映画-Movie Walker > 人物を探す > 城野ゆき

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1971年 まで合計37映画作品)

1971年

めまい(1971)

  • 1971年3月20日(土)公開
  • 出演(滝村佐和子 役)

「経験」「私生活」で人気の高い辺見マリの同名曲の映画化。脚本は「花の不死鳥」の石森史郎。監督は「内海の輪」の斎藤耕一。撮影も同作の竹村博がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
辺見マリ 范文雀 小川ひろみ 萩原健一

甦える大地

  • 1971年2月26日(金)公開
  • 出演(土屋幸子 役)

見渡す限りの荒地を、一大工業地帯にしようと夢みる男たちが、生臭い欲望がうずまく中で、純粋に理想を実現する勇気を、茨城県鹿島灘の臨海工業地帯をバックに描く。原作は木本正次の「砂の架十字」。脚本は「ある兵士の賭け」の猪又憲吾。監督は「わが恋わが歌」の中村登。撮影は「エベレスト大滑降」の金宇満司がそれぞれ担当。

監督
中村登
出演キャスト
石原裕次郎 司葉子 三國連太郎 浜田光夫
1970年

女子学園 ヤバい卒業

  • 1970年12月15日公開
  • 出演(杉原三枝子 役)

“女子学園”シリーズ第二作。脚本は「人生劇場 飛車角と吉良常」の棚田吾郎。監督は「反逆のメロディー」の沢田幸弘。撮影は「残酷おんな情死」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
沢田幸弘
出演キャスト
夏純子 池戸良子 有崎由見子 城野ゆき

ひらヒラ社員夕日くん ガールハントの巻

  • 1970年11月22日公開
  • 出演(前田恵美 役)

“夕日くん”シリーズ第二作。脚本・監督・撮影は前作と同じく、田波靖男、石田勝心、志賀邦一のメンバー。

監督
石田勝心
出演キャスト
なべおさみ 城野ゆき 藤村有弘 名古屋章

体験旅行

  • 1970年10月28日公開
  • 出演(松井玲子 役)

第一作の「喜劇 大安旅行」に始まり、前作「満願旅行」に続く、舞台を佐渡にうつしての旅行シリーズ第七作。脚本は「満願旅行」の舟橋和郎と増田彬。監督は脚本にも参加している同作の瀬川昌治、撮影は「花の不死鳥」の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
フランキー堺 森川信 ミヤコ蝶々 奈美悦子

喜劇 あゝ軍歌

  • 1970年9月15日公開
  • 出演(ツネ子 役)

軍歌をテーマに世代の断絶感をコメディー・タッチで描く喜劇。脚本は監督の前田陽一と満友敬司、監督は「七つの顔の女」の前田陽一。撮影は「夕陽が呼んだ男」の加藤正幸がそれぞれ担当。

監督
前田陽一
出演キャスト
フランキー堺 財津一郎 城野ゆき 北林谷栄

極悪坊主 念仏三段斬り

  • 1970年2月21日公開
  • 出演(結城信乃 役)

「現代任侠道 兄弟分」の村尾昭と「五人の賞金稼ぎ」の高田宏治が脚本を共同執筆し「女親分 喧嘩渡世」の原田隆司が監督した極悪坊主シリーズ第四作。撮影は「賞金稼ぎ」の山岸長樹が担当した。

監督
原田隆司
出演キャスト
若山富三郎 菅原文太 中谷一郎 城野ゆき
1969年

妾二十一人 ど助平一代

  • 1969年3月6日公開
  • 出演(水島まち 役)

小幡欣治の戯曲『あかさたな』を、「雪夫人繪圖(1969)」の成澤昌茂が脚色・監督した喜劇。撮影は「ごろつき」の飯村雅彦が担当した。

監督
成澤昌茂
出演キャスト
三木のり平 進藤幸 坂倉春江 谷本小夜子
1968年

霧にむせぶ夜

  • 1968年12月14日公開
  • 出演(町田礼子 役)

新人の阿久悠と森功がシナリオを執筆し、「初恋宣言」の梅津明治郎がメガホンをとったアクションもの。撮影は浜崎和水が担当。なお、主題歌「霧にむせぶ夜」は黒木憲が歌っている。

監督
梅津明治郎
出演キャスト
栗塚旭 城野ゆき 山内賢 黒木憲

緋牡丹博徒 一宿一飯

  • 1968年11月22日公開
  • 出演(戸ヶ崎まち 役)

「産業スパイ」の野上龍雄と、前作「緋牡丹博徒」の鈴木則文が共同でシナリオを執筆し、鈴木則文が監督した“緋牡丹博徒”シリーズ第二作。撮影は同じ古谷伸。

監督
鈴木則文
出演キャスト
藤純子 若山富三郎 水島道太郎 城野ゆき
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 城野ゆき