映画-Movie Walker > 人物を探す > 田村保

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1973年 まで合計63映画作品)

1973年

無宿人御子神の丈吉 黄昏に閃光が飛んだ

  • 1973年6月9日(土)公開
  • 出演(非人 役)

“御子神の丈吉”シリーズ第三作目。恋女房と子供の仇、国定忠治を追って道中をつづける丈吉の前に、次々と強敵が現われ、また殺し合いを演ずる者同士に奇妙な友情が生まれる。脚本は「反逆の報酬」の永原秀一、監督は脚本も執筆している「無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた」の池広一夫、撮影は「喜劇 泥棒大家族 天下を取る」の岡崎宏三。

監督
池広一夫
出演キャスト
原田芳雄 夏八木勲 安田道代 小川節子
1971年

修羅

  • 1971年2月13日(土)公開
  • 出演(弥助 役)

「東海道四谷怪談」「菊宴月白浪」で知られる鶴屋南北の『盟三五大切』を、「薔薇の葬列」に次いで劇映画の第二目として松本俊夫が脚本・監督した。撮影は「キューバの恋人」「薔薇の葬列」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
松本俊夫
出演キャスト
中村賀津雄 三条泰子 唐十郎 今福正雄
1970年

沖縄(1969)

  • 1970年5月26日(火)公開
  • 出演(軍労働者 役)

「ドレイ工場」の武田敦が脚本・監督した長編劇映画。第一部=一坪たりともわたすまい、第二部=怒りの島、よりなり共通のテーマは“民族の自覚に燃えた怒り”。撮影は「砂の女」の瀬川浩が担当した。

監督
武田敦
出演キャスト
佐々木愛 地井武男 加藤嘉 戸浦六宏
1969年

前科・仮釈放

  • 1969年5月14日(水)公開
  • 出演(伊東守夫 役)

「無頼・殺せ」の池上金男がシナリオを執筆し、小沢啓一が監督、高村倉太郎が撮影した任侠アクション。

監督
小沢啓一
出演キャスト
渡哲也 松原智恵子 沖雅也 大木実
1967年

日没前に愛して

  • 1967年2月11日(土)公開
  • 出演(佐賀 役)

「顔を貸せ」の小林久三と「その場所に女ありて」の升田商二の共同シナリオを、「火の太鼓」の長谷和夫が監督したエロティック・ミステリー。撮影はコンビの小原治夫。

監督
長谷和夫
出演キャスト
桑野みゆき ロミ山田 宗方奈美 中村晃子
1966年

ボスは俺の拳銃で

  • 1966年12月3日(土)公開
  • 出演(当間 役)

新鋭山村英司がシナリオを執筆し、「男度胸で勝負する」の村山新治が監督したやくざもの。撮影はコンビの仲沢半次郎。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 岡田英次 近藤宏 江原真二郎

日本仁侠伝 花の渡世人

  • 1966年6月15日(水)公開
  • 出演(その刺客A 役)

「鉄火場仁義」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「賭場の牝猫 捨身の勝負」の野口晴康が監督した仁侠もの。撮影は「東京は恋する」の上田宗男。

監督
野口晴康
出演キャスト
高橋英樹 和泉雅子 佐々木孝丸 川地民夫

ザ・ガードマン 東京忍者部隊

  • 1966年2月12日(土)公開
  • 出演(西山弘 役)

「ザ・ガードマン 東京用心棒」の長谷川公之がオリジナルシナリオを執筆、「牝犬脱走」の弓削太郎が監督したサスペンスドラマ。撮影は「大怪獣ガメラ」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
宇津井健 長谷川明男 藤巻潤 小笠原良智

男の紋章 竜虎無情

  • 1966年1月14日(金)公開
  • 出演(井上 役)

「男の紋章 俺は斬る」の甲斐久尊がシナリオを執筆、「泣かせるぜ」の松尾昭典が監督した“男の紋章”シリーズ第十作目。撮影は「男の紋章・俺は斬る」の萩原憲治。

監督
松尾昭典
出演キャスト
高橋英樹 宍戸錠 和泉雅子 小池朝雄
1965年

喜劇 大親分

  • 1965年9月18日(土)公開
  • 出演(五郎 役)

「真紅な海が呼んでるぜ」の芦沢俊郎のオリジナル・シナリオを、「お座敷小唄」の酒井欣也が監督したアクション喜劇。撮影は「ちんころ海女っこ」の小原治夫。

監督
酒井欣也
出演キャスト
長門勇 谷幹一 益田喜頓 柳沢真一
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 田村保