映画-Movie Walker > 人物を探す > 村田扶実子

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1971年 まで合計63映画作品)

1971年

遊び

  • 1971年9月4日(土)公開
  • 出演(寿荘の老婆 役)

恵まれない、貸しい境遇の中で知りあった少年と少女が、非情な情況の中で真実の愛を掴むまでを描きながら、思春期の愛と性を追求する。原作は野坂昭如の『心中弁天島』。脚本は大映助監督の今子正義と伊藤昌洋。潤色・監督は「やくざ絶唱」の増村保造。撮影は「可愛い悪魔 いいものあげる」の小林節雄がそれぞれ担当。

監督
増村保造
出演キャスト
関根恵子 内田朝雄 杉山とく子 小峯美栄子

高校生心中 純愛

  • 1971年3月6日(土)公開
  • 出演(小母さん 役)

変わらぬ愛を誓い合った高校生が、その愛を貫くために雪山で自ら命を断つ純愛映画。「高校生ブルース」「おさな妻(1970)」の関根恵子が主演する。脚本は柴田久恵。監督は「新・高校生ブルース」の帯盛迪彦、撮影は「高校生番長 深夜放送」の喜多崎晃がそれぞれ担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
関根恵子 篠田三郎 若倉慶 加藤武
1970年

夜のいそぎんちゃく

  • 1970年7月1日(水)公開
  • 出演(桑原女史 役)

「でんきくらげ」につづいて、渥美マリの魅力が踊る軟体動物シリーズ第四作。脚本は「与太郎戦記 女は幾万ありとても」の舟橋和郎、監督は「喜劇 おひかえなすって!」の弓削太郎。撮影も同作の上原明が担当。

監督
弓削太郎
出演キャスト
渥美マリ 飯田恵美子 千秋実 大塚道子

でんきくらげ

  • 1970年5月1日(金)公開
  • 出演(中年女 役)

「豹は走った」の石松愛弘と「女体(1969)」の増村保造が脚本を共同執筆、増村保造が監督した風俗もの。撮影は「あなた好みの」の小林節雄が担当。

監督
増村保造
出演キャスト
渥美マリ 川津祐介 永井智雄 玉川良一

与太郎戦記 女は幾万ありとても

  • 1970年4月18日(土)公開
  • 出演(大森うめ 役)

舟橋和郎が前作「新・与太郎戦記」に続いて脚本を書き、「いそぎんちゃく」の弓削太郎が監督したシリーズ第四作。撮影は「続・いそぎんちゃく」の上原明が担当。

監督
弓削太郎
出演キャスト
フランキー堺 長門勇 玉川良一 長谷川待子

続・いそぎんちゃく

  • 1970年2月7日(土)公開
  • 出演(伯母 役)

「昭和おんな仁義」の長谷川公之が脚本を執筆し「続・与太郎戦記」の臼坂礼次郎がメガホンをとった風俗もの。撮影は「ヤングパワー・シリーズ 大学番外地」の上原明が担当。

監督
臼坂礼次郎
出演キャスト
渥美マリ 八代順子 田中邦衛 森川信
1969年

いそぎんちゃく

  • 1969年8月30日(土)公開
  • 出演(浜子の母 役)

「あゝ海軍」の石松愛弘が脚本を書き、「与太郎戦記」の弓削太郎、渡辺公夫のコンビが監督、撮影を担当した風俗もの。

監督
弓削太郎
出演キャスト
渥美マリ 高原駿雄 目黒幸子 加藤嘉

ある女子高校医の記録 続・妊娠

  • 1969年7月26日(土)公開
  • 出演(エツ 役)

「ダンプ・ヒップ・バンプ くたばれ野郎ども」のトリオ高橋二三が脚本を書き帯盛迪彦が監督し、喜多崎晃が撮影を担当したシリーズ第四作。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
南美川洋子 八代順子 渥美マリ 津山由起子
1968年

ある女子高校医の記録 初体験

  • 1968年10月30日(水)公開
  • 出演(清子 役)

前作「ある女子高校医の記録 妊娠」の高橋二三がシナリオを執筆し、これが第一作の帯盛迪彦が監督した、シリーズ第二作目。撮影も同じ渡辺公夫。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
南美川洋子 八代順子 渥美マリ 福原真理子

高校生芸者

  • 1968年9月21日(土)公開
  • 出演(お久 役)

「ガメラ対宇宙怪獣バイラス」の高橋二三がシナリオを執筆し、「喜劇 泥棒学校」の弓削太郎が監督した風俗もの。撮影はコンビの渡辺公夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
水木正子 八代順子 渥美マリ 津山由起子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 村田扶実子