざもの。撮影は「青葉城の鬼」の本多省三。

監督
森一生
出演キャスト
勝新太郎 水谷良重 万里昌代 城健三朗

東京さのさ娘

  • 1962年9月16日公開
  • 出演(町田徳造 役)

「三人娘乾杯!」の菅野昭彦と「寛美の三等社員」の山根優一郎が共同で脚本を執筆、「晴子の応援団長」の酒井欣也が監督した青春メロドラマ。撮影は「僕チン放浪記」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
江利チエミ 有島一郎 渥美清 吉田輝雄

九ちゃん音頭

  • 1962年7月1日公開
  • 出演(寿屋長吉 役)

坂本九のヒット曲「九ちゃん音頭」の映画化。「二階の他人」の山田洋次と不破三雄が共同で脚本を執筆。「京子の初恋 八十八夜の月」の市村泰一が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの小杉正雄。

監督
市村泰一
出演キャスト
桑野みゆき 森山加代子 坂本九 水木涼子

雲右衛門とその妻

  • 1962年6月24日公開
  • 出演(三河屋梅車 役)

谷屋充原作『桃中軒雲右衛門とその妻』から「お兄哥さんとお姐さん」の辻久一が脚色、「雨の九段坂」の安田公義が監督した人情もの。撮影は「のこされた子とのこした母と」の竹村康和。

監督
安田公義
出演キャスト
三波春夫 浦路洋子 月丘夢路 石黒達也

座頭市物語

  • 1962年4月18日公開
  • 出演(蓼吉の父親弥平 役)

子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」から「色の道教えます 夢三夜」の犬塚稔が脚色、「銭形平次捕物控 美人蜘蛛」の三隅研次が監督した遊侠もの。撮影は「蝙蝠屋敷」の牧浦地志。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 万里昌代 島田竜三 三田村元
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山路義人