映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ペインター

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1991年 まで合計15映画作品)

1991年

ゲット・バック(1991)

  • 1991年11月9日(土)公開
  • 撮影

元ビートルズのスーパーロックシンガー、ポール・マッカートニーがおよそ10年ぶりに行ったワールド・ライブ・ツアーの模様を収めたドキュメンタリー・フィルム。監督は「ビートルズがやって来る ヤア!ヤア!ヤア!」と「HELP! 四人はアイドル」の2本の作品で、ビートルズ伝説をスクリーンに定着させたリチャード・レスター。89年9月26日のオスロからスタートした「ゲット・バック・ツアー」は、四大陸13カ国で計102回のステージに及び、284万人を動員する大成功をおさめた。この記録フィルムは、ひとつのコンサートを収録したものではなく、いくつかの会場での演奏、観客の反応が巧みにミックスされて編集されている。映画の構成は大きく分けて3つの要素から成っており、すなわち、ワールド・ツアーでのポールと彼のバンドのステージ・パフォーマンスと、第2に観客たちの記録、そして第3にビートルズ結成から現在までに起きた歴史の記録としての静止画像、ニュース・フィルム、写真などのビジュアルの3つである。そこにはもちろん、ビートルズ時代のジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、リンゴ・スターの懐かしい顔も見える。映画に記録された楽曲は全部で23曲。「アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア」「エリナー・リグビー」「バック・イン・ザ・USSR」「キャント・バイ・ミー・ラヴ」「ヘイ・ジュード」「イエスタデイ」、そしてツアータイトル曲の「ゲット・バック」などビートルズ時代の名曲の数々に加え、「死ぬのは奴らだ」などビートルズ解散後のポール・マッカートニー&ウイングスとしての曲など、ツアーで演奏された楽曲の中から厳選された名曲ばかりがふんだんに盛り込まれている。中でも、「ジョン、ジョージ、リンゴに捧げます」と言って始まる「フール・オン・ザ・ヒル」は実に感動的。この手の作品の多くに含まれる楽屋の風景が皆無なのもその特色のひとつとなっている。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
ポール・マッカートニー リンダ・マッカートニー Hamish Stuart Robbie McIntosh
1990年

ハネムーンはモンテカルロで

  • 1990年7月20日(金)公開
  • 撮影

一九五〇年代のロンドンとモンテカルロを舞台に、一組の新婚カップルの愛の成就を描いたラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはボブ・ワインスタインとハーヴィー・ワインスタイン、製作はクリスティン・オーストレイチャーとグラハム・イーストン、監督・脚本は「ショッキング・アクシデント」(ビデオ発売)でアカデミー実写短編賞を受賞、本作が長編デビューとなるジェームズ・スコット、原作はグラハム・グリーン(『負けた者がみな貰う』)、撮影はロバート・ペインター、音楽はシャーリー・ウォーカーが担当。出演はロバート・リンゼイ、モリー・リングウォルドほか。

監督
ジェームズ・スコット
出演キャスト
ロバート・リンゼイ モリー・リングウォルド ジョン・ギールグッド Frances De La Tour
1987年

リトル・ショップ・オブ・ホラーズ(1986)

  • 1987年4月18日(土)公開
  • 撮影

ニューヨークのダウンタウンに店を構える売れない花屋の店員と吸血植物の愛憎を描く。ロジャー・コーマン監督の未公開作品“The Little Shop of Horrors(61)のミュージカル舞台劇版の映画化作品。監督は「ダーク・クリスタル」の共同監督でマペット作家のフランク・オズ、製作はデイヴィッド・ゲフィン、脚本・作曲はハワード・アシュマン、撮影はロバート・ペインター、プロダクション・デザインはロイ・ウォーカー、特殊視覚効果はブラン・フェエレン、“オードリー2”デザイン・創造はライル・コンウェイ、音楽はマイルス・グッドマン、作曲はアラン・メンケン、編集はジョン・ジンプソンが担当。出演はリック・モラニス、エレン・グリーンほか。

監督
フランク・オズ
出演キャスト
リック・モラニス エレン・グリーン ヴィンセント・ガーディニア スティーヴ・マーティン
1986年

スパイ・ライク・アス

  • 1986年4月12日(土)公開
  • 撮影

ソ連の軍事基地に潜入した2人のアメリカのスパイが巻き起こす喜劇。製作はブライアン・グレイザーとジョージ・フォルシー・ジュニア、監督は「眠れぬ夜のために」のジョン・ランディス、脚本はダン・アイクロイド、ローウェル・ガンツ、ババルー・マンデルの共同執筆、撮影はロバート・ペインター、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演はチェヴィ・チェイス、ダン・アイクロイド、スティーヴ・フォレスト、ドナ・ディクソンほか。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
チェヴィ・チェイス ダン・エイクロイド スティーヴ・フォレスト トム・ハットン
1985年

眠れぬ夜のために

  • 1985年5月3日(金)公開
  • 撮影

秘宝のエメラルドをめぐる国際密輸組織の暗躍に捲き込まれた若い男女を描く。製作はジョージ・フォルシー・ジュニアとロン・コスロー、監督は「トワイライトゾーン」のジョン・ランディス、脚本はロン・コスロー、撮影はロバート・ペインター、音楽はアイラ・ニューボーンが担当。出演はジェフ・ゴールドブラム他。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
ジェフ・ゴールドブラム ミシェル・ファイファー リチャード・ファーンズワース ダン・エイクロイド
1983年

大逆転(1983)

  • 1983年12月17日(土)公開
  • 撮影

大富豪の非人間的ないたずらで天国と地獄を味合った2人の男が、大富豪に復讐するまでを描く喜劇。製作はアーロン・ルッソ。監督は「ブルース・ブラザース」のジョン・ランディスが担当し、エグゼクティヴ・プロデューサーをランディスとコンビのジョージ・フォルシー・ジュニアがつとめている。脚本をティモシー・ハリスとハーシェル・ウェイング・ロッドが執筆し、撮影をロバート・ペインター、音楽をエルマー・バーンスタイン、衣裳をランディス夫人のデボラ・ナドゥールマンが手掛けている。出演はダン・エイクロイド、エディ・マーフィ、ラルフ・ベラミー、「ボートニック」以来13年ぶりのドン・アメチ、ジェイミー・リー・力ーティスなど。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー(プリントはメトロカラー)、ビスタサイズ。1983年作品。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
ダン・エイクロイド エディ・マーフィ ラルフ・ベラミー ドン・アメチ

スーパーマン3 電子の要塞

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 撮影

全知全能のデータをプログラミングされた世界最大のコンピューターを相手に戦うスーパーマンの活躍を描くシリーズ第三作目。エグゼキュティヴ・プロデューサーはイリヤ・サルキンド、製作はピエール・スペングラー。監督は前作同様リチャード・レスター、脚本はデイヴィッド&レスリー・ニューマン、撮影はロバート・ペインター、音楽はケン・ソーン。特殊効果監修はコリン・チルヴァース、特殊オプティカル監修はロイ・フィールドが手掛けている。出演はクリストファー・リーヴ、マーゴット・キダー、ジャッキー・クーパー、マーク・マクルーアのレギュラー・メンバー(ただし、キダーは顔を出す程度の出演)の他にリチャード・プライヤー、アネット・オトゥール、ロバート・ヴォーン、アニー・ロスなど。

監督
リチャード・レスター
出演キャスト
クリストファー・リーヴ リチャード・プライヤー マーゴット・キッダー ジャッキー・クーパー
1982年

狼男アメリカン

  • 1982年5月8日(土)公開
  • 撮影

3カ月のヨーロッパ旅行を計画した2人の若者が途中狼に襲われ狼男になるというホラー映画。製作総指揮はイーター・グーバーとジョン・ピータース、製作はジョージ・フォルシー・ジュニア、監督・脚本は「ブルース・ブラザース」のジョン・ランディス、撮影はロバート・ペインター、音楽はエルマー・バーンスタイン、美術はレスリー・ディリー、スペシャル・メイクはリック・ベイカーが各々担当。出演はデイヴィッド・ノート、グリフィン・ダン、ジェニー・アガター、ジョン・ウッドヴァインなど。

監督
ジョン・ランディス
出演キャスト
デイヴィッド・ノートン グリフィン・ダン ジェニー・アガター ジョン・ウッドヴァイン
1981年

オーメン 最後の闘争

  • 1981年5月23日(土)公開
  • 撮影

ロンドンで生まれた悪魔の子ダミアンが周囲にもたらす恐ろしい現象を描いた「オーメン」「オーメン2 ダミアン」に続くシリーズ3作目で32歳になったダミアンの悪魔的使命と、それに挑戦する神父たちとの闘いを描くオカルト映画。製作総指揮は1作目の監督リチャード・ドナー、製作はハーベイ・バーンハード、監督はTV・CM界出身でこれが劇場用長篇の1作目になるグレアム・ベイカー。デイヴィッド・セルツァーが創作した登場人物を基にアンドリュー・バーキンが脚色。撮影はロバート・ペインターとフィル・メヒュー。音楽はジェリー・ゴールドスミス、編集はアラン・ストラッチャン、製作デザインはハーバート・ウェストブロック、特殊効果はイアン・ウィングローヴが各々担当。出演はサム・ニール、ロッサノ・ブラッツィ、ドン・ゴードン、リサ・ハロー、バーナビー・ホルム、メイスン・アダムス、ロバート・アーデン、トミー・ダガン、ルイーン・ウィロビー、ルイス・マホーニー、マーク・ボイルなど。

監督
グレアム・ベイカー
出演キャスト
サム・ニール ロッサノ・ブラッツィ ドン・ゴードン リザ・ハーロー
1979年

リベンジャー(1979)

  • 1979年5月26日(土)公開
  • 撮影

ニューヨーク、ワシントン、マイアミ、カリブを舞台に、世界的な犯罪組織や、賞金稼ぎの一匹狼、謎の美女などがからむアクション映画。製作・監督は「狼よさらば」のマイケル・ウィナー。ビル・カービーとマイケル・ウィナーの原案をジェラルド・ウィルソンが脚色。撮影はロバート・ペインター、ディック・クラティーナ、リチャード・H・クライン、音楽はガトー・バルビエリが各々担当。出演はソフィア・ローレン、ジェームズ・コバーン、O・J・シンプソン、イーライ・ウォラック、アンソニー・フランシオサ、ジョージ・グリザード、ヴィンセント・ガーディニア、ビクター・マチュアなど。

監督
マイケル・ウィナー
出演キャスト
ソフィア・ローレン ジェームズ・コバーン O・J・シンプソン イーライ・ウォラック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロバート・ペインター